放射線量の計測をしました

テーマ:

ozakusanのブログ


茨城の海岸沿いを大洗から北に向かって歩いてみよう
と思い至ったあと
北上すれば福島の
事故のあった原発に近付くことになる
放射線の簡易な計測器が手に入らないか、と
ふと探していると、見つかった。

製品のHP
http://sailorshop.jp/SHOP/79-2991-000.html

身に装着して累積の放射線量をはかることができます。
単位はμSv ですが、小数点以下の表示しません、

8月30日12時に、計り始めて、ずっと動かず、
動いたのに気付いたのは10時間後で 1 μSv となっていました。
気付いたのが10時間後、7,8時間であたりで実際には動いた可能性もあります。
これを時間単位にすると、0.1μSv/h よりは若干高い可能性があります。

以下は計測を始めた8月30からの結果です
計測した日時と測定値(累積線量)を記しました。

累積線量を開始してからの経過した時間で、割ると
単位時間あたりの線量がでます。

月/日/時/累積線量μSv/経過時間h/累積線量÷経過時間 μSv/h
8/ 30/ 12 0 / 0
8 / 30/ 22/ 1 / 10 / 0.100
9 / 3 / 0/ 13/ 84/ 0.155
9 / 7 / 0/ 25 / 180/ 0.139
9 / 8/ 12/ 31/ 216/ 0.144
9 / 12 / 17/ 47/ 317/ 0.148
9 / 14 / 0 / 54 / 348/ 0.155
9/ 17/ 12 / 67 / 432 / 0.155
9 / 19/ 14/ 78 / 482 / 0.162

累積線量(分子)も経過時間(分母)も大きくなっていくと、
累積線量/経過時間の値は変化が少なくなって、だんだん一定値になっていきます。
この値が当地の平均的な放射線量といっていいのか、

計測は、室内であったり、屋外のベランダであったりします。
それによる違いが分かるように上のデータをみたのが、以下です。

月/日/時/ 前計測からの増加線量μSv/前計測からの経過時間h/前掲の増加線量÷経過時間μSv/h
8/ 30/ 12/
8/ 30/ 22/ 1/ 10/ 0.100 茨城旅行
9/ 3/ 0/ 12/ 74/ 0.162 ベランダ
9/ 7/ 0/ 12/ 96/ 0.125 屋内
9/ 8/ 12/ 6 / 36/ 0.167 ベランダ
9/ 12/ 17/ 16 / 101/ 0.158 屋内自室
9/ 14/ 0/ 7/ 31/ 0.226 ベランダ
9/ 17/ 12/ 13 / 84/ 0.155   屋内※雨
9/ 19/ 14/ 11 / 50/ 0.220 ベランダ

ベランダで2,3日置いて計測し
次に室内で2,3日置いて計測を繰り返しています。2,3日をさらに短くすると誤差が大きくなります。
計測値からすると 屋内に居る方が、屋外のベランダよりほぼ3割程度、放射線量が少ない、というのが分かります。

周辺の宇都宮、日光で発表されている計測値とくらべると
大雑把ですが、宇都宮より2‐3倍高く、日光よりやや低い
引き続いて計測を続けます