両親の離婚を経験した子供達へ

僕は5年前に20年ぶりに父さんと会って話をしました。自分と向き合い、家族と向き合う大切さを書いています。

僕が父さんと20年ぶりに会い、その後、父さんと一緒のステージに立った時の事をドキュメンタリー映画となっていますので、ぜひご覧ください。(英訳もしていますので、英語字幕でもごらんいただけます)


20年の歳月を越えた親子の絆~僕は父さんと同じステージに立ちたかった~




2012年8月19日の親子関係の講演会は、たくさんの方に来て頂き、無事に終了しました。ありがとうございました!


2012年9月22日の名古屋での講演会も無事に終わりました。


今回の名古屋の講演では、中京テレビからの取材も来て、様々な団体の方が大阪や東京からも来ていただいていました。


その時のダイジェスト版はこちらです。




2012年11月20日に、関西情報ネットten!に、2012年11月28日に、news every.に、2012年11月30日にテレビ派に、親子関係の特集で、テレビ出演させていただきました。


この他にも、テレビの出演などがございましたら、お知らせします。


2012年12月19日に、代々木公園野外音楽堂で、キミドリリボン主催の親子関係のイベントに、出演させていただきました。


一組でも多くの家族の絆を結びなおすきっかけになるように、これからも活動していきますので、よろしくお願いします!

●誰かを憎んでいかなければ、両親の理不尽な離婚を乗り越える事が出来なかった

 

どうもです。満野和敏です。

 

両親の離婚。

 

それは子供にとって、不条理以外のなにものでもない出来事。

 

自分ではどうしようも出来ない出来事。

 

自分の中で生まれた、怒りや悲しみ。

 

誰も受け止めてくれる事なく、苦しみ続けた。

 

大人は、両親のそれぞれの肩を持つ人はいたけど、子供の僕の気持ちを聞こうとした人は誰一人いなかった。

 

この理不尽な状況の中で、生まれる引き離し。

 

僕は何もしてないのに、父さんと母さんと自由に会えなくなる。

 

二人が出した結果に従うしかない子供。

 

自分が選択した結果じゃないからこそ、乗り越え方もわからなくて、だからこそ、人を恨んだ。

 

恨む事でしか、乗り越える事が出来なかったから。

 

笑顔で乗りこえられるわけがなかった。

 

この不条理な出来事を、ないものとして、扱う事も出来なかった。

 

だから、両親を恨んだんだ。

 

だから、今は思う。

 

子供達に今恨まれてると感じる事があるとしたら、あなたを本当に恨んでるわけじゃない。

 

その子達は人を恨む事でしか、乗り越え方がわからなかった。

 

だからもし、子供達に会う時には謝罪もいいけど、気持ちを聞いてあげてほしい。

 

子供達の気が済むまで。

 

そうしたら、子供達の心も自然と開かれていく。

 

これは、同居親、別居親関係なく。

 

離婚してから、同居親が別居親の事を悪く言えば、形上は子供は同居親の味方をするだろう。

 

でもね。

 

同居親が自分の味方をさせる為に、別居親を悪く言って、子供の気持ちを操ろうとしてた事を知ったとしたら、子供は間違いなく、同居親を恨むだろう。

 

子供が言う事を聞かないのは、親の言う事を聞かないからじゃない。

 

親が子供の気持ちを聞いてあげないから。

 

ただ、それだけ。

 

コミュニケーションとは、双方の意見を交わす事だとするなら、一方的に言う事を聞かせようとする事が、コミュニケーションと言えるだろうか。

 

子供はいつでも声にならない声をあげている。

 

でも、この声をひろってくれる大人があまりにも少なすぎる。

 

子供が親を恨むのも、親が憎いからじゃない。

 

そうする事でしか、乗り越える事が出来なかったんだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(7)

●自分を大切にしない親は子供を傷つける


どうもです。満野和敏です。


僕は両親の離婚後の子供達と話す機会がありました。


そして、子供達が感じている事をたくさん聞きました。


また、同居親の方や、別居親の方の話なども聞かせて頂きました。


その中で、僕は必ずと言って良いほど、親の方に自分を大切にしてくださいと言いました。


でも、ほとんどの方から、自分の事より子供が大切ですからと言う答えを聞きました。


この言葉を聞くたびに、僕の真意は伝わっていないと感じていました。


僕が伝えたい事はですね。


親が子供に自己犠牲の上に成り立つ愛を教えると、子供は罪悪感を抱えて、自己否定をし、そして、自己犠牲の上に成り立つ愛を覚えてしまうんです。


子供は敏感です。


そして、子供達の多くは、両親を幸せにしたいと思ってるんですね。


そんな、自分が親を幸せにするどころか、自分が重荷になって、親を傷つけている。


自己犠牲をしている親を見て、そう感じるんですね。


そして、私がいるせいで、両親は幸せになれない。


私がいるから、両親を傷つけている。


そうやって、子供達は自分を否定していってしまうんですね。


だからこそ、子供を本当に大切に思うのなら、自己犠牲の上に成り立つ愛を示す事をやめてほしいんですね。


そして、子供が一番嬉しい事はですね。


両親が幸せでいてくれる事なんです。


だからこそ、自分を大切にしてほしいと言う事を伝えさせて頂いているんですね。


両親が幸せであればあるほど、子供達も自分の幸せに許可を出す事が出来るようになる。


両親が自分を大切にしない生き方を子供に見せると言う事は、自分を大切にしない生き方を子供に教育している事でもあるんです。


だからこそ、子供に教育をするのなら、自分を大切にする生き方を見せてあげて、教えてあげてほしいのです。


そうすると、子供は自分を大切にすると言う事を自然に覚えていきますから。


このように伝えると、見せたくても見せれないんだよと言う方もいるかもしれません。


でも、それでも自分を幸せに生きる生き方をしてほしいんです。


子供達からすれば、両親は自分の生き方のルーツなんです。


会えない間でも、会えた時でも、自分を大切にしている親を知るのと、自分を大切にしていない親を知るのでは全く違います。


今は会えていない方も、いつか会える時が来た時の為に、自分を大切にした生き方をしていてほしいんですね。


自分を大切に生きる事は、自分を否定して生きる事より難しい事かもしれません。


目の前にある、様々な不幸の種を見て、否定をするかもしれません。


でも、不幸の種ばかり見て、その花を咲かせても、それが実になり、受粉する時に何が起きるかと言うと、その受粉場所は子供になるんです。


DVでも子供がマネをすると言うのは、知らず知らずのうちに親が子供に教育しているからです。


これは貧乏でも同じです。


貧乏な生き方を見せ続ければ、子供はその生き方をマネします。


もちろん、それでもDVをしなかったり、お金持ちになる子供達もいます。


それはですね。


子供達が親の教育から離れて、自分を再教育したからです。


再教育を本当はしなくても、親に教えてもらってたら問題は無かった話なんです。


だからこそ、自分から発信されるものを考えた時に何が大切かって、自分を大切にする生き方を示す事なんですね。


親が幸せで子供が不幸と言う事はありえません。


親からもらった幸せの種は実を結びます。


だからこそ、親がまずは自分を大切に生きる生き方を実践してほしいんです。


大切な子供達の為に。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(8)

テーマ:

●20年間会う事も向き合う事も出来なかった親子が向き合った物語


どうもです。満野和敏(みつのかずとし)です。


とうさん、かあさん、ぼくのことすき?~親子の絆を通して愛を知る~を読んだ後に、ぜひ、ご覧下さい。


そうすれば、より深く、ドキュメンタリーの内容が入ってくると思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●元親と言うのは存在しない


どうもです。満野和敏(みつのかずとし)です。


親子関係って、色々な形があります。


生んでくれた親や、育ててくれた親。


生んでくれた親が厳しくて毒親と言う親もいるでしょう。


でも、僕が思う事はですね。


自分の親を否定している時って、自分を否定している事に繋がっているんですね。


親を否定している子供は総じて、自分に自信がもてない子が圧倒的に多いです。


自分に自信が持てないから、閉ざす子や暴れる子もいれば、自分に自信が持てないから、がむしゃらにがんばる子もいます。


どちらも、自分に自信が持てないから出る行動です。


自分に自信が持てないと言うのは本当にツラい事です。


でもですね。


そんな時は、自分の中にある欠乏感を見てほしいんですね。


何を求めているのか?


それは認められる事なんですね。


幼少期に否定された苦しみが劣等感となって、欠乏感を生んだ。


例えば、子供の頃親に凄く怒られて自信が無くなった。


やりたい事をやってたら怒られた、だから私はやりたい事をやってはダメなんだ。


そうやって、自分の中に劣等感が生まれていったんですね。


でもですね。


親が怒った事はあなたを否定したのではなくて、親も親として完璧じゃないと言う事です。


完璧な親なんてこの世にいません。


オールマイティな親なんてこの世にいません。


親だって、親から受けた劣等感を抱えて生きています。


それを手放すか試行錯誤しながら生きています。


そんな中で、子供に無意識のうちに自分が受けた劣等感のバトンを渡してるんですね。


それで、そのバトンをあなたは受け取ってしまった。


このバトンを持っている以上、あなたに子供が出来れば、今度はあなたが、子供に無意識のうちに劣等感のバトンを渡してしまいます。


ここで出来る事はですね。


親だって未熟で、親が抱えていた劣等感のバトンを私は渡されたんだ。


この劣等感はもともと私のではないから必要ない。


そうやって手放すんですね。


そうする事で自分が楽になって、そのバトンを子供に受け渡さなくて済むのです。


それでタイトルの元親と言うのは存在しないですが、親はどこまでいっても親です。


例え、どんな親だろうと親は親です。


もし、親に苦しい目に合わせられたなら、それ許そうよとは言いません。


でも、傷ついた自分をいつまでも劣等感の中に住まわせるのはやめてた方が良いです。


子供を容易に傷つける親は、親としてもっとも未熟な親です。


その親から受けた傷をバトンをいつまでもあなたが持つ必要なんてないんです。


あなたは元々は劣等感なんかなかった自由な存在だった。


だから、自分はいつでも自由な存在に戻る事が出来る。


そして、負の連鎖を、自分の手で止める責任がある。


自分の為にも。


親から受けた傷を一生涯背負って生きているなんてバカげてる。


そんなもの捨ててしまって、もっと自分の人生を大切にしよう。


人生なんて無限にあるわけじゃないし、自分の人生は今自分が生きてるのだから。


もっと、自分を大切にして、自分を愛そう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
●子供達も両親と同じように離婚について悩んでいる

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

満野和敏(みつのかずとし)です。

今日はこの曲に、両親の離婚を経験した方からコメントを頂きました。



コメントの内容を抜粋すると、このような内容です。

私は1年程前に親が離婚して
自分が分からなくなって来て
今も立ち直れていません
今は少しだけ学校に行ってます
この歌を聴くと涙が出て来ます
でも何だか心が落ち着きます
自分が思ってる事が分かってくれてる気がして
安心しますよー(笑)
誰にも言えなかった悩みが
言えた気がして
この歌 サイコー❗️
長文失礼しました~


僕はこのコメントを読んだ時に胸が熱くなりました。

そして、この曲で救われる子達がいる事を嬉しく思いました。

僕がこの曲を書いたのは、両親の離婚で苦しんでいる子供達の心が軽くなるようにとの思いで書いた曲だからです。

多くの子供達は、誰にも相談出来ずに人知れず悩んでいます。

大人のようにたくさんの選択肢があるわけでもありません。

ほぼ、自動的に決まる出来事の中で、従うしかないんですね。

だから、多くの子供達は、自分の心がついていかないままに、両親と離れ離れになって、新たな生活がスタートすると言う事が多くあるんです。

なので、誰にも言えずに辛くて、でも、誰に相談して良いかもわからない。

母さんにも父さんにも言えない。

どの大人に頼れば良いの?

そんな風に思い悩みながら、過ごしている子達は多いんですね。

だからこそ、周りの大人が手を差し伸べてあげてほしい。

でも、この声も届かない事が多い。

だから、曲を書いたんですね。

子供達の心が少しでも救われるように。

多くの大人達に、子供達を救ってほしい。

両親の離婚に悩んでいる子がいたら、この曲やブログをシェアして欲しい。

一人じゃないよって。

同じ経験をした人がいるよって。

そうやって、一人一人の優しさが社会全体の輪になって、多くの子供達を救うきっかけになると思います。

今日は久しぶりのブログですが、楽曲についたコメントを見て、ブログを書きたくなったので書きました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

●子供の気持ちを一番に考えろとは言わないけど


どうもです。満野和敏(みつのかずとし)です。


子供の気持ちを一番に考えて欲しい。


と言うのは、なかなか難しい事かもしれません。


また、親は、自分の全てを犠牲にしてでも、子供の事を優先してほしい。


とも思いません。


ただ、僕が思う事はですね。


子供の気持ちも聞いてあげてほしいんですね。


子供の自由を奪わないであげてほしいんですね。


親が自分ばかりを優先して、子供の気持ちは無視する。


そしたら、親は自由で、子供は不自由。


これはおかしいですよね。


そうなると、親子関係に必ず問題が出てきます。


ですので、親は自由で、子供も自由。


そんな風に、子供の選択の自由も認めてほしいんですね。


最初から選択の自由が無いと言うのはツライです。


だから、親も子供も自由に選択出来る形が良いですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

●子育てをした事無いから言える言葉もある


どうもです。満野和敏(みつのかずとし)です。


子育ての悩みについて語ったりしている時に、このような言葉を言う人がいます。


子供も育てた事無いのに、えらそうな事を言うな!!


そして、このような言葉を言う人にこう返す人もいます。


子供をまともに育てられてないから今悩んでいるんじゃないか!まともに子育ても出来てないのに、えらそうな事を言うな!!


このような事の言い合いは、ただの論点違いの争いですよね。


じゃあ、子育ての悩みについて、語って良い人とはどういう人でしょうか?


理想は、子育てを完璧にこなして、あらゆる悩みを解決して、今、家族関係が最高にハッピーで、親も子供達も成功している人。


このような人の言葉は、間違いなく響くでしょうし、学びにもなりますよね。


でも、実際にこのような人が、この世にどのくらいいるのでしょうか?


いたら、切実に会ってみたいです。


ぜひ、紹介して欲しいです。


話はそれましたが(笑)


子育てに悩んでいる人も、子育てをした事が無い人も、それぞれ子育てについて語れば良いと思うんです。


それはですね。


視点が違うからです。


多角的に物事を見るからこそ、自分の視点では見えなかったものが見える。


私からは三角に見えてたのに、彼からは丸に見えてた、また別の人は四角と言った。


これはそれぞれの真実で、それを複合的に合わすと下記のような形になります。


まるさんかくしかく

ネットからの拾い画です。(製作者さんありがとうございます。)


これが色々な人の言葉を合わせたら浮き出てきたものです。


そして、これがその悩みを解決する重要なものとなってくるんですね。


なので、それぞれの意見が自分と違うからと、間違えていると排除するのはもったいないんですね。


それぞれの答えを合わせて見えてくるものがあるから。


子育てをした事無い人が言える言葉。


それが子供の視点での言葉です。


親にはなった事は無いけど、子供にはなった事がある。


そして、子供の頃の悩みや、子供の頃の悩みの解決の体験談など、違った角度で話をする事が出来ます。


また、人それぞれ体験が違うので、そのどれもが悩みの解決の糸口になるようなものです。


なかには反面教師としての言葉もあるかもしれません。


役に立つ言葉もあるかもしれません。


それを自分の価値観と違うからと頭ごなしに排除してしまうのは違うと思うんですね。


どんな意見も頭から否定せず、そのような意見なんだなと一度見た上で、選べば良い。


結局、自分が悩んでいる時は、自分の中にある価値観に歪みが出来ているから、問題が起きるわけで、それを解決するには、自分の価値観とは違うものを受け入れていく。


そんな自分の難題に取り組む瞬間でもあるんですよね。


ですので、人の言葉を自分と違うからと排除せず、何かそこに新たなヒントが隠されているんじゃないか?


そんな風に耳を傾けてみたら、またひとつ自分の人生が豊かになるんじゃないでしょうか。


ただ、ひとつ言える事は、それぞれの人生の幸せになる方法について語っていると言う事。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

●家族の絆って何?


どうもです。満野和敏(みつのかずとし)です。


家族の絆って何だろう?


全て、自分の思い通りにする事?


何だろう?


僕が思う、家族の絆って、みんながみんなの事を尊重しながら、過ごす事が出来る事。


そんな風に思う。


でも、実際は、自分の思いを相手に押し付けて、相手も自分の思いを押し付けて、平行線で進まない事もある。


ただ、そんな時は、自分の本来の思いを思い出すようにしている。


僕はどうしたかったんだっけ?


そうやって、自分の本来の思いを振り返ると、自分の言動や行動もフラットに戻っていく。


問題が起きる時って、自分の本来の思いから、かけ離れている時。


そんな事に気づいたら、自分らしく生きる事って、本当に大切だなって思う。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
●子供の気持ちを知りたい方へ

どうもです。満野和敏(みつのかずとし)です。

今度、僕が経営しているライブハウス39で、かみさまのやくそくと言う作品の上映が決定しました。

この作品は、どうして子供が生まれてきたのか?

そういう事を実際に語っているドキュメンタリー映画です。

この作品を見る事によって、救われる人が多いと感じたので、このブログで紹介させていただきました。

僕自身もこの作品を見て、自分が生まれてきた理由や、周りの人達や子供達が生まれた理由などを知り、胸が熱くなりました。

多くのお父さんやお母さんに見てほしい作品です。

下記がかみさまとのやくそくの予告編です。



子供の気持ちを知る事が出来る「かみさまとのやくそく」をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。
いいね!した人  |  リブログ(0)

●親の愛はストレートには伝わってこない


どうもです。満野和敏(みつのかずとし)です。


母さんや父さんの僕への思い。


どんな思いを抱えていたのか知りたかった。


どんな葛藤をしているのか知りたかった。


どんな苦しみを背負っていたのか知りたかった。


どんな風に愛を出しているのか知りたかった。


何を考え、何を感じ、何に苦しみ、何に喜ぶ。


親の事を僕は何も知らなかった。


同様に、親も僕の事がわからなかった。


そらそうだ。


お互いが、自分の思いをさらけ出さないから、わかるわけがなかった。


でも、わからないからと、さらにさらけ出すことをやめた。


だから、もっともっとわからなくなっていった。


当たり前だね。


わかんなくて。


だって、お互いに話さないし、お互いに聞かない。


相手が話さないとか、聞かないとか関係ない。


自分自身がオープンマインドで100%自分を開いていたかって事。


相手に心を全部さらけだしていたかって事。


心をさらけ出すという事は傷つく事。


心をさらけ出すという事は愛する事。


心をさらけ出すという事は受け入れる事。


そんな風にして、自分の心をさらけ出していたかって事。


人と人とは、素直に進まない。


どれだけの愛を持っていても、ストレートに相手には伝わらない。


だからこそ、言葉がある。


だからこそ、コミュニケーションが必要。


そして、何より自分の心を相手にさらけ出す事が必要。


たとえ、傷つく事がわかっていたとしても。


そうする事によって、より深く相手を自分を知る事が出来る。


書くのはカンタンだけど、やる事は難しい。


誰だって、傷つく事は嫌だからね。


でも、傷つく事が出来るのも生きてる間だけだからね。


傷つく事をさけて、大切なものまで避けちゃう。


それじゃ、本末転倒だね。


あなたの愛を相手に伝えたかったら、相手の愛を受け入れてあげたかったら、心をさらけ出すしかないね。


いっぱい傷ついて、いっぱい笑おう。


それも生きてるからこそ出来る事だからさ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。