高配当をうたった架空のエビ養殖事業で多額の資金を集めたとされる「ワールドオーシャンファーム」(WOF)の詐欺事件で組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた同社元幹部、深沢幸男被告(42)の判決公判が17日、東京地裁で開かれた。藤井敏明裁判長は「実体がない事業との認識はなく詐欺の故意はない」として無罪を言い渡した。

 藤井裁判長は「被告はそれまでネットワークビジネスの経験がなく、WOFが詐欺を行っている会社との認識で入社していない。社内では事業の実体や収益性についての質問が制限されるなど、実体のない事業と認識していたとは認められない」と指摘。「同社の破綻(はたん)後も被害者への返金業務に従事していたことなどは、詐欺の故意がなかったことを裏付けている」と述べた。

 事件をめぐっては、同社元会長、黒岩勇受刑者(61)の実刑判決が確定している。

【関連記事】
エビ養殖詐欺で3億5千万求め提訴 被害者の主婦ら260人 東京地裁
エビ養殖詐欺主犯が控訴取り下げ 実刑確定へ
エビ養殖詐欺で投資会社元会長に実刑 東京地裁
エビ養殖詐欺で元幹部に実刑 悪質際立つ
お見合い勧め架空投資話で詐欺

<病児保育>補助金、地域に応じた見直し検討 厚労政務官(毎日新聞)
<無登録営業>FX高配当うたい十数億円集金か 元社長逮捕(毎日新聞)
<長谷川等伯展>東京国立博物館で開幕 3月22日まで(毎日新聞)
<大学入試>龍谷大、欠席者に「合格」通知(毎日新聞)
谷垣氏ら「政治とカネ」追及=17日、初の党首討論(時事通信)
AD