振り込め詐欺対策で、警視庁は20日、銀行などの担当者を招いた官民対策会議を開き、窓口での声掛けの徹底や現金自動預払機(ATM)の利用限度額引き下げを要請した。
 会議では、岩瀬充明副総監が「振り込め詐欺撲滅に向けて力強く連携し、対策を講じる必要がある」とあいさつした。
 具体的には、窓口で高齢者に声を掛ける際、単に「振り込みは大丈夫ですか」と尋ねるのではなく、「誰から」「何の理由で頼まれたか」などを確認するよう要請した。
 被害者の大半が1日当たりのATM利用限度額を引き下げずに高額をだまし取られている実態も説明。金融機関に対し、限度額引き下げの検討を申し入れ、「50万円」の基準を提示した。 

【関連ニュース】
「名前を聞いて確認を」=振り込め撲滅月間で橋幸夫さん
振り込め詐欺を撲滅せよ=被害増受け、緊急対策会議
4月の振り込め被害が最悪=緊急撲滅月間実施へ
「3年半で30億超詐取」=振り込めメンバー供述
ネットで口座売買持ち掛け=容疑で39歳男逮捕

<普天間移設>米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく(毎日新聞)
カンボジア国王迎え両陛下が宮中晩餐会(産経新聞)
元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)
<愛知・嘱託殺人>68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決(毎日新聞)
民主・小宮山議員の兄逮捕、宝くじ販売権詐欺容疑(読売新聞)
AD