鳥取県米子市の税理士事務所代表の男性(当時82歳)ら2人が殺害された強盗殺人事件を巡る裁判員裁判で、鳥取地裁は2日、同事務所の元経理担当、影山博司被告(55)に対し、求刑通り無期懲役を言い渡した。小倉哲浩裁判長は「2名を殺害した重大で悪質な事案だが、被害男性が理不尽な行動で被告を追い込んだことが原因で、経緯には同情の余地が大きい」と述べた。

【関連ニュース】
裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件
裁判員裁判:鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認
裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件

両陛下、ラオス大統領と会見(時事通信)
民主・小林議員、小沢氏に陳謝(時事通信)
<鳩山首相>小沢氏と参院選に向け会談(毎日新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)
AD