人間の真価が問われるとき

テーマ:

震災で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。


できるだけ多くのかたに、正しい情報のみ、情報拡散!!!

 少しでも誰かに知らせたいかたは、どんな使い方をしていただいても、いっこうに差し支えありません。

 ただし、もしかすると、ご迷惑になる場合もあるかと思います。その際は、どうぞお許しください。

 ご自身の判断です。

 ※ 誤った情報にはくれぐれもご注意ください。

地震安否情報

http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

 地震安否情報など、地震に関する情報を、伝えてくだされば幸いです。

 ネットを利用されている方は、安否情報「人を探している」「消息情報を提供する」が検索出来るそうです。 
 また、繋がるという意味で、ツイッター(個々のユーザーが「ツイート」と呼称される短文を投稿し、閲覧できるコミュニケーション・サービス)、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事 例:フェイスブック、ミクシィなど)はかなり有効なようです。もしかすると、ご迷惑がかかるかもしれません。すみません。ご自身の判断で、よろしくお願いいたします。

 地震安否情報

 http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

 東北地方太平洋沖地震の災害救援情報まとめサイト

 http://savejapan.simone-inc.com/index.html#

 インターネットによる中継

 http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv?lang=ja_JP

 パソコンの遠隔操作無料サービス(VPN:遠隔パソコンを操作する技術)

 筑波大学発ベンチャー企業「ソフトイーサ株式会社」

 http://www.special-vpn.jp/

 地震情報-日本気象協会

 http://tenki.jp/earthquake/

 ヤフー天気情報

 http://weather.yahoo.co.jp/weather/

  地震関連最新情報|私たちにできること|節電、誤った情報拡散防止、募金・・・・

  http://weather.yahoo.co.jp/weather/2011sanrikuoki_eq.html

 東北地方太平洋沖地震に関しまして|Ameba(アメーバ)

 http://content.ameba.jp/info/info201103.html

 Googleカレンダー同期可能なサイト(ご自身の判断で!)

  東京電力

  https://sites.google.com/a/creco.net/teiden-calendar/

  東北電力

  https://sites.google.com/a/creco.net/teiden-calendar/tohoku

 災害用伝言掲示板 安否情報を確認したい相手の電話番号を入力
  [docomo]→ http://bit.ly/dU1PXC
  [SoftBank]→ http://bit.ly/hPGwwj
  [au]→ http://bit.ly/gODXyC

 TwitterSOSタグ GPS機能もつけてつぶやくこと
  #j_j_helpme
  ↓Twitterハッシュタグ追加↓
  被災地、震度が強かった地域の方々へ拡散
   @nhk_newsと @NHK_PRと @FDMA_JAPANのフォローで情報取得ほぼ可能。

 緊急連絡方法 災害用伝言ダイヤルの使い方
  災害用伝言ダイヤルと伝言板 利用エリアに制限あり
  利用方法は・・・
  ・「171」をかけるとガイダンスが流れる。
  ・そのあと「1」をかけ電話番号を入れる
  ・一つの伝言あたり30秒の録音ができる。
  ・その音声の伝言は48時間保存されます。
  それを外から聞きたいときは・・・
  ・「171」をかけたあとに「2」をかける
  ・被災地の方の電話番号を入れれば音声の再生が可能になります。
  ・つながらないと思ったら「171」をかければガイダンスが流れるので大丈夫。



以下、平成23年4月11日ブログより


「小澤会計事務所ホームページ復活!」


平成23年3月11日より、震災で被害に遭われたかたに対して、少しでもお役に立てればと考えました。

そこで、ホームページやブログは、地震関連情報に改新していました。

また、ホームページからお問い合わせをいただいていた新規のお客さまについては、誠に勝手ながら、自粛させていただくというお返事をさせてもらいました。大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ございません。


本日より、ホームページを復活させました。

新規のお客さまについても、ご対応させていただきたいと思います。

よろしければ、どうぞご覧ください。

http://www.ozawa-kaikei2002.com/


ブログについては、引き続き、震災関連を主題に、書いていきたいと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


小澤 剛



平成23年5月31日火曜日。

私は、匿名で、メッセージを送りました。


被災された方のブログです。

【みなさんの風化させたくない思いを、

ご参考にさせて頂きたいのです。】


自分に、嘘をつきたくなかった。

見過ごすことはできなかった。


あのとき。

何が、できたのだろう。


日本人なら、心が痛まなかった人なんて、いない。

身の回りのことに、精一杯の自分。


せめて、こんなことくらいしか、できない。

そう、思いました。


いよいよ、一年。

いよいよ、これからですね。


何もできなくても。

思いだけは、忘れてはならない。


いつも、頭が下がる思いで、拝読しております。

人智が及ばないことが起こったとき。

人間の本性が、一番現れるときだと考えております。


今後10年、20年、30年、100年の日本を考えた場合。

この未曾有の大震災で、世の中に強い影響力を持つべき、尊敬に値する、真の善人、偉人をしっかり見極めていくことが不可欠です。

逆に言えば、今まで勘違いされていた、偽物の化けの皮を剥がす、絶好の機会だと思います。


 自分の身の回りにおいても。

騙されて、酷い目に遭われている方々のために。

亡くなられたかたの死が、決して、無駄にならぬように。

こんな人だとは思わなかったという人を、私も含めて、日本人が再認識すべきです。


そして、肝要なことは、次世代を担う子どもたちのためだということを常に念頭に置いておく必要がある、とも考えております。

だから、風化させてはならないのです。

つまり、未来ある子どもたちのために、本当にすばらしいこの国に生まれて良かったという日本となるように未来を見据え、日本を再構築する絶好の機会にならねばならないという心からの願いが、風化して欲しくないという理由として、私は、考えております。


末筆となりましたが、被災していない身としては、やはり、被災された方々には言葉はなにもありません。筆舌し尽くし難い思いでおります。私自身は、私だけが出来ることを一生懸命やり続けていく覚悟です。被災地の復興を願い、心より深く、お悔やみし、お祈りしております。


どうも失礼いたしました。くれぐれも、お体、お大事になさってください。




以下、平成24年3月9日ブログより


※ 東日本大震災時の小澤会計事務所ホームページ内容です。
   決して忘れぬように、3月9日、3月10日、3月11日の3日間限定で、公開いたします。

  http://www.ozawa-kaikei2002.com/

AD