がん患者の3支援団体が21日、患者負担軽減のための国の高額療養費制度の見直しなどを求める要望書を、長妻昭・厚生労働相に提出した。

 提出したのは、NPO法人「日本臨床研究支援ユニット」など3団体。要望書では「慢性骨髄性白血病の治療薬のように飲み続けなければならない抗がん剤の導入で、患者の経済負担は大きくなった」と指摘、上限額の早期引き下げなどを求めている。

 高額医療をめぐっては、医学の進歩で治療効果が向上する一方、抗がん剤など高価な薬を長期間使用しなければならず、患者らの経済負担が拡大して問題化している。

【関連ニュース】
命を削る:高額医療の断面 負担軽減、届かぬ情報
高額療養費制度
命を削る:高額医療の断面 支援に力を、患者に光を(その2止) 取材班から
命を削る:高額医療の断面 通院、重い立て替え
命を削る:高額医療の断面 負担軽減、届かぬ情報

『スーパーストリートファイターIV』ハカンのウルトラコンボを動画で紹介
B型肝炎訴訟和解協議 「命削る叫び聞いて」 原告団、早期救済訴え(産経新聞)
LOVE PSYCHEDELICO全国ツアーにSHIBUYA-AX公演追加
箱根駅伝の難所、京急・蒲田踏切上り線高架化(読売新聞)
<日米外相会談>「北朝鮮に圧力」連携…同盟重視で一致(毎日新聞)
AD