お客さま視点販促プランナー”おやじひめ”のちょっとタメになる話

「売る」「買う」そんな単純な関係だけが「お客様」でしょうか?
「お客様」は、人間です。あなたの声、目線、その一言で商品が欲しくなったり、欲しくなくなったりするのです。70%「おやじ」30%「女子」の「おやじひめ」の目線でちょっとだけタメになるお話させて頂きます。


テーマ:

お客様視点販促プランナーおやじひめです。

先日訪れた、初  巣鴨。
何を買った訳ではありませんでしたが
わくわくしました!

{31A004EB-75B7-407F-A26E-182ED4F82CC6}

さて、
今日のテーマ
「安かろう良かろうは、中級品」

昔から
「安モノ買いの銭失い」
「安かろう悪かろう」

なんて諺があるくらいですから

価格の安いものは、耐久性や素材などの品質が劣る。
という概念や実例が存在しているのです。

最近は、「安かろう良かろう」を目指して
努力されてる企業様も増えています。

私たちお客様からすると、

「安かろう良かろう」はありがたいですが
「安い」ということに対して「妥協」している点も有るので、「安かろう良かろう」は、中級品扱いとなってかえって困るな。
という面もあります。

長く使うものは、「高くても気に入ったモノ」を買う。

消耗品のように寿命が決まっているモノは、「安い」モノで頻繁に買い換える。

など割り切った買い物をしています。


私も
「安い」モノで大切にしているものは有るか?と家の中を見回してみましたが、やはり無い。

断捨離と称して捨ててしまうのは、いつも「安い」モノ。

何でしょうね???

一番の理由は、

飽きてしまうから。


こればっかりは、
企業努力しても
どうしようもない。

「安かろう良かろう」では無く


「良かろう」

その努力だけで良いのではないでしょうか?
と思います。
「安い」って言われると

「量が少ないのか」
「ウソついているんじゃないか?」
「きっと、どこかにシワ寄せがある筈」
などと疑ってしまうのも 消費者心理ですからね。

「良かろう」商品で
その結果の価格であれば、
私たちは、納得して買いますから。

あえて
「安かろう良かろう」
などと言わなくても良いものを。
と思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。