笑い

テーマ:

ともかく笑った、、馬鹿みたいに笑った。
腹を叩いて、臍の緒がよじれそう、
可笑しいことがあったわけでもなく、
長い時間笑いこけた。
すると
下っ腹からみぞおちあたりが激しく動きまわり
あるときストップ、笑いを止める。

静かに内側でおきていることを観る
すると
下っ腹から、背骨を包むように、上にエネルギーが突きあがり、
眉間の内側を叩き、頭頂へ突き抜けた。
爽快なり.。

 

笑いが誘う結末は、爽快かつ優雅清浄!


笑いが取り入れられている瞑想
▲ ラフター:笑いの瞑想
https://ameblo.jp/ozakusan/entry-12263877853.html
60分でコンパクト ★瞑想の家にて即体験可能 \(^^)★
▲ テイスト・オブ・ミスティックローズ瞑想
http://www.sakshin.com/Meditation/MisticRose.html
90分 ★瞑想の家にて体験即可能\(^^)★
▲ ミスティックローズ瞑想
https://ameblo.jp/oejbooks/entry-12000480820.html
日に3時間。3週間
サイトの映像にレディーガガが登場している!?

 

***********************************
瞑想・芸術・癒し 空間
石裂山(ozakusan)瞑想の家
http://www9.plala.or.jp/ozakusan/
***********************************

 

北関東の霊峰

テーマ:

四国愛媛県で雪による倒木で電気通信通行不能で

孤立し続けた集落が何日かぶりで救い出された、という。
全国のあちこちで雪模様なのだが、、だが関東はこのところずっと晴れ
今日は、雲一つない日だった。
早朝に風花が舞ったようだ。路面がうっすら白い。
快晴だが風もなくどんよりしている、しかし寒い。
この頃は寒さの底に沈んでいる、変化が乏しい。
動植物もフリーズして見えてくる。
何を楽しむわけでもないのだが
シャッターは北関東の霊峰に向かった

 

 

この地から北北西方向になる。
左の丸い峰が男体山2,486m、大真名子山2,376m小真名子山2,323m、女峰山2,483 m、赤薙山2,010 m、いわゆる日光連山。
写真に写っている中で最高峰は、男体山の左にある白い山、日光白根山2,578m。
遠いので小さい。

その麓は群馬県境にある金精峠。雪に埋もれ、5月まで通れない。
山々に降雪し、乾いた空らっ風が関東平野に吹くことになる。
肌荒れには困るが、太陽が照る恵みはありがたい。

 

この辺では富士山はなかなか見れない。地形の関係で見れる場所が限られてしまう。


北関東では筑波山の威容が目に入る。鹿沼からは南東方向になる。

西側(右)の男体山871m、東側(左)の女体山877m。


寒さはこれからが厳しい、地は冷え込んでいるが
しかし陽射しが日に日に長くなっている、
太陽高度があがって、陽光が日々強くなっている。
冷え込みを解く日が徐々に近づいている。

 

***********************************
瞑想・芸術・癒し 空間
石裂山(ozakusan)瞑想の家
http://www9.plala.or.jp/ozakusan/
***********************************

 

 

 

 

年末29日から集いはじめ、30日に参加者がほぼそろい、
31日にはおせち料理造り、夜は年越し蕎麦を食した。

 

予定はこのように表し

 

食事関係はこちらのボードをみれば分かる。


年を越し、元旦は暗いうちに起き出し、山道を登って
何とか、ご来光を仰いだ。

 

帰路、大滝を詣でた。
(寒く、滝が氷結していたのは珍しいのだが、写真を撮るのを忘れた)

大晦日に作ったお節料理をカウンターに並べ

そのあとバイキング式で選んで各自採る。

こんな風、、今年最初の食事

 

予定ボード

 

元旦の夜の予定はこう・・・予定はそのまま進行したと思う。

元旦の夜の最後はダンス大会だった。

下段は1月2日のスケジュール

 

淡々と過ぎ、

終盤

やり残しのないように
帰る方の希望を優先して

だんだん過密スケジュールになっていった。
思い残しはなかったか。

長期間と思っていたが、過ぎてみると短い。


***********************************
瞑想・芸術・癒し 空間
石裂山(ozakusan)瞑想の家
http://www9.plala.or.jp/ozakusan/
***********************************