2011-03-22 18:57:45

【復興】「海、必ずよみがえる」カキの父、気仙沼の畠山さんが再起の誓い|河北新報

テーマ:Kakipedia|カキペディア|百科

[ TOP|記事一覧 ] →オイスター検定マイスター特典

牡蠣百科|カキペディア|Kakipedia|オイスターマイスターになろう!
施設が破壊された養殖場で、再起を誓う畠山さん
=20日午前11時30分ごろ、気仙沼市唐桑町
(出典:
河北新報

 豊かな海をはぐくもうと、気仙沼湾に注ぐ大川の源流域に広葉樹を植える「森は海の恋人」運動。全国的にも知られる運動を20年以上、引っ張ってきた宮城県気仙沼市唐桑町のカキ養殖業畠山重篤さん(67)は、津波で93歳の母を亡くし、養殖場も壊滅的な被害を受けた。失ったものは大きいが...
記事全文を読む

牡蠣復興および被災地救援対策会議
オイスターマイスターになる|オイスターバー半額など特典多数

【Info.】
河北新報社
【Ver.】
2011-03-22公開


【記事保存用】
 豊かな海をはぐくもうと、気仙沼湾に注ぐ大川の源流域に広葉樹を植える「森は海の恋人」運動。全国的にも知られる運動を20年以上、引っ張ってきた宮城県気仙沼市唐桑町のカキ養殖業畠山重篤さん(67)は、津波で93歳の母を亡くし、養殖場も壊滅的な被害を受けた。失ったものは大きいが、畠山さんは「海は必ずよみがえる。自分には海しかない」と再起を誓う。
 畠山さんによると、唐桑町西舞根の養殖場には、20メートル近い津波が押し寄せたという。カキやホタテの水槽がある作業小屋は全壊。たくさんのホタテが、口を開けた無残な姿をさらしていた。
 養殖施設が全滅し、5隻の船も失った。「去年のチリ大地震津波の被害から復旧し、これからという時だっただけにつらい」。海を見つめ、畠山さんはつぶやいた。
 母親は気仙沼市鹿折地区の福祉施設で津波に巻き込まれた。「老いた母を冷たい海に漬からせてしまった」と悔やむ。
 宮城県南三陸町や石巻市、岩手県内の養殖仲間とも連絡が付かない。養殖を再開するにも、今回のような大津波の再来を警戒しなくてはならない。海底に何が沈んでいるのかも不安だが、畠山さんは「へこたれてはいられない」と顔を上げる。
 「これまでの経験だと、津波の後の海は、カキやホタテの成長が倍以上、早い。人間さえ元気なら、海は元通りになる」
 毎年6月、大川上流の一関市室根町で植樹祭を実施してきた。これまでに参加した全国の人などから心配の声が寄せられている。畠山さんは言う。
 「チャリティーのような形で今年も植樹祭をしたい。自分のやることをやるだけさ」
(丹野綾子)
2011年03月21日月曜日
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

牡蠣百科|カキペディア|Kakipediaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

宮城県気仙沼市唐桑町のカキ養殖業畠山重篤さんあなたの情熱が生きる勇気を与えて下さいました。
ありがとうございます。広島より

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。