決勝は、世界タイトル10回のおなじみ、ケリー・スレーター 
VS オーストラリアの21歳オーウエン・ライト。
果たして接戦を制したのは…?



AD

今回の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りし、
被災された方の復興を心より応援しています。

◆この2週間の過ごし方

地震発生から、明日で2週間。

この2週間は、
テレビやネットで被災地の映像を見たり、
Twitterで情報収集しながら、
自分にできることは、募金をすることと、
普段の仕事を通して、
微力ながら日本の経済に貢献することであると考え
日々過ごしてきました。

◆サーフィンについて

サーフィンに関しては、当然行っていません。

個人的には、まだ、喪に服すときではないかと感じています。

旅行や外食、買い物など、通常の経済活動であれば、
「自粛」すべきではない。と思います。

日本全体が「自粛」モードになると
ますます経済的に停滞し、復興にお金がまわらないから
と思うからです。

むしろこんな時こそ、趣味にお金を使って、
活動的になってみるということも必要なのではと思います。

ただ、「サーフィン」については、
多くの人の命を奪った海での活動になるので、
まだ、それを楽しむという気持ちにはならないというのが正直なところです。

そもそもガソリンが手に入らないので、
クルマで移動できないという現実的な理由もありますが。
(もう供給されているのかな?)

◆いつになったら、サーフィンを再開するのか?

いつになったら、海にまた戻るのか?

それは、今のところわかりませんが、
しばらく待って、自分の心の変化を見つめようと思います。

◆サーフィンに行かないときの過ごし方

最近、あまり熱心にできていなかった、
-------------------------------
・イメージトレーニング
・スケボー
・筋トレ
・持久力アップのためのジョギング
-------------------------------
など、海に行かないでもできることを続けて、
来るべきときに備えたいと思っています。

【サーフィンのコツ!】ブログ特集↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
AD

サーフィンがうまくなる(仮)-ウエット

前にドライスーツ買おうかなって記事を書きましたが、
結局、実は、普通のフルスーツ(ウエットスーツ)を買って
この冬は過ごしています。

■買ったブランド、商品

Bewetのスーパーウォームです。
10年前はじめて買ったウエットも
同ブランド。同商品。

原宿のOshmansで、11月ぐらいにフルオーダーしました。
2週間ぐらいでできて、12月から着ています。

かなり暖かいです。イイね!これ。

普段は千葉南で入っています。
これはいいです。寒さを感じません。
10年間の進化を感じました。

天気の良い日は、若干熱いぐらいです。マジで。


■お値段

10万円ちょい。(Bewetは高い!しかし性能がいい!)
ただ、Oshmansのポイントが1万円ぐらいつくので
これで、サーフィン用品に限らず、
原宿でオシャレアイテムが買えます。


■ノンジップの感想

今回、初めて、背中のファスナーがない
ノンジップにしてみました。
----------------------------------------------------------
・パドルが楽
・着るのも楽
・脱ぐのは少し大変。でも慣れる。
・水が入ってこないので良い。
----------------------------------------------------------
という感じで、総評としては、
ノンジップは良いものだと思いました。


■ドライスーツとの比較

実際、買っていないので、お店の人から聞いた情報になりますが…
----------------------------------------------------------
・ドライは確かに、暖かい
・しかし、手入れが大変(毎年検査を推奨)
・波が大きいと、ドルフィンしずらい。巻かれやすい(浮力があるので)
----------------------------------------------------------
ということで、ドライを買った人も、普通のウエットと併用して
使っているよ。ということでした。

で、普段、千葉南で入っているなら、
最近のウエットは進化しているので、
ドライじゃなくても、全然大丈夫っす。ということでした。

で、実際、それを信じて、ウエットスーツにしましたが、
確かに寒くないので、よかったよかったと思っています。


ということで、ウエットスーツか、ドライスーツで迷っている人は
千葉南以南の方なら、ウエットでOK
という話です。(地域限定ですいません)

【サーフィンのコツ!】ブログ特集

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ




AD
南台湾で行われた、サーフィン大会の様子です。(youtube動画)



2009年の9月に僕も南台湾に行きました。

そのときは波が全くなく残念な思いをしましたが…
この動画からするとメローで乗りやすそうな波が割れているようですね。

南台湾にはいくつかポイントがありますが、
このポイントは「じあらーしゅい」(佳楽水)という河口のポイントです。

リバーマウスでサンドバーが常に形成されている影響で
比較的コンスタントなポイントと思われます。

ちなみに場所はこちらです
>>Google Mapで南台湾のポイント(佳楽水)をみる

そのとき泊まった宿のオーナーによると
「冬天好!」(冬はいいよ!)
といっていたので、このお正月休みなどに
台湾にサーフトリップに行く人は
期待して良いかもしれませんね。

■南台湾サーフトリップ注意点

1.安くすませるなら、レンタル原チャリを借りよう!
  国際免許証(中国語訳付き)を持っていこう

現地のショップのサーフトリップに参加するのは便利ですが
けっこう高い気がします。1日1万円ぐらいした印象があります。

なので、レンタル原チャリを借りて、自分で移動してみましょう。
(バリと同じですね)

但し、バリと違うのは、原チャリにサーフボードキャリアがついていないので
ショートボードをシートの上において、その上から座って
オシリで固定しながら走る感じになり、なれないとバランスをとるのが大変でした。
(インナーマッスルを使って、オシリで板を固定する感じです)

2.台北から新幹線移動も可能!
  台湾の新幹線はショートボードを乗せるスペースがある!

日本から高雄に飛んで、そこから南台湾に行くのが普通ですが
あえて、高雄行きのチケットが高かったので、僕は台北から
新幹線移動してみました。

日本の新幹線技術を使っているだけあって、移動はスムーズで
日本の新幹線ほどには混んでいません。(当日行って買える)

さらにうれしいことに、各車両に荷物置き場
(台湾のおじさんたちはゴルフバックなどを置いています)
があって、そこにサーフボードも普通に置けます。

詳しくはコチラを(去年書いた記事です)

>>台湾サーフトリップ(交通編)

【上達への近道!】サーフィンブログ特集

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ