たるみ治療Dr境のブログ

美容外科医・形成外科専門医 境が
日々の症例を解説いたします。


テーマ:
美容外科で問題となっているさまざまな事象は、
単純に医者の技量や知識の不足が原因
というわけではなく・・
 
道徳・倫理観・気持ちに
起因しているものもあるかもしれません。
 
美容外科医の中には、すごい高給をもらって、
悪どいことばかりしている人もいるそうです。
 
もちろん、組織はある程度お金がないと
存続できませんので・・
心の底からお金儲けを完全否定する
ということはできません。
 
また、こう書きますと、
美容外科医の全員が
「マネーモチベーション一番で働いている」
と思われるかもしれませんが、
そうではありません。
 
いろいろな先生方とお話ししていていると
形成外科医だけでなく、美容外科医にも
お金儲けのためだけでなく、
真面目に頑張っている人間も意外と多くいる
ということが分かってきます。
 
一部の変な医者のせいで、
美容外科医は誤解されているようですが、
意外とまじめな生き物なんです。
 
ただ単にマシーンのように
お金のために働いている医者よりも
 
「一人一人の患者さんと向き合って、
全力で施術して、最高の結果に仕上げたい」
 
そのようなクサいことを
本気で考えている医者の方が
間違いなく良い手術ができるはずです。
 
どのクリニックがお金中心なのか・・
見分け方は比較的簡単です。
 
求人の情報を見て、
成果報酬・インセンティブということを
強調している場合は怪しいと思います。
 
患者さんの顔を見るのではなく数字を見る。
数字で判断したり、されたり、
数字で競争したり・・
 
売上、売上、数字、数字・・
そのようなクリニックでの施術って
ちょっと怖いですよね。
 
また、大手クリニックのように
いろいろなレベルの医者がいるところでは、
最高の仕上がりどころか
良い仕上がりを常に目指すことすら、
なかなか難しいように思います。
 
例えば、「スプリングスレッドが一番いい」
と知っていても、
施術できない医者が多い場合は、
おすすめ施術として押すこともできないですよね。
 
たるみ治療でも、経験の浅い医者が多ければ
照射系治療や注入系治療のように
誰がやっても結果はそんなに変わらない
という施術をすすめるしかないですよね。
 
えっ、不思議なものが売っている。
 
近づいてみると
太っちょサンタさんでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京都内 30代女性 スプリングスレッド相談
 
【Q】
目の下、ゴルゴライン、ほうれい線、
マリオネットライン、顎下のたるみ
 
これら全てをスプリングスレッドで
一挙に改善できますか?
 

【A】
スプリングスレッドは、
ほぼ全顔の改善が期待できる
唯一の施術であると思われます。
 
ご希望されている、
ゴルゴライン、ほうれい線、
マリオネットライン、顎下のたるみまで、
一度の処置でほとんど改善できます。
首も改善可能です。
 
特にほうれい線、マリオネットライン、
顎下のたるみ、首といった
お顔の下半分から首にかけては、
ライバル施術が一切ないと言えるほど
強力な効果を期待いただけます。
 
他の糸や切るフェイスリフト後の方から
100%ビックリされるほどです。
 
しかし、改善の程度については確約できません。
 
もちろん、人から若く見える、
遠目で若く見える、写真写りが良くなる
と言った漠然としたことは確約できますが、
 
このしわが・・などと言ったことは
お約束することはできません。
 
また、若干弱い部位があります。
それは目の下です。
 
目の下に関しては、拝見してから、
別の施術をおすすめする場合もあります。
 

【Q】
麻酔代・薬代などは別途かかりますか?
 

【A】
価格に麻酔代が含まれていますので、
別途で麻酔代がかかることはありません。
 
ですが、2000円~3000円程度の
薬代が別途必要となります。
 

【Q】
目の下のしわ・たるみ・クマが
一番気になっています。
 
スプリングスレッドでは、
顔正面のリフトアップができるとのことですが、
 
目の下の症状を改善して、
ミッドフェイスのボリュームを出す
ということは可能でしょうか?
 

【A】
スプリングスレッドは、
顔正面のリフトアップが可能ですし、
ミッドフェイス部分に
ボリュームを出すことも可能です。
 
ですが、目の下の症状
(しわ・たるみ・クマ)については
あまり変わらないと言われることもあります。
 

 
目黒で見かけた花々や木々。
 
都会では、
かえって緑や花に
目が行きますよね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いくらOPの腕前が天才的な医師であっても、
 
相手の話に聞く耳を持たなかったり、
意思疎通できなかったり、
怖かったり、
苦手だったり、
何となく相性が悪かったり・・
 
会話できそうにない場合は、
絶対に手術は受けてはいけません。
 
施術の結果が気に入らない時や
本当に困ったとき等、相手にしてくれません。
 
本当に困ったときに
もっともっと、ずっとずっと・・
困ることになります。100%必ずそうなります。
 
言いたいことがあっても
 
「こわいので相談できない」
「どうせ話が通じないだろうから・・」
「日本語が通じる気がしない」
 
と泣き寝入りすることになります。
 
まるで言葉が全く通じない
外国で手術を受けたような・・・
 
そして、そのような医師は
そんなに良いクオリティーが出せないように
わたくしは思います。
 
そんな対応をしていると
いつもクレームに追われてしまいます。
 
クレームと言うものは、
手術の100倍疲れますので・・
 
まともな神経では疲弊して
良いクオリティーなど出せないものです。
 
いえいえ・・そうではないかも
そもそも、まともな神経をしていれば
人と人、人間と人間との
普通の会話ができるはずです。
 
クレーム自体を100%シャットアウトして
自分には気にならない・見えない、
なんてことが本当にあるのでしょうか?
 
そしてそんな医者は
忙しい振りが非常に得意で、
あるいは、クレームチックなものは全て
事務長か顧問弁護士などの他の人に
対応させているのかもしれません。
 
自分が引き起こした問題を
全く自分で解決しようとしないので
あたかも自分はクレームと無縁
と錯覚している人すらいるかもしれません。
 
患者さんもそのような医者の施術を
受けたいかどうかよく考えてみましょう。
 
また、もしもの時、万が一のとき、
それぞれのリスクに対して
どのような対応をとってくれるのかを
説明してくれない医師はもっと危険です。
 
いざという時には「知りません」と言って、
責任逃れするに決まっています。
 
でも・・リスクの場合は、
医者が忙しかったり、
面倒くさくて話していなかったり、
確信犯的にそのような対応をとっているのなら
比較的マシかもしれません。
 
もっとひどいのは、
いざという時のことを何も想定していない
という場合です。
 
リスクが頭に無い医者は、
リスクを回避することが極めて下手だと言います。
 
これは大変に危険です。
殺されるかもしれないレベルです。
 
六本木でエビアン発見。
 
そして、かにアンも。
 
エビエビかにかに。えびカニカニ。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。