アスベスト(石綿)による健康被害を受けたのは、危険性を知りながら規制権限を行使しなかった国に責任があるとして、大阪府南部の泉南地域にあった工場の元労働者や周辺住民ら29人が国に計9億4600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、大阪地裁(小西義博裁判長)である。国の不作為責任が認定されれば、アスベスト被害をめぐる訴訟で初めての判断となる。
 現行の石綿健康被害救済法は対象が限られており、判決内容によっては今後の見直し作業に影響を与えそうだ。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「泉南アスベスト国賠訴訟」
学校の石綿、公務災害認定=全国初、死亡教諭に
新たに183人提訴=建設石綿被害訴訟
学校の石綿、公務災害認定へ=死亡教諭に逆転裁決、全国初
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる

<シバザクラ>見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)
「競馬や競輪に…」 団地自治会の資金横領、容疑の72歳元代表理事を逮捕 (産経新聞)
小沢おろし狙い? 玄葉氏新グループ(産経新聞)
石川議員を午後にも聴取へ 小沢氏の共謀立証可否を確認 陸山会事件で特捜部(産経新聞)
<火災>長屋全焼 住人の69歳女性?死亡 さいたま(毎日新聞)
AD