言葉遣いやマナーの勉強になる-。こうした理由から若者に「飲食店などの接客のアルバイトを経験した方がよい」と認識されていることが、求人情報サービス「an」を運営するインテリジェンス(東京都千代田区)の調査で分かった。

 3月5~11日、若者中心の携帯サイト「モバゲータウン」で5万6080人が回答。その結果、「社会に出る前に一度は経験した方がよいアルバイト」の1位は飲食・フードで38・2%。2位がレジ・販売(19・3%)で、接客業が上位を占めた。

 その理由として、「言葉遣いやマナーが社会に出るときに役立つ」(20代女性)、「人との接し方、礼儀、敬語を勉強できる」(30代男性)、「店員の気持ちが分かれば自分がうっとうしい客にならない」(20代男性)などが上がった。

 3位以下は医療・介護・福祉(8・1%)▽講師・インストラクター(4・6%)▽カラオケ・アミューズメント(3・7%)-の順。

【関連記事】
フリーター労組が反戦デモ 「戦争反対」とつぶやく通行人女性も
「位置ゲーム」人気 仮想と現実がつながる 動かないと始まらない
夢を売るホープたち…「天空の村」の少女からカンヌ女優へ
10代ど真ん中の悩み ラジオが解答
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”

<桜開花予想>寒暖差大きく、担当者泣かせ…参入民間3機関(毎日新聞)
「愛犬のあだ討ち」酌量の余地ない…小泉被告、死刑判決受け傍聴席にらみ退廷(産経新聞)
がん検診、ニーズ高いが7割が「受けたことない」(産経新聞)
<水俣病>出水の会、国の救済策受け入れ(毎日新聞)
「処理追いつかず」申請書放置、茨城県係長停職(読売新聞)
AD