環境放射線データベース

テーマ:
近々福島の子どもが遊びにくることもあり
当地周辺の放射線のデータを調べてみた。

7月の宇都宮の放射線量のデータをみると、
7日が最高値0.063マイクリシーベルト/時で、
他の日時から比べるとひときわ高い。

http://pc1.kankyo-unet.ocn.ne.jp/websyori/Login!doLogin.action?UserGr=0
(栃木県保健環境センター屋上20m、モニタリングポスト、1時間ごとに計測値を発表している)

七夕は天気が大荒れだった?
記憶定かでない!?
天候を調べると
この日だけ雨、、大雨だった? 
何が理由かは結局はよくわからず、

他のデータを調べていたら
偶然にも
震災前の宇都宮のデータを見つけた。
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/top.jsp  ←★訂正しました7・20・2pm
(環境放射線データベース・・・・日本各地の震災前のデータもみれる)

これで震災前と震災後の比較が可能だ

左記期間の宇都宮の最高測定値と最低測定値を示してみよう

2010年6月  0.049 - 0.036 マイクロシーべルト/時  ★震災前

2011年3月  1.318 - 0.038 マイクロシーべルト/時(最高値15日10時計測)

2011年6月  0.074 - 0.057 マイクロシーべルト/時  ★震災後

2012年6月  0.055 - 0.047 マイクロシーべルト/時

宇都宮では、
先月6月には震災前より3割程度高いところまで減衰し
減衰傾向がはっきり示されている。
数年後には震災前の水準に戻ることを期待してよいのではないか

同じ条件で震災前のデータがあるのは
県内ではこの宇都宮の1箇所のみのようだ。

震災後栃木県各地で放射線の計測が行われているが
計測方法もさまざまで、また途中で変更を繰り返したりして
混乱もあり生のデータをみて一喜一憂していたのが
測定値も安定してきて徐々に気持ちも落ち着いてきたように思える。
宇都宮鹿沼限定の話でしょうか?
より広範な地域でいえるのではないかと思えています。
それぞれのお住まいの地域で
ぜひ検証され状況の理解に資していただければさいわいです。

コメント(1)