PTSDと優しいコーチング

テーマ:

プロコーチとして活動するようになって、

結構な年月がたちますが、

 

 

まだまだ人の心のことは

分かっていないなあと実感します。

 

 

以前にも尊敬する臨床心理士の先生と

PTSDのことについて話をしたときに

改めてそう思ったことがありました。

 

 

白状するとコーチになりたてのころって

 

トラウマとかPTSDとかも

そんなに難しくないんだって

 

そう思っていました。

 

 

よく「感情のフタを開ける」という言い方をします。

 

それは子どもの頃に言えなかった

怒りや悲しみ、寂しさの解放だったり

記憶の中でなかったことにしている

トラウマ体験への対峙だったりします。

 

このときも「感情のフタ」の話になって

僕たちが行きついた結論としては

 


「よほどの覚悟がお互いにないとやっちゃいけない」

 


でした。

 

そしてこの「よほどの覚悟」をしていても

それを上回る大きなモノが

出てくる可能性もあるということでした。

 

もし自分がセッションをしていて

そういう状況になってしまったら

どこまで自分は向き合い

クライアントを守り切れるだろうか?


考えてもスンナリ答えが出ることではありません。

 

そして当然のことながら、

 

「自信はないけどやります!」

 

というレベルの話でもない気がします。

 

 

このことは以前から僕の中の課題になっていて

 


「なるべく感情のフタを外さずに
 トラウマを解消する方法はないだろうか?」

 


というアプローチを探求し続けています。


僕はこの分野にこだわりたいんですよね。

 

感情のふたを開けずに

クライアントがトラウマの再体験をして

また傷つくことがないように

 

その可能性がある限りは

このやり方にこだわり続けたいと思います。

 


それが僕がやり続けている

クライアントを傷つけない

 

「優しいコーチング」です。

 

 

=================================================

 

優しいコーチングを学びたい人募集中!

 

【幸せに生きる技術を学ぶ】
エフェクティブコーチ養成講座の詳細はこちら

 

エフェクティブコーチング公式サイト

 

 

メンタルコーチ・キング公式サイトはこちら

 

幸せに生きる技術公式サイト

 

 

無料オンラインセミナーはこちら

 

「1日5分で自信が持てる!エフェクティブオンラインセミナー」

 

----------------------------------------

僕のブログ、メルマガは著作権フリーなので、
自由に転載・流用してくださいね。
出来れば「キングさんが言ってた」と付け加えて
もらえるとちょっと嬉しいかな。(#^.^#)

----------------------------------------

 

AD