ココナツミルクの香り

テーマ:
久しぶりの友人と、上野で立ち飲み。

{4687D393-6032-44EE-BF55-CDC8B655A8B8}

初めて食べた、大山のメンチ。
油物に弱いお年頃なので、一番小さいのにしちゃったけど、ペロリ。
イチオシは、400円のジャンボメンチだったのかしら。
今度はそっち食べよう。

しかし友人、あっという間に足にきちゃって、店を移すことに。
居酒屋のメニューを見ながら、食べられないものはある?ってとこから、食べ物の好き嫌いの話になって。
私がココナツミルクが嫌いというと

「私もです!もしかしたら同じ理由かも…」
「私は牛乳がキライだから、ミルク全般がダメなだけだよ。あなたはなんでキライなの?」
「ギャル男のニオイがするからです」

同じ理由なワケないよな!!
そんな理由でココナツミルク嫌いなの、あなただけよな!!

私が
「全然わからない!!ギャル男の体臭ってこと!?」 と問いつめると
「ギャル男の車のニオイっていうか…」 
一生懸命、説明を試みてくれる友人。
「ギャル男、ココナツミルクを肌に塗ってそうっていうか…」

もうギャル男見たら、この光景しか浮かばない。

笑いすぎて、翌日はノド枯れてた。
AD

鯨ようかん と 鰻

テーマ:
九州日記、終わったと思ったでしょう?
ふふ、あと 1回だけ!

2年前の宮崎旅行のブログで、さんざん飯がウマいと書いたので、今回はちょっと抑え気味にしてたんだけど、この2品のことは言わせていただきたい。
どちらも、佐土原の名物よ。

まず一品目、鯨ようかん。
 

 

何これ、餅と餡が反対なの?
餡が手につくんじゃない?
味の想像はつくわね~。

ノンノン!!!

水気の多い餅はプルプル、そしてムッチリ。
まるで、若い女の肌のよう。
たいして餡は、衣替えしたての夏のセーラー服のごとく、さらりとして。
例えが少々エロっぽくなってしまったのとは正反対の、さわやかな和菓子なのよう!

佐土原ではいろいろなお店で売られているようだけど
 
 
こちらの阪本さんのところで買うのが、一番だそうです。
ただし、午前中に行かないと売り切れてしまうので、注意!

さて、もう一品は鰻。
いただいたのは 「かねしん」 さん。

 
  
 
食べた瞬間、同行者に 「そんな顔してるの、初めて見た」 と言われましたわ。
だってビックリしちゃったんだもん。
ほんの一切れを口に入れただけなのに、香ばしさが快感となって全身を貫き、鰻に抱かれているような気分。
あたいこのまま、おかしくなってもいい!と思ったわね。

 今ガマンしないと、絶滅しちゃうとも言われる鰻…
佐土原だけは、特区にしませんか?
AD

馬ヶ背~鵜戸神宮~青島神社

テーマ:
まだ続く、九州日記 第…何弾だ?

時々雨に降られながらも、宮崎らしいフェニックスの街道を走り
 

前回も来た、名勝 馬ヶ背。
 
 
初めての、鵜戸神宮。
 
 
海に面した神社って、豪快だなぁ!


小石(?)を投げて、輪の中にはいると願いが叶うんだとか。
私の願いは、輪よりさらに遠く、遠くへ。
 
  
 
 
無料のお茶サービスの湯のみに、神、神 書いてあるのが、なんかおかしい。
 
 
ついでにもう一社、青島神社。
こちらも海に面してて、鬼の洗濯板と呼ばれる波状岩の間を抜けていく先にある。
 

  
 
 

  
 
 神社なのに、ヤシや棕櫚で囲まれてるのが、南国だなぁ。
スピリチュアルスポットとしても有名らしいけど、確かに不思議な雰囲気だったね。

しかしほんとに、キレイな海だ。
(ホワイトバランス間違えたの、もう直しません)
 
 
それから宮崎市で友達に会い 「嵐坊」 へ
白レバーで有名な某店は、最近混ぜ物をしてるので、ダメだとのこと。
(宮崎地鶏じゃないものを使ってるの意)
前回、嵐坊を選んだ私たち、間違ってなかったんだわ。
  
炭火焼、前回よりおいしく感じる! っていうか、めちゃウメェ!
あまりにおいしくて、後日土産物屋で炭火焼のパック買っていったら、別物すぎて大失敗!
お土産に渡してしまった方、すみません!

セセリ南蛮。 フガー!
  
 
翌日も廃線に降り立ったり、好きなことしながら、だんだん本州方面へ。
 

 

熊本や鹿児島にも 立ち寄れた今回。
今度は九州の上の方も、まわってみたいな。
片道 15、6 時間かかるけど、近いもんだよね。
 
AD