参院選と知事選の同日選効果で約6000万円の費用削減を目指していた滋賀県で、県議1人が参院選比例代表に立候補するため任期途中で辞職し、参院選と同じ投開票日で県議補選(欠員1)が実施されることになった。トリプル選になり、選挙費用は、さらに約8000万円が必要となることが12日、判明。結局、費用は予定より約2000万円上乗せになり、県の“思惑”が外れた形になりそうだ。

 県は、参院選と知事選が別々の日程で行う場合の費用をそれぞれ約6億7700万円、約5億9200万円と想定。これをダブル選にできれば人件費など約6000万円を削減できると試算していた。平成10年の参院選と知事選のダブル選で約2億円を削減しており、今回も試算を上回る削減の可能性もあった。

 ところが、県議の1人が今月7日、参院選比例代表にみんなの党から立候補表明し、県議会は任期途中の辞職を許可。公選法では、知事選の年は、県議会が本来補選の対象にならない欠員1となっても同日選とすることを義務づけている。滋賀県議選は来春の統一地方選挙だが、補選を実施しなければならなくなり、約8000万円の選挙費用を投入せざる得なくなった。県選管の担当者は新たな出費に「こればかりはどうしようもない。粛々と業務を続けるしかない」と話している。

【関連記事】
滋賀県知事選、ダブル選ならず選管困惑
亀井担当相辞任 郵政を政争の具にするな
「首相に軽視されている」不安募らす連合
石原知事「亀井はニヤニヤ笑っていると思う」
橋下知事「選挙で戦って、政治的に動かす」

コンビニ本部の部長装う 清掃代金名目で加盟店から38万円詐取  (産経新聞)
民主党北海道「厳粛に受け止めたい」 小林千代美議員辞職表明で(産経新聞)
菅首相の所信表明詳報(5)「与野党の壁越え国民的議論を」(産経新聞)
シー・シェパード元船長に懲役2年を求刑(読売新聞)
政府、情報連絡室を設置=福島地震(時事通信)
AD