~幸せが実感できる社会を目指して~「オヤモコモ」代表の山下千春のブログ

幸せの価値観って人それぞれだと思います。子どもたちの幸せを願う親として、まずは自分の幸せを見つめてみませんか?笑顔の親子が増えることを願って...。

2016年度がいよいよスタート!

佐賀市高木瀬の「オヤモコモ」は乳幼児の子育てをしている親のための会員制コミュニティ活動、小学生の生きる力を高める野外活動を中心に行っています。 また「まぁるい抱っこからうまれた抱っこピローRACCOも好評発売中です!

今年度のオヤモコモはこれまで立ち上げてから過去4年間で学んだことをすべて活かした形で、いっきに理想に近づきます!
なんのために立上げ、そしてくじけそうになってもここまで続けてきたのか・・・。

それは、「本当の幸せが何なのか?」に対する疑問、子どもを育てる中での幸せ、自分自身の幸せ、などそこが漠然としたまま日々を送っていたことがきっかけで、もっともっとみんなで幸せを追求して、本当の意味で「幸せ」を実感しながら子育て、そして自分の人生を生きたいと思ったからでした。

新年度スタートで、オヤモコモは更に母親たちの力を高め、他にない力のあるコミュニティに変化します!!会員(仲間)登録も随時募集中です!どうぞよろしくお願い致します!

オヤモコモ 山下千春

http://oyamokomo.com/

テーマ:

毎日24時で日付が変わっているのに、今日は日付だけでなく年が変わってしまう!

ただ2016年が2017年になるだけなんだけど、でもせっかくなので節目を意識して、自分への誓いなども含めて、考えるだけではなくブログに残しておきます。

2016年の最大の変化はスタッフ2名を迎えてチームでお仕事をがっつりやることに挑戦したこと。これまでのコミュニティ運営に加えて、昨年商品開発して販売にこぎつけた抱っこピローRACCO&ネドコBAGのお仕事が加わって、これまでになく緊張感を持って新しいことへの挑戦が続きました。

2012年2月にオープンして以来、子育て支援に違和感を抱き、お母さんたちが孤立さえしなければ....、もっと繋がりがあれば、不安や悩みも解消出来るし、親も子どもワクワクすることを自分達で創り出して、楽しく過ごせるのに....。

そんな環境が創りたい!と思っていたので、そのためにオヤモコモを育てていくことに必死でした。

でも、、、何だかやっていくうちにまた違和感を感じていきました。
親も子どもも楽しくイキイキと過ごせる環境には何が必要なのか。

私が場所を借りて、ここを求めてくる人に楽しんでもらえるような企画をして迎える日々。
やってもやっても、何だか私は満足しない、
そこには何かが欠けている、

そんな気がして心がザワザワ。

参加者同士仲良くなって楽しそうにされているのを見ていて、

私の気持ちはどうなのか?

正直満たされていかなった。。。


過去の私みたいに不安で子育てが楽しめない人に笑顔になってほしい、
私はその支えになれたら、

とわたし自身がまだこども3人抱えて、オヤモコモの運営で資金繰りも上手くいかない状態で誰かのために....と頑張り続けることには限界がありました。

それともう1つは、その場の表面的な楽しみを求める活動ではなく、その人自身が心から幸せを実感して生きていくことの方が大切だな~、なんて、考え始めたんです。

例えば「美味しいものを一緒に食べる」

それはもちろん嬉しい時間です。
でも、ただの気晴らしだけで終わるような時間の積み重ねにあまり意味を見いだせない自分もいました。どんどん理想が高くなったり、欲深くなってきたということだと思います。


2012年のオヤモコモをやろう!と思い立った時から日々を過ごす中でどんどん自分の浅はかさに気付いたり、無力さを感じたり、振り返れば本当に心が落ち着かず、苦しかった。
更には自分の家族を大切に出来ずにもがいていた時期も重なりました。
 

あーーー、、、、もう書いているだけで思い出して苦しくなってきます....。

でも、オヤモコモを辞めそうになっても辞めなかった。

そこにはいつも誰かが支えてくれた。時には自分から見つけ出して今の自分を卒業したくて必死で学びに通ったり、お金も時間もたくさん使いました。

そして2016年の始まる頃まではまだまだ苦しかったけど、一緒にオヤモコモを成長させてくれるスタッフと出逢い、RACCO販売においてはさまざまな形でサポートを受けながら一生懸命業務を行ってきました。

そして、今2017年に向けて何を想うのか....。

私たちオヤモコモは子育て中の方が出逢い求めて彷徨っていらっしゃることを知っています。
そして、その出逢いが熟して、心を開いて支えになるような関係になることを願っていらっしゃることを知っています。
子育て中の女性が自分の生き方について漠然とした不安を抱いていらっしゃることを知っています。
子育ての時期の尊さをわかりながらも、社会と孤立することへの不安も高まり、仕事していないこと、お金を稼げないことに不安を感じていらっしゃることも。

他にもこの5年間に出逢ったたくさんのお母さんたちの本音、そして自分自身も経験してきたことを通して、子育てをしている女性の理想と現実にギャップが有り過ぎる現実があり、それを解決するためには、もうやるしかない!ということを痛感し過ぎています。



何をやるしかないのか???

それは、いろんなところある「片思い」を減らすこと、じゃないかな~と漠然と思っています。


まだ漠然としています。例えば国は子育て支援に多額の税金を使っています。
女性の活躍社会を理想と掲げ、さまざまなことを国が、県が、取り組んでいます。


でも、届いていないんです。片思いになっていることってすごくあると思うんです。
どうしたら実情にあった形で相思相愛になるのか?

それはもう「コミュニケーション」しかない、ですよね。

恋愛でも、親子関係でも夫婦関係でも、何でも、人と人は想い合っていても、それが一方的だと結果はアンハッピーなものになります。

家庭でも職場でも、上手くいっていないところには「もったいないコミュニケーション」が存在し、そこにはリーダーシップを発揮できる存在が欠けている場合が多いと思います。


あ~、もどかしい!!

私もまだまだ家庭でも仕事でもコミュニケーションがもどかしいことってすごくあるので、絶賛修行中の身ですが、もうそこをもっともっと磨いて、相思相愛の社会になるために2017年はアグレッシブにいろいろなところに働きかけていきます!!
(これが2017年の目標です!)





2017年、オヤモコモは6年目を迎えるにあたって、バージョンアップをかけて気合いを入れています。

子育て真っ最中のスタッフばかりということもあり、妊活中だったりで急な欠員が出ることも有りえます。だからこそ、リスクを最小限にするためにも来年は新しいスタッフを迎え4名体制で心機一転スタートします。




まずはスタッフ間のコミュニケーションを大切に!
小さな会社なのでそれぞれがその部門のリーダー。
仕事を任せるためには信頼関係が一番大切。
納得がいくまで話し合います。




笑顔の時もあれば、涙が溢れてしまうことも...。
でもみんなが相思相愛で、同じ方向を向いていれば傷つけ合うことはありません。



2017年、オヤモコモは迷わずに進みます!
もうやるしかない!
子育て支援ではなく、相思相愛の社会を創るために。



オヤモコモを応援して下さるみなさま、2017年も引き続きよろしくお願い致します!!そして全国で同じような想いを抱いていらっしゃるみなさまと繋がって知恵を出し合い、大きなうねりにしていきたい!と意気込んでいます。
佐賀から大きな想いを発信し、行動し続け、必ず「なりたい社会」を創っていきます!



オヤモコモ代表 山下千春




 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもの頃は少なからず「親」の目や親の意向が気になっていたし、結婚後、そして出産後、どんどん「わたし」より周りを優先するようになっていたんです。

今のわたしだけを知っている人には信じられないかもしれないけど。。。


いつの間にか、嫁という立場になり、母と言う責任を負い、「わたし」にとってご飯より大切なはずの「ワクワク」を感じる瞬間がどんどん減っていき、、、

たぶんその頃の私は上手に笑うことさえ出来なくなっていたと思います。




つい先日、平日にお仕事よりも自分の好きな時間を優先した時の写真。

「あ、私って今すごく幸せそうに笑えてる。」

と、気付いて嬉しくなりました。

この日は8時前に家を出よう!と決めて、朝グダグダにならないように子どもたちの送り出しに気合いを入れて(笑)、お弁当も夫と長男に持たせて、犬のくうたにも大好物の手作りご飯をあげて、さぁ出発!といつもより楽しく朝の時間を過ごしている「わたし」がいました。

毎日の仕事も自分が好きな場所で好きなことをやっているので、楽しく過ごしているんですけど、仕事より遊び、がやっぱり楽しい♪

苦しかった時の私は、何かしたいことをする時は罪悪感に苛まれていて、

心から楽しめてなかったな~。

私は人の表情からさまざまなことを読み取ってしまう癖?があって、心から笑っていない人、何かを抱えている人の表情とか、過去の自分と重なったりして、すごく気になってしまいます。

最近はよく相談を受けた際に、思ったことを愛を持って伝えるんですけど、涙を流されることが多く、、、私厳しいこと言い過ぎたかな?と気になったりします。


「自分の気持ちをごまかさないで!」

という気持ちになって言葉を発することが多いかな。

「わたし」の気持ちではない、誰かのことばかり気にして生きている人を見るとつい。。。

「人からこう思われているんじゃないか?」

そんなことでウジウジ悩む時間があれば、「わたしはこう思う!」と自信を持って言えるところまでしっかり考えてみたら?と思ったり。

私だってまだまだ失敗を恐れて動けなくなることもありますし、弱い自分と闘っています。

でも、笑っている時間が断然多くなった気がするし、何かマイナスなことが起きてもすぐに気持ちを立て直せるようになってきていると思います。




30代もあと残り半年。
34才の時に「オヤモコモ」という個人事業をスタートして、丸5年が過ぎようとしていますが、出来ないと思っていたことが1つ1つ出来るようになって、人生を着実に成長しながら歩んでいるという実感があります。

出来るかどうかを考える時に、「まぁ失敗してもいいからやってみるか!」

と思える思考の癖は大切ですね。



「わたし」を優先する生き方。


誰と過ごすか?何をするか?は自分で選べるんです。


自分の感じる幸せな日々に感謝して笑顔で生きていれば、自然と心地良い人を引き寄せることが出来て更に幸せが増していき....

そこには「愚痴」とは無縁の世界が存在している。





旅に出よう!

Life is a journey.



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

心のバイオリズムとか、そういうのを勉強した訳ではないけど、感じたように生きていると面白いほど、自分という人間が一定ではないことを痛感します。

人に会いたい、話したい、きれいな景色がみたい、刺激を受けに行きたい、と外へ外へ向かう時があれば、必ず反動で、どこにも行きたくない、自分の内側と向き合いたいという時がやってくるんです。


子どもが学校に行きたくない時とか、大人が仕事に行きたくないと感じる時とか、そういう自然のバイオリズムに則っているのかもしれません。

そのリズムを無視して頑張っていると、徐々に、頑張ろうとしてもどうしようもなく動けなくなったりするんだと思います。

昔の人は自然や人と触れ合い、疲れを癒しながら、回復していたのかもしれません。

自然と触れ合う時間や安心して過ごせる人との他愛もない会話で、明日への活力をもらう。

それが少ない現代社会では、「生きるって何なんだろう?」とか、「仕事って何のためにするのか?」とか自問自答しても明確な答えが出ない苦しみの中にいる人はたくさんいるのではないかと思っています。


あなたはどんな時に「幸せ~!」って心から感じますか?


今日は気分が乗らないから、って仕事を休むことは社会人として許されないけど、子どもはまだまだそういう風に自分の心に正直に生きてもいいかな~と思ったり。
大人も本当はそれが許されたらいいな~と。

「生きていく、自分で食べていくって生易しいもんじゃない!」とか聞かされたことがあるかもしれませんが、生易しいものではなくても、苦しいものでもないんですよね。


今は働き方や生き方の選択肢はどんどん広がっています。

だから、何かを選択する時の優先順位に「幸せを実感できるかどうか」というのをもっと上げていっていい時が来ていると思います。

私は自分が幸せ~と思えるかどうかが、時間の使い方、お金の使い方を選ぶ時の優先順位の一番上に置いています。

人生はいつまで続くかもわからないし、いろんなことを先送りにしない方がいいと思っています。


子どもたちもそれぞれ好きなように時間を過ごしている。

夫は好きで夜通し走って103キロを完走して、帰ってきた。

そんな週末がじんわり幸せだ、と感じます。






昨日の夕方、うちに居ても、バルーンの方からやってきてくれました。

今日で終わる佐賀のお祭り、インターナショナルバルーンフェスタ。
また来年も楽しみです(#^.^#)




 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。