プロスーパーバイザーをつくって売上をどこまでも上げる!

スーパーバイザーって「チェックシート」をつける人ではありません。だって「チェックシート」つけて売上が上がるならどの店も売上上がるはずですよね!


テーマ:

人間が働く店舗では必ず「販売力」と言うものがあります。


この販売力に関しては物理的なものと人的なものがあります。ただし、ここに関して多くの経営者は物凄く軽視しています。その為に飲食店などではこんな店も存在しているのです。


「20席のパスタ屋でガスレンジ1個」


3人目以降は確実に提供時間で30分以上は待ちます!


この店舗どうやらコンサルタントが入っているようです。とんでもないです!


ここを踏まえて次のステップに行きます。基本的に物理的販売力マックスで売っている店舗はありませんので現在の売上は人的販売力に近いところで推移しているはずです。


その時に更に必要なのが「余力」なんです。


そして「余力」を持てるようになるのが「予測」なんです。ですから優秀なスーパーバイザーはこんな点をみています。


「今入り口からお客さん入店したら対応出来るかな?」


「優先順位守れているかな?」


「あそこは意味無く顧客に関わりすぎだな?」


「顧客の入店前に分かれるといいな?」


そして従業員が「ぶら~」となれていれば応対は出来るはずです。ただし目線だけはビキビキにしておけば良いのです。でも多くの経営者は「休まずに働け」「余裕あるなら人件費削れ」なので


『売上なんて上がるはずないのです』


そこでスーパーバイザーのバイジングの要素の中にこの「余力」と言う項目があるのです。そして余力をつくる練習をしていると「集客」した時に良い対応が出来ます。多くは「集客」するとボロボロで固定客まで来なくなる店も多くあるって聞いています。



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーバイザーになりたいのであれば「ダメ」をみつける事です。


この「ダメ」とは簡単に言うと『再来店の促しを行う為に行う行動』がどうなっているのをみて明らかに欠損している点を「ダメ」と言います。


その欠損している点を「埋めて」下さい。


再来店の促しとは実に簡単です。


●利用した顧客との最低限の契約はクリアか?

●顧客扱いしているか?


の大きく2つの事でしか店舗の従業員は行動出来ないのでここをやるのです。実を言うと日本の店舗では上記2つがOKなのは皆無です。ですからやったら凄い効果のはずです。


ただし、あまり「売上を上げる要因以外の項目」に関してはチェックしない事です。多くのダメをみつけていく仕事を「インスペクター」と言います。まあ近所のおばさんのようなものです。「チェックに厳しい」と言う感じです。


あくまでスーパーバイザーは売上を上げて行く人ですので「売上阻害要因」と「売上向上要因」をみるべきです。


森次も店舗に行ったらこんな点をみています。家族で食事行くときもそうなので、少し嫌われています(笑)ただし、仕事以外で店舗に行くときはこうなので力つきます。もう25年ぐらいやっています!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーバイザーが店舗をバイジングする際に一番に見るもの、それは「従業員の目線がどうか?」と言う事です。


例えば、店舗に訪れた時に席に座ってぐるっと店内を見渡してみると「目の合う従業員」がいるはずです。


これを「目線を拾う従業員」と言います。


実際には顧客に対して応対する飲食業やサービス業は「状況掌握して従業員が行動」するので「目線」が一番大事なのです。


簡単に言うと目線を拾えない店は×となります。


ストアコンパリゾンってご存知でしょうか?


店舗見学の事です。自店でも良いし、他店でも良いのでお客様として利用してみて下さい。そして店内のあちらこちらを眺めてみて下さい。


そして、目線が拾われるか確認して下さい。


私はスーパーバイザー育成の際は、ここを一番最初に教育します!





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。