東京都江戸川区で小学1年の長男=当時(7)=が暴行を受け死亡した事件で、東京地検は25日、傷害罪で起訴した父親の電気工岡本健二(31)、母親の千草(22)両被告の罪名を傷害致死罪に訴因変更した。
 男児は、両被告に頭を殴られ転倒した際に、吐いたものが肺に入って起こる誤嚥(ごえん)性肺炎により死亡。地検は当初、暴行と死亡との直接的な因果関係は認められないとして、2月に傷害罪で起訴したが、その後医師らに意見を聞いた結果、致死罪を適用できると判断した。 

4月25日に県内移設反対集会=県議会全会派が一致、普天間問題-沖縄(時事通信)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
小林氏の進退、首相「終わったと思っていない」(読売新聞)
橋下知事「東京には行きたくない」(産経新聞)
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高-厚労省調べ(時事通信)
AD