交際していた妊娠中の女性に子宮収縮剤を投与し流産させたとして、東京慈恵会医科大学病院の腫瘍(しゅよう)・血液内科の医師、小林達之助容疑者(36)が不同意堕胎容疑で逮捕された事件を受け、同病院は18日、小林容疑者が院内から薬剤を持ち出した可能性もあるとみて内部調査を始めた。逮捕容疑となった09年1月以前に不自然な薬剤使用がなかったか調べるという。同病院は「腫瘍・血液内科で子宮収縮剤を使用することは基本的に考えられない」としている。

 一方、小林容疑者は警視庁捜査1課の調べに当初、「女性の妊娠は知らなかった」と供述していたが、その後、容疑を否認しつつ、「妊娠は知っていたが、流産したとは知らなかった」と話しているという。【山本太一、神澤龍二】

【関連ニュース】
<不同意堕胎事件>36歳医師を逮捕 交際女性、点滴で流産
<不同意堕胎事件>ことば:不同意堕胎罪
<不同意堕胎事件>余録:不同意堕胎容疑で医師逮捕
<医業を巡る事件>偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手
<医業を巡る事件>医師法違反:容疑で52歳の女逮捕 無免許で整体治療

<平塚競輪場>事業撤退の補償金、鎌倉市に支払い命令(毎日新聞)
被害男性の孫娘、ストーカー被害 千葉放火殺人(産経新聞)
俳優・原田大二郎氏、民主が山口選挙区擁立へ(読売新聞)
クラシックカー 全国から名車が大集合 愛知・長久手(毎日新聞)
小沢氏聴取15~17日に、特捜部に回答(読売新聞)
AD