OZMA “HARD ROCK PRESS”

X-RAY/RAJAS/ROCKCHILD/THE LOVEROCK VIOLENTの
ハードロックベーシスト日記


テーマ:
毎年、個人的にこれが終われば夏が終わりと決めてる“It's a HARD ROCK NIGHT !”
今年は例年より少し開催時期がずれる。
つまり、夏が長引きそうだ(笑)

朗、ロジャーと今年は朗のバースデーライブで春にライブをしてるので遅めの方が良いかも知れない音譜

いつも、“今のお客さんはどんなハードロックのイベントを観たいのだろう?”という視点で企画するが…まぁ大概は“自分が観たいと思うイベントとははてなマーク”ということかなぁ…
ギタリスト大好きな僕としては朗やロジャーには事後報告的に企画を進めた(笑)

そんな訳で
ギタリスト優遇社会が健在のジャパンハードロックシーンにあって今年のIt's a HARD ROCK NIGHT !は大注目なのだドキドキドキドキドキドキドキドキ
以下が詳細情報となります❗

夏の終わりにIt's a HARD ROCK NIGHT !
今年もお越しをお待ちしております🎵



情報解禁🌠🌠🌠
お待たせしました❗
毎年恒例の
【It's a HARD ROCK NIGHT !】
今年は夏の終わりに開催です❗

今回は特にギタリストにスポットをあてた内容で皆さんに楽しんいただきます❤❤❤

まずIt's a HARD ROCK NIGHT !初出演のMASHA✨
最近、自身のバンド“Silex”を立ち上げたばかり。そのファーストライブの前日に白熱のプレイを披露してくれます❗

そして、オリジナルバンド“NAKED MACHINE”が絶好調の里村源多朗✨
昨年に続いての連続出演となります❗

トリを務めるのは“Hyper”という言葉が最も似合うギタリスト、Kelly SIMONZ✨
実に5年ぶりの登場です❗
“超絶”が今や彼の代名詞☆

この三人の素晴らしいギタリストが…
DioKen(Re-Arise)
Ray(Blindman・Force Field)
&KAN(NAKED MACHINE)
そして
藤本朗というボーカリストと共にHOT BATTLEを繰り広げます🔥🔥🔥

全ユニットを支えるのは
Ba/臼井OZMA孝文
Dr/高橋ロジャー和久
Kb/清水賢治(THE LOVEROCK VIOLENT)

【It's a HARD ROCK NIGHT !2016】
どうぞご期待ください❗❗❗

■公演日2016年9月24日(土)

■公演名 : AKIRA,OZMA,&ROGER Presents
“It`s a HARD ROCK NIGHT!2016”
~Hyper-Guitarists HOT BATTLE~
今年もやります!やらせていただきます!
X-RAYの朗・OZMA・ロジャーがお届けする真夏のハードロックナイト!
今年は三人のHOTなギタリストが大暴れの夜!!!!!

■会場 高円寺Show Boat

■出演 : (全ユニット ba…臼井OZMA孝文 dr…高橋ロジャー和久 key…清水賢治)

①MASHA Unit
gt…MASHA
vo…DioKen

②GENTARO Unit
gt…里村源多朗
Vo…Ray
Cho…KAN

③Kelly Unit
gt…Kelly SIMONZ
vo…藤本朗

■時間:
開場18:30/開演19:00

■料金: 
先行限定販売イス自由席 4500円
一般スタンディング   4000円
当日券         4500円
※入場時ドリンク代別 600円

■チケット販売:
★先行限定販売イス自由席★
ShowBoat販売分のみ
7/22(金)ShowBoatライブ終了後より発売開始
7/23(土)16:00~ 電話・メール予約&代引注文受付
(翌日以降は毎日14:00~23:30販売・受付)

★一般スタンディング★
ShowBoat 8/24(水)発売
店頭販売 初日のみ15:00~
電話・メール予約&代引注文受付 初日のみ16:00~
(翌日以降、14:00~23:00販売・受付)

プレイガイド 8/24(水)10:00~発売
ローソン[L:    ]/イープラス eplus.jp

※入場整理番号あり
※ShowBoatチケットはご購入順(電話・メールは受付順)に整理番号が発券されます。
※代引郵送にてご購入希望の方は、お電話かメールにて下記をお伝えください。代引注文は公演日10日前までの受付となります。(別途発送手数料¥580)
《公演日・公演名・住所・氏名・電話番号・購入枚数》

【問い合わせ】
ShowBoatTEL 03-3337-5745(14:00~23:00)MAIL info@showboat.co.jp

--------------------
Lコードは後日発表になります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
リッチーがRAINBOW名義で20年以上の時を経てライブを敢行した。
単にリッチーが再びハードロックの土壌で活動することを諸手を挙げて歓迎した人もいれば、選曲やメンバー人選に意見を述べられる方も大勢おられた。
そのヒートっぶりもやっと沈静化したようだが…
やはり、RAINBOWが日本においていまだに変わらぬ人気を保持している証なのだ。
僕はどっちの意見かというと…
リッチーがハッピーならそれで良い。
そういう感じ。
Blackmore's Nightに在籍していたリズム隊にコーラスにキャンディスとなればリッチーは安心だったろうし、ロニー・ロメロという新しい才能を見出だせてご機嫌だったろうと容易に推察できる。
もうリッチーはほとほとロックビジネスに疲弊したんだろう。
僕もボーカリスト以外は“うーんガーン”という感じだったけれど…
じゃハードロックで現役でバリバリやってる人がリッチーのバックを務めたとしてリッチーは先のステージと異なるパフォーマンスをしたのだろうか!?
そんな風にも思ってしまう。
逆にイケイケドンドンのバックのエネルギーがリッチーの気分を害するのではないかはてなマークと考えたり(笑)
だいたい
RAINBOWの初来日を見逃し
再来日の京都公演で興奮しまくり、グラハムの時の三度目の来日の大阪公演で狂喜してからはジョー加入後の四度目、五度目ではテンション上がらずの不完全燃焼という略歴を誇ってるわけで➡略歴とは言わないか(笑)
いや
リッチーが今回感じたノスタルジーにシンクロできるならリッチーと同じ満足感を得られたるだろうラブ
リッチーが不満だったと述べれば、さらに炎上したに違いないバックメンバーもリッチーが今回の三公演を振り返って“さらにやってみたい”という意欲を見せたとなればもう何にも言えないのだ(笑)

金曜日のROCK VERSUS NIGHT !4ではリッチーとRAINBOWに最大限の愛情と敬意を込めて全力でプレイする。

人がどう言おうとRAINBOWが復活した2016年にRAINBOWばかりを演奏するのは何とはなしに嬉しいものだ音譜

【ROCK VERSUS NIGHT !4】



【公演日】
2016年7月22日(金)

【公演名】
“ROCK VERSUS NIGHT!4”
悶絶必至のロックカバーナイト第4弾!!
今回も3バンドが激しくバトル

【会場】
ShowBoat http://showboat1993.wix.com/showboat1993

【出演】
■VAN HEYSAN (VAN HALEN)
石坂昇平 Vo.
戸沢健太郎 Gt.
常磐秀樹 Ba.
NORIKO“逆鱗”SAKAI Dr.

■MEDIAS ZONE(EUROPE)
金子聡司 Vo.&Gt.
星 諒 Gt.
三浦弘嗣 Ba.
石原知典 Key.
岩田慎吾 Dr.

■THE TAROT MEN (RAINBOW)
藤原MAXまさのり Vo.
中間英明 Gt.
臼井OZMA孝文 Ba.
高橋ロジャー和久 Dr.
盛山seiyanこういち Key.

【時間】
開場 18:00/開演 19:00

【料金】
■一般前売(スタンディング)¥5000/当日¥5000
(入場時別途ドリンク代¥600)
★お客様へのお願い★
当日スタンディングのお客様には
出来るだけ身長の低い方が前方でご覧いただけるように開演まで場内整理が行われる予定です。
あらかじめご了承ください。

【チケット】
★一般スタンディング★5月22日(日)発売
■ShowBoat
店頭販売 初日15:00~
電話・メール予約&代引注文受付 初日16:00~
(翌日以降は毎日14:00~23:00受付)
■プレイガイド
ローソンチケット[Lコード70619]
/イープラス 10:00~発売

※入場整理番号あり。当日は、整理番号順の入場となります。
※ShowBoatチケットはご購入順に入場整理番号が発券されます。
※ご予約のみでは整理番号はつきません。
※代引郵送にてご購入希望の方は、メールにて下記をお送り下さい。
(別途発送手数料¥580)
《公演日・公演名・住所・氏名・電話番号・購入枚数》

【問い合わせ】
ShowBoat
■Tel 03-3337-5745(14:00〜23:00)
■Mail info@showboat.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイトルを見て「えっ!?

ってなられた方。

その方はきっと「OZMAがベースプレイが上手かったなどということがあるのか!?

という風に解釈された方に違いない(笑)

そう思うのは自由なのであって何の文句も言えないのである(笑)

今回のタイトルは「じょうず」ではなく「かみて」と読んで頂きたい(笑)

 

[上手だった頃]

 

大概の場合、ベースはステージに向かって左側、つまり「下手」が定位置で多くのライブハウスもアンプをそのようにして据え置いている。

僕も「下手」を定位置として好むがかつて「上手」で弾いていたことがある。

どうしてそれを思い出したかというと…

昨日のROCK VERSUS NIGHT !4のリハーサルでの立ち位置が写真の通りだったから。

なんか、鏡に映したようなちょっとした居心地の悪さを感じながら楽しんだ(笑)

僕が上手で弾いていたのは1982年のRAJASの頃。

高校生の頃から一貫して下手で弾いていた僕が上手に移動したのには訳があった。

 

[上手のベーシスト]

 

きっかけはあるバンドのOAをRAJASが務めた時だった。

そのバンドはギタリストが下手で上手にベーシストがおられた。

ジョージ吾妻さんが率いる「5X」

その配置には理由があるのだろうと思ってベースの盛山キンタさんに質問した。

シンプルだけれど説得力があった。

少なくとも当時の僕には…

キンタさんはこう説明してくれた。

「ドラマーはたいてい叩くときに上手の方を向いてるでしょはてなマーク

だから上手にいる方がコンタクトしやすい音譜

感化されやすかった僕は…

次のライブではしっかり上手に移動していたのである(笑)

きっとババちゃんは必要以上に目が合うので逆に困っただろう(笑)

なんせ、「良い」と思うことは何でも取り入れた。

EARTHSHAKERのシャラにタバコをやめた理由として「ステージで動けなくなるから」

と言われたら一週間も経たないうちに1日20本吸っていたセブンスタータバコをすっぱりやめた。

タバコはそれから一本も吸ったことはないけれど…

ベース上手位置は…

あっさりとX-RAYのデビューライブの時には下手に復元されていたのである(笑)

ということで

【ROCK VERSUS NIGHT ! 4】

来週ですメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラ

もちろん「下手」でお待ちしておりますドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

【公演日】
2016年7月22日(金)...

【公演名】
“ROCK VERSUS NIGHT!4”
悶絶必至のロックカバーナイト第4弾!!
今回も3バンドが激しくバトル

【会場】
ShowBoat http://showboat1993.wix.com/showboat1993

【出演】
■VAN HEYSAN (VAN HALEN)
石坂昇平 Vo.
戸沢健太郎 Gt.
常磐秀樹 Ba.
NORIKO“逆鱗”SAKAI Dr.

■MEDIAS ZONE(EUROPE)
金子聡司 Vo.&Gt.
星 諒 Gt.
三浦弘嗣 Ba.
石原知典 Key.
岩田慎吾 Dr.

■THE TAROT MEN (RAINBOW)
藤原MAXまさのり Vo.
中間英明 Gt.
臼井OZMA孝文 Ba.
高橋ロジャー和久 Dr.
盛山seiyanこういち Key.

【時間】
開場 18:00/開演 19:00

【料金】
■一般前売(スタンディング)¥5000/当日¥5000
(入場時別途ドリンク代¥600)
★お客様へのお願い★
当日スタンディングのお客様には
出来るだけ身長の低い方が前方でご覧いただけるように開演まで場内整理が行われる予定です。
あらかじめご了承ください。

【チケット】
★一般スタンディング★5月22日(日)発売
■ShowBoat
店頭販売 初日15:00~
電話・メール予約&代引注文受付 初日16:00~
(翌日以降は毎日14:00~23:00受付)
■プレイガイド
ローソンチケット[Lコード70619]
/イープラス 10:00~発売

※入場整理番号あり。当日は、整理番号順の入場となります。
※ShowBoatチケットはご購入順に入場整理番号が発券されます。
※ご予約のみでは整理番号はつきません。
※代引郵送にてご購入希望の方は、メールにて下記をお送り下さい。
(別途発送手数料¥580)
《公演日・公演名・住所・氏名・電話番号・購入枚数》

【問い合わせ】
ShowBoat
■Tel 03-3337-5745(14:00〜23:00)
■Mail info@showboat.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

基本的に…

僕は人から勧められて音楽を聴くことは少ない

いや、聴くけれど勧められた音楽、つまりバンドやミュージシャンを好きになることは少ない。

Eddiもそうだった。

20年ほどに前に確か宇都宮から引っ越してきたHちゃんと親しくなって彼からEddiを勧められた。確か…Eddiの1stソロを貸してくれたと思う。

ずっと、プレーヤーの前に置きっぱなしにしていた。

借りっぱなしもなんなんで…ちらっと聴いて返した。

悪くはないなと思った。

そのうちどこかで彼女の2ndソロを見つけて購入した。

これがはまったドキドキ

楽曲の一つ一つがパーソナルなメッセージのような受け入れられた。

友人・恋人・人生の立ち位置etc

それらすべてがアルバムいっぱいに収められていた。

1曲目の“The Right Place”などはまさに当時の彼女の心境を如実に表しているように受け止めた。傷心のバンド活動から何とか立上った「いま、これこそがわたしの正しい場所」と謳歌している様が強がりのようでもあり、愛おしく響いたものだ。

僕はHちゃんに感謝した。

素敵なミュージシャンを教えてくれたということに。

多分、色んな音楽を聴いているつもりだっけれどEddiとは出会わなかっただろう。

いや…出会っても惹き込まれなかっただろう。

僕はHちゃんにはFleetwood Macを教えてあげた。

彼がクリスティン・マクヴィを好きになってくれたのがとても嬉しかった。

Eddiが来日公演を久しぶりに大阪・東京で行っていた。

もう僕の大好きな2ndの曲はそんなにやらないだろうけれど…

僕にとってのEddiは“Patience of angel”であり“Joke”や“Dear John”なのである。

今日はずっとEddiを口ずさんでいた。

そして、20年近く前に僕にEddiを教えてくれたHちゃんのことを思い出していた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何年前からかは定かではないけれど…

多分、2011年のIt`s a HARD ROCK NIGHT!からかな…

お客さんがスタンディングで観てるのを「見る」のがしんどくなってきた(笑)

その前から観る側の立場からいえばスタンディングは辛かったし…

「何にも観えんわムキー」とぼやくようなライブはよくあったと思う。

2012年はからは自分の主催イベントやメインの出演者である場合はライブハウス事情を鑑みて出来る限り椅子を出すようにしている。

30席くらいでも前方に椅子席を設けるとかなりスッキリと演者を観れる。

立ってるだけでも疲れるのに演者の頭さえも見えないようでは「爆音」はただの「ビッグノイズ」でしかないと僕は感じる。

もちろん…ステージの高いライブハウスなどは必要ないかもしれないし…演奏時間や転換などによってはスタンディングのみの方が相応しいだろう。

けれど、自分が椅子席を設けてライブを行った場合は概ね好評だし、「椅子席があるなら行こう」というお客さんもおられる。

ちょっと話は違うかもしれないが…

僕はライブハウスにお客さんがパラパラとしかおられないのに全部スタンディングでお客さんは壁にへばりついてホールの床は丸見えという場面や写真を見ることがある。

そんな時こそ、スタッフの方は少し手数だろうけど椅子をセッティングしたら良いのにと思う。

壁側のお客さんだって座るだろうし…ホールの床は椅子が隠してくれる。

「あのライブハウスは座って観れる」と僕らの世代に知られたら、もう少し好きなバンドを観に行ってやろうという応援心を後押しするかもしれない。

まぁでもねぇ…ギュウギュウになるほどの動員があるバンドはかえって困るのか(笑)

ただ…ロックというジャンルを快適に観ようという考えがそもそも間違っているのかもしれないが…僕は演者の立場から言っているので個人的な意見をブログで主張するのは自由だろう(笑)

 

[ROCK VERSUS NIGHT ! 4]

 

ROCK VERSUS NIGHT ! 4の会場は高円寺ショーボート。

毎年、It`s a HARD ROCK NIGHTを開催しているライブハウス。

ショーボートは50席ほどの座席を準備しているが今回はそのうちの30席を並べることにした。スタンディングのお客様を入れたら100人でもパンパンだとおもう。

そこで…

こんな一文を告知情報に書き加えてもらった。

 

★お客様へのお願い★
当日スタンディングのお客様には
出来るだけ身長の低い方が前方でご覧いただけるように開演まで場内整理が行われる予定です。
あらかじめご了承ください。

 

かのSARBER TIGERのライブの時は「チビッ子ブース」なるスペースが設けられるそうだ。

詳細を下山さんに聞く機会を逃したからそれがどんなものかは書けないけれど…

身長の低い方の優先的なスペースであることには間違いないだろう。

以前から身長順に入場してもらうのはどうだろうと考えていた僕にSARBER TIGERの粋な計らいに勇気をもらった(大仰か 笑)

ショーボートスタッフと話し合うと開場後に二人整理要員が出せたら会場内でなんとかできるということになった。

今回、初挑戦の身長順の鑑賞ということなのだドキドキ

 

[考えるべきこと]

 

それでも、懸念される事柄はい幾つかある。

例えば…

友人や家族で連れ立って来場した場合…

身長があまりにばらばらで離れて観なければならないとしたらどうだろう(・・?

恋人同士なら並んで観たいだろうしハートブレイク

当日の混乱や苦情は後ほど聞くとして…遅いか!?(笑)

それでも、スタンディングのごった返しで前の人の頭しか観えませんでしたという苦情が出ないように最善を尽くすので皆さんのご協力をお願いしたい。

僕はみんなが出来る限り同じ条件でライブを楽しんでほしいと思うし、楽しんでいるという皆さんの「笑顔」をステージから観たいのだ音譜

あっ

そして、もう一つ!!

久しぶりの中間(中間英明)は当然のマーシャルのフルボリュームで全力のプレイをやってくれるメラメラメラメラメラメラ

その爆音が苦痛になってはいけないあせる

ぜひとも、視界を大きく確保して中間の大音量のハードロックを堪能していただきたいドキドキドキドキ

出演者とお客さんが一体となった熱いフライデーナイトになりますようにメラメラメラメラメラメラメラメラメラメラ

【公演日】
2016年7月22日(金)

【公演名】
“ROCK VERSUS NIGHT!4”
悶絶必至のロックカバーナイト第4弾!!
今回も3バンドが激しくバトル

【会場】
ShowBoat http://showboat1993.wix.com/showboat1993

【出演】
■VAN HEYSAN (VAN HALEN)
石坂昇平 Vo.
戸沢健太郎 Gt.
常磐秀樹 Ba.
NORIKO“逆鱗”SAKAI Dr.

■MEDIAS ZONE(EUROPE)
金子聡司 Vo.&Gt.
星 諒 Gt.
三浦弘嗣 Ba.
石原知典 Key.
岩田慎吾 Dr.

■THE TAROT MEN (RAINBOW)
藤原MAXまさのり Vo.
中間英明 Gt.
臼井OZMA孝文 Ba.
高橋ロジャー和久 Dr.
盛山seiyanこういち Key.

【時間】
開場 18:00/開演 19:00

【料金】
■一般前売(スタンディング)¥5000/当日¥5000
(入場時別途ドリンク代¥600)
★お客様へのお願い★
当日スタンディングのお客様には
出来るだけ身長の低い方が前方でご覧いただけるように開演まで場内整理が行われる予定です。
あらかじめご了承ください。

【チケット】
★一般スタンディング★5月22日(日)発売
■ShowBoat
店頭販売 初日15:00~
電話・メール予約&代引注文受付 初日16:00~
(翌日以降は毎日14:00~23:00受付)
■プレイガイド
ローソンチケット[Lコード70619]
/イープラス 10:00~発売

※入場整理番号あり。当日は、整理番号順の入場となります。
※ShowBoatチケットはご購入順に入場整理番号が発券されます。
※ご予約のみでは整理番号はつきません。
※代引郵送にてご購入希望の方は、メールにて下記をお送り下さい。
(別途発送手数料¥580)
《公演日・公演名・住所・氏名・電話番号・購入枚数》

【問い合わせ】
ShowBoat
■Tel 03-3337-5745(14:00~23:00)
■Mail info@showboat.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。