Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2011-07-27 00:30:30

ブログ移転しました

テーマ:ブログ

このたびはアメブロさんからエキサイトさんのサーバーに移転しました。

新URLはこちらです。


http://oyoyoart.exblog.jp/


今後ともOYOYO美術部を宜しくお願い致します。

2011-07-26 16:07:53

マニアックコレクション大会Part3(映像編)

テーマ:レクチャー

間が空きましたが、7月12日の活動報告です。


嬉しいことに新しい方もOYOYOに入部していただいて、新たなメンツを含めて映像コレクション第二弾をICCさんの場所を借りて開催しました。



OYO☆be blog
こぉーんな感じで。


ライブ映像とか、鉄道の映像とか、東京の鉄橋などなどなど。
各々の好きな映像を見せることで、その人の嗜好や趣味が見えてきて楽しいものです。


やっぱり最期はこのお方です。



OYO☆be blog

どこのメディアにも出没していますねー。


崖っぷち部員Mがお送りしたしました。

2011-07-09 22:01:38

「デジカメdeフィギュアを撮る」の巻

テーマ:レクチャー
「いい加減ブログ更新しろってんだ!」とワタクシの良心が怠け心に渇を入れてきました。
活動近況報告です。

7月5日はデジタル一眼に精通している、写真部Kさんを講師に
「デジタルで可愛いフィギュアを撮ってみよう」
の回でした。

いや、もう、美術部とか写真部とか音楽部とかの所属の
垣根が全く無くなっている

のが最近のOYOYOです。


OYO☆be blog

ライティング設定。




OYO☆be blog
デジタル一眼で。


OYO☆be blog
コンパクトデジタルで。


OYO☆be blog
あーら、可愛い。

とりあえず、デジタルカメラなら何でもOK。
携帯のカメラでもOK。
光の調整次第で携帯でも綺麗に撮れます。

ちなみにこの画像はすべてiPhone3Gsで撮影させて頂きました。

カメラの問題じゃない。
何を撮りたいかの問題だ。



で、なんでフィギュアなんですか?って?
そこは、考えてはいけません。


崖っぷちポンチ部員Mがお送り致しました。

2011-05-08 14:41:00

児童画の見方

テーマ:レクチャー


OYO☆be blog


みなさまは子供のときに描いていた絵を

覚えていますか?

子供の描く絵は不思議。

大人とはもののとらえ方が違って、魅力がある。


4月19日のOYOYO美術部では、

柴田氏による「児童画の見方」講義が行われた。


子供の絵は、

1~2歳になって腕が自由に動くようになると、

殴り書きとして始まる。


そこからだんだんと独特なイメージが生まれてくる。

その頃はみな絵を描くのが大好き。


「頭足人」と呼ばれる、顔に手足のついた絵を描き始める。

単に認識が幼いからではなくて、

どうやら大人とは世界認識の仕方が違うからのようだ。


やがて小学校低学年ぐらいになると、

透視図のような「レントゲン画法」で描き始める。


ほかにも、太陽を赤く描くのは日本だけなのか、

おもらしすると絵の色が変わる?


といった魅力的なお話を聞くことができました。

2011-04-13 13:07:05

満員御礼☆『ハーブ&ドロシー』佐々木芽生監督トークイベントショウ

テーマ:イベント
こんにちは。
4月5日はドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー』の監督・プロデューサー佐々木芽生さんのトークイベントを、無料で開催致しました。

さすが無料
恐るべし無料

映画のファンから、映像関係者、アート関係者、クリエータの方などなど、様々なジャンルの方々がお越し下さいました。
ホールは珍しくでびっしり。立ち見の方もいらっしゃいました。
満員御礼です。ありがとうございます。

フライヤー表
OYO☆be blog

フライヤー裏
OYO☆be blog

佐々木芽生監督のプロフィール

OYO☆be blog
(※画像をクリックすれば拡大表示されます)


OYO☆be blog

映画内のハービとドロシー夫妻。
(※イメージで描かせて頂きました)

監督がおっしゃるには、元々のこの映画は、監督自身が
「デジカメもってハービー夫妻を追いかけて30分のドキュメンタリーでいいや」
の軽い気持ちのコンセプトから始まったモノらしいです。

しかし、実はこの夫妻。アート界ではかなりの大御所であるということが判明。
「これは本気で映画にしないと、いかん!!」
と映画としてのプロジェクトが大きくなったそうです。

今回のトークで最も印象的だったお話は、映画にせよ何にせよモノ作りには
人とのコミュニケーション能力が大事
です。

取材対象のハービー夫妻にも、長い時間をかけて根気よく取材・インタビューして、ようやく彼らの滅多に他人には見せない部分も引き出せた。
そして、結果、良いシーンが撮れた。
BGMの音楽担当者にも、
「うん。最高の音楽だよ!!CDにしてもいいくらいだ!でも、もうちょっとここはこうして欲しいかな!?いや、でも実にすばらしい音楽だ!!」
と上手く『アメ・ムチ・アメ』(※監督は『褒め言葉のサンドイッチ』と云っていました)を使いこなして、ベストな音楽を作らせる……などなど。

いや、ほんと勉強になりました。
アーティストとかクリエーターって、なんとなく引きこもりのクローズドなタイプっというイメージがありますけど、(実際にはそういう人間はたくさんいる)、それじゃ、ダメなんですね。

やっぱり、人とのつながり。コミュニケーション力です。
これは、ほんとうに、どの業界にも通じるものだと思います。


|ω・)<今回の記事もナゾの影武者・ヘルパーMでお送り致しました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。