「パチンコマスターズロード」プレゼンツ、マイスターの独り言

パチプロとして日々感じた事、思った事をダラダラと無責任に書きなぐるマスター(達人)未満のパチンコマイスターのブログ


テーマ:

パチスロを利益と言う点からみたときに、


お店側がスロットの利益の目安とするのが


コイン単価


このコイン単価っていうのは、実は一定ではありません。


機種ごとのお店の利益を数字で表したのがこのコイン単価なんです。


ですから、同じ機種でも店により稼動率や設定値が違えば当然コイン単価が違ってきます。


このコイン単価の計算式は、


該当台の売り上げ÷投入枚数=コイン単価


でザクッと計算します。



例えば緑ドンで1日に¥48000円の売り上げがあり8000回転回したとしたら


48000÷(8000プレイ×3枚)=2.0


と、なるんですよ。


簡単に言えば


1回回せば2円儲かるヘ(゚∀゚*)ノ


となるのがお店側の儲けのからくりなんです。


なので、


煽るCMやイベントを行い集客にいそしむ


という訳なんですよ。



これが、雑誌で煽るような高設定台だらけのような状態で毎日営業すると


1台あたりのコイン単価はどんどん下がって1円を割り込んでしまい、営業する意味が無いとなるんです。


だから機種の半分以上は低設定でないと営業が成立しないんですね。



では、コイン単価を上げて営業すればいいじゃないか?となるんですが、


毎日オール1ではお客さんが打たない→稼動が下がる


という悪循環を起こしてしまいますね。


お店によって人気機種でもガラガラなのはそういう営業スタイルの違いがそのまま客付きに反映されているんですよ。


なので、「あまりにも低設定だけでは営業できない」、かといって「毎日赤字でも営業できない」ので、その辺のバランスをとった営業をお店は行うのが普通です。


これが、俗に言う「メリハリ営業」であったり「中間設定メイン」であったりするんですよ。



このようにお店によってコイン単価は違いますが、私が知ってる範囲では


ジャグやエウレカは大体2.3円~2.7円程度のコイン単価のお店が多い


こういうのは皆さんが


自分で使ったお金÷(自分が回した回転数×3枚)=コイン単価


で、検証すればおのずと知ることができるんですね。


そうすることで、実はお店の運用設定が大体把握もできるんです。


ちょっとプロ系の方なら、一週間程度毎日ある機種をひとつのお店で立ち回った場合にコイン単価からおおよそのボリ具合が把握できてしまいます(笑


複数のお店を比べればコイン単価から打つお店をチョイスする目安にもできるんですよ。



このコイン単価からもうひとつ知ることができるのは、


コイン単価で機種の出玉傾向に差が出る


と、言うことです。


同一の稼動があったとした場合に一般的な傾向でいうと


コイン単価の低い機種ほど一撃の大勝があまり見込めない


コイン単価の高い機種ほど一撃の大勝がある


となります。


これは裏返すと


コイン単価の低い機種ほど低設定でも遊びやすい


コイン単価の高い機種ほど遊びづらく運任せの要素が強い


と同じ意味なんですね。


判りやすく例を挙げれば、ジャグやエウレカは波がマイルドで低設定でもそこそこの出玉があったりしますが、設定6でも3000枚程度の勝ちしか見込めません。


逆に緑ドンやウルトラマン、キン肉マン、バイオのような機種は波が荒く一撃で5千枚、運がよければ6で万枚もありえるので負ける時もハンパない金額を簡単にやられてしまう。


なので、コイン単価の高い機種は新台導入時から一定期間を超えると客の財布がついて行かず、徐々に稼動が下がり、撤去のサイクルが早い機種といえます。


そういう意味ではエウレカはコイン単価が低く長く稼動を見込む機種であると言えますね。



現在のコイン単価をこのように見ていくと、多くの機種が2.3~2.7あたりとなり、3ヶ月程度で撤去される機種は利益は台購入費用を捻出するだけで精一杯となりますね。


導入費用を捻出をした上で利益を捻出した機種が今まではジャグやエヴァなど数機種しかなかった所にエウレカが加わったと言う訳です。


つまり、導入費用の償却がエウレカもやっと終わりこれから運用にお店ごとの違いが出てくるとなります。


エウレカが好きな方は


今のままので利益を見込んだ営業をするお店



還元を多少は見込んだ営業をするお店


を自分で見極める事をこれからされてみてはどうでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(2)
PR

[PR]気になるキーワード