ブログでクチコミ B-Promotion

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-09-30 22:44:14

中秋の宴~執心鐘入~

テーマ:沖縄
中秋の宴

県民大会の後、
一旦家に帰って 早めの夕食を食べ
夜の首里城へ

28日~30日まで「琉球王朝 中秋の宴」が催されていました

首里城大好きなかずきも、
夜に行くのは初めてで、
しかも 生まれて初めての『組踊』が観れるとあって大興奮!
「早く~っっっ!!」と 階段を駆け上がり
正殿前の「御庭(うなー)」へと
お母さんを置いて!!走っていきました

ライトアップされた 正殿をバックに
特設ステージでは すでに古典舞踊が始まっていました。

途中スコールで30分ほど 休止しましたが
いよいよ 組踊「執心鐘入」の開演です

恋する瞳

組踊りは 音楽、舞踊、台詞で構成される沖縄の伝統的な音楽劇で、
本土の能や歌舞伎に似ています。
琉球王府の踊奉行という役職にいた玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)が創り、
この『執心鐘入』が最初の作品となっています。 

三人坊主

執心鐘入のあらすじ

中城若松という美少年が、首里王府へご奉公に行く途中、
ある一軒家に一夜の宿を乞います。
宿の女は、親が留守だからと断りますが、男が若松だと知ると、態度を一変させて宿を貸します。
女は、寝付いた若松を起こし、言い寄ります。
若松は、女の誘いを断ると、居たたまれなくなり、末吉の寺に駆け込み救いを求めます。
寺の座主は、若松を鐘の中に隠しました。
女は、必死になって若松を追い、寺へとやって来ます。
若松を捜しますが見つかりません。
鐘にまとわりつき、宿の女は、とうとう鬼女へと変身するのです。


鬼

沖縄版「道成寺」と言われる、
ちょっと怪談ちっくな 怖いお話ではありますが、
最初の方の 宿の女が若松に恋する場面では
若松に恋心を無下にされて せつない表情を見せたり(ちなみに男性が演じてます)、
所々で お寺の三人坊主が笑わせてくれたりと、
セリフや歌の全てが方言ながら かずきも楽しんでいましたよ。

**************************************

琉球王朝 中秋の宴は 毎年、この時期に催されているので
組踊を観てみたい、夜の首里城を観てみたい方は
来年9月には首里城HP をチェックしてくださいね
(って、どんだけ気が長い話しやねん!!)

ちなみに このイベントは入場無料です♪


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「沖縄」 の記事
2007-09-29 22:37:47

聞こえましたか?沖縄の魂の叫びが

テーマ:戦争と平和
県民大会1

砲弾の豪雨の中へ放り出され
自決せよと強いられ
死んでいった沖縄人(うちなーんちゅ)の魂は
怒りをもって再びこの島の上を
さまよっている

いまだ砲弾が埋まる沖縄の野山に
拾われない死者の骨が散らばる
泥にまみれて死んだ魂を
正義の戦争のために殉じたと
偽りをいうなかれ

歴史の真実をそのまま
次の世代へ伝えることが
日本を正しく歩ましめる
歪められた教科書は
再び戦争と破壊へと向かう

沖縄戦の死者の怒りの声が
聞こえないか
大和の政治家・文科省には届かないか
届かなければ 聞こえなければ
生きている私たちが声を一つにして
押し上げ 訴えよう

~県民へのアピール~より



県民大会2

「教科書検定意見撤回を求める県民大会」へ行った

どこの団体に所属しているわけでもなく
誰に言われたわけでもないけれど
行かなくてはならない気がしてならなかった

いつもなら 家から10分とかからない距離
40分経っても 車が前に進まない
ラジオで 開会宣言を聞いた

焦る気持ちを押さえきれずに 途中で車を降りる
私の気持ちも伝えたかった

語らなくとも
叫ばなくとも
その場へ行くことが 何よりの意思表示

みんなの魂が そこで熱く 大きなうねりとなっている
私も そこへ 魂を伝えたい
足が 意識せず 早くなる

県民大会3

会場は 11万の魂が
うねりとなって 揺れていた

声を震わせ 拳を握りしめて
集団自決を生き抜いた老人が叫ぶ

決して 決して
今回の 教科書問題は 許せないのだと

確かに 集団自決は 軍部によって
しむけられたものなのだと

沖縄戦の事実は 血生臭い
目も背けたくなる
耳も塞ぎたくなる
恐ろしい 狂気の世界

けれども

それを 黒のペンキで塗りつぶし
空々しい 夢物語を上から描いたとしても

決してこの地は 忘れない

この地で何があったのかを

あの戦(いくさ)で 何が起こったのかを

黒いペンキで 人の心は塗りつぶせないから

うちなーんちゅの 心は 決して忘れないから

私達の 先祖が流した
赤い血が
この体を今も 流れているのだから

その心が この体に 子に 子孫に

ずっと ずっと
受け継がれて いくのだから


県民大会4

2007.09.29.Sat.
教科書検定意見撤回を求める県民大会
宜野湾市 宜野湾海浜公園
参加者人数 11万人(参加目標5万人)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-09-28 23:05:20

いよいよ 明日!

テーマ:戦争と平和
アマミウラナミシジミ

いよいよ 明日です
教科書検定意見撤回を求める
9・29県民大会

かずきが 学校からこんなチラシをもらってきました

「行きたい!」とのこと

というわけで、明日は二人で 行ってきます!


チラシ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。