11歳の長男を絞殺しようとしたとして、盛岡東署は20日、盛岡市南仙北1、無職三井理恵容疑者(39)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 発表によると、三井容疑者は19日午後11時頃、自宅で長男の小学5年、悠輔君(11)の首を帯状のもので絞めて殺害しようとした疑い。悠輔君は意識不明の重体。

 外出中の夫(44)が三井容疑者から連絡を受けて帰宅したところ、倒れている悠輔君を見つけたため、同11時半頃119番した。寝室で発見された悠輔君の首には絞められたような跡があり、駆けつけた盛岡東署員に対し、三井容疑者が「私が首を絞めた」と話したため、逮捕された。

 同署が動機を調べている。岩手県警捜査幹部によると、夫が三井容疑者について、「うつ病で通院していた」と話しているという。

 三井容疑者宅は3人暮らし。現場は、JR東北線仙北町駅から南に約500メートルの住宅街。

街頭募金詐欺で実刑確定へ=「個々の被害、特定不要」-最高裁(時事通信)
「今の体制で医師増員を」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
興正寺・雲龍図、江戸前期の狩野探幽作と発表(読売新聞)
平野官房長官インタビュー☆2(時事通信)
密約文書「破棄」、調査へ=東郷氏証言受け、岡田外相表明(時事通信)
AD