おやまのしゅっぽ 出発進行~♪

フルマラソン:サブ3.5の多趣味なオッサンが綴る、自己満足日記?
走ること以外に、写真撮影やロードバイクにも挑戦中!(^_^;)


テーマ:

ウチのシャワー混合栓に不具合が出てきたので、部品交換を実施。

忘備録として残しておく。 ウインク

 

 

問題の、台付きサーモスタット湯水混合水栓

MYM(喜多村合金製作所) サーモ3700シリーズ 【MS3705】

 

発生している不具合は2件。

・ カラン⇔シャワーのハンドルをほぼ目一杯回さないと、お湯が出ない。

・ 温調ハンドルをいくら回しても お湯が出ない。

 (温調が効かず、ほのかに温かい水が出る程度)

 

以前にも同じ症状があったが、しばらくして直っていた?ので放置。

今回は 気温の低下と共に我慢できない状態になってきた。 えーアセアセ

 

 

前回不具合時から検討していたのは以下の2パターン。

・ パーツが入手出来るなら 部品交換だけで済ませる。

・ パーツすら入手できなくなることを考え、混合栓ごと交換する。

 

MYM(喜多村合金製作所)と言うメーカーだが、既に無いらしい。タラー

但し、アフターパーツはKVK と言う会社が引き継いで供給しているので

ネットで型番等を調べて取り寄せた。

温調カートリッジが 8,733円,切替部が 2,321円で 合計 11,054円也(税込)

混合栓ごとの交換なら、この3倍弱かかる。

 

 

<今回の購入品:3点>

温調カートリッジ KPS35E

奥と手前のパーツ2つで 1セット。

この記事を書きながら調べ直すと、違う型番を買ったことに気付く!?

→ 本来買うべき型番は、KPS3

 

 

切替部 KP714B

 

 

あと、コインドライバー が必要。

コインでも作業できなくはないと思うけど、作業効率が違う!

これは、近所のホームセンターで購入。

 

 

まずは 情報収集

オイラが一番参考にしたのは・・・ コチラ

 

 

<準備する物>

・ モンキーレンチ

・ ドライバーセット

  (使用したのは、プラス#2 ・ キリ ・ マイナス#0,#1,#2 )

・ コインドライバー(上記紹介品)

・ ゴムハンマー(固着ねじ対策)

・ 古ハブラシ(部品洗浄用)

・ 古タオル(ウエス代わり)

・ グリス(無くても可?)

・ 温度計(←無いので、体温計で代用)

 

 

<事前準備>

1.洗面器一杯分の水を入れておく。(部品の洗浄用)

  → 最初は、5~6分目くらいまで入れておけば十分。

2.水道の元栓を閉める。

3.カランの栓を開き、屋内の水圧で出る水を1.の洗面器に受ける。

 

  ※ 屋内配管の水圧が無くなり、水が出なくなったら作業開始。

 

 

<作業開始>

温調ハンドル をH(高温)まで回す。

ねじキャップ淵の穴が手前にくる。

 

 

その穴にキリを入れて、ねじキャップをこじ開ける。

 

プラスドライバーでねじを外し、温調ハンドル部 を取り外す。

960131 ←製造ロットだと思われ、既に20年が経過。

 

 

ここで思いついたように、

ストレーナ(逆止弁付き) の清掃にかかる。

上は温調カートリッジ、下がストレーナ。

 

 

コインドライバー単体では緩まず、モンキーレンチを併用。

写真を撮り忘れているけど・・・ストレーナは 湯・水用の2つを、洗面器の

水と古ハブラシを使って清掃&組み戻し。

 

 

いよいよ、温調カートリッジ(右側) の取り外しにかかる。

結構カタくて、「混合栓下の洗面台が割れるんじゃねぇ?」 と思った。

 

 

洗面台を壊すことなく、温調カートリッジ(右側)が取り外せた。

 

 

最大の難所だったのが、温調カートリッジ(左側) 取り外し。

コインドライバー+モンキーレンチでも、緩まない。

 

コインドライバーの柄をゴムハンマーで叩きながらドライバーを回す。

手では回らないけど、モンキーレンチ併用で何とか ねじが緩んだ。

 

が・・・フタだけが外れて、カートリッジが内部に残ってしまった アセアセ

マイナスドライバーを2本使い、「てこの原理」で引き出す。

 

温調カートリッジ(左側)

コインドライバーでなましてしまった跡が分かる。タラー

 

 

新旧部品を比較。

温調カートリッジ(左側)

 

温調カートリッジ(右側)

一目で分かる違いに気付かず、作業を進める。

 

 

混合栓に 温調カートリッジ を組み付ける。

ネットで調べたら、「先に左側・次に右側の順番で付ける」 とのこと。

それに従い、温調カートリッジの組み付け完了。

 

 

ここで、切替部 交換作業に移行。

 

 

ねじキャップを外し、プラスねじを外す。

 

 

中央位置合わせの樹脂部品を外す。

手では動きそうになかったから、裏側から段差にマイナスドライバーを

当て、コンコン叩いて手前へ出した。

 

 

この状態になったら、モンキーレンチで取り外し可能。

 

 

切替部 の新旧部品比較。

切替部 の取り付け後、ハンドルの中央位置を確認してねじ止めして

キャップをすれば完了。

 

 

さて、温調の温度設定をしようとハンドルを付けると・・・届いていない!?

ここで、ようやく事態に気付き 軸の長さを比較。

いろんなネット記事を参考にして部品を発注したけど、同じ混合栓を

題材にした記事を参考にしていなかった。 ガーンやっちまった

 

 

新旧部品を分解して見比べると、軸の部品だけ入れ替えれば対処可能。

分解は、止め輪 を外すだけなので簡単に出来る。

 

 

古い軸だけを使いまわし、新しい軸からOリング・ワッシャを組み替える。

グリスの量がやや少なめだったので、自転車用のグリスで補充。

 

 

軸を組み替えた 温調カートリッジ(右側) の取り付けが完了。

温調ハンドルを 仮組みする。(まだ、ねじ止めしない)

混合栓の切替器ハンドル位置の確認後、水道の元栓を開ける。

 

低めの温度設定にしてお湯を出し、温度計(体温計)で温度を確認。

温度計が40℃になるよう 温調ハンドルを回す。

温度設定が合えば、ハンドルの温度表示を40℃に合わせて組み込み

ねじ止めする。

 

これで完了! 爆  笑

 

部品の発注ミスで余計な作業があったけど、温かいシャワーが出るように

なったので、まぁ良しとしよう。てへぺろ

 

 

と言うコトで終わる予定だったが・・・

混合栓の汚れが半端ないので、ピカピカにしてやった。キラキラ

この掃除だけでもかなりの時間を要し、腰が痛くなる始末。

 

 

それでも、その後 25km走った けどね。 ランニングDASH!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。