2013-10-31 20:01:19

チームの人間関係を深めるポイント

テーマ:┣コミュニケーション
いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!


本日は
チームの人間関係を深めるポイントについて
お伝えしますね。




長所・短所を話し合える場をつくろう。


仕事を辞めるもっとも多くの理由が
「人間関係」だそう。




技術や
やりがいや
報酬でもなく
人間関係が嫌でやめる方が
最も多いそうです。




「あの人とは合わないんですよ」


「彼女はちょっと苦手で・・・」


「上司がきつくて」




人間関係で悩む方は
たくさんいらっしゃいます。




子どもたち選手も、
人間関係の質が悪く、
チームとして結果を出せない、
ということが多くあります。




「どうすればより良くなるだろう?」
と、いつも環境づくりには
注意しているつもりですが、
僕ら大人同様、
子どもたちの世界にも
実にたくさんの理由があります(笑)






チームとして戦うために
最低限のポイントになるのが、
一人一人それぞれの
「弱み」や「苦手」について
話し合える空間になっていること。




お互いに
「弱み」や「苦手」がわかれば、
チームとしてフォローしよう!という
空気に変わってきます。




乙武 洋匡さんは
小説「だいじょうぶ3組」の中で


金子みすゞさんの詩の一部


「みんなちがって、みんないい」
を取り上げ、


子どもたちがそれぞれ、

「できないこと」と
「できること」を

発表して行くという
授業のシーンがあります。






自分のできることと、
できないことを伝え合うことで、
それぞれの子供たちの「らしさ」が際立ち、
お互いの顔がよく見えるようになります。






子どもたちは意外と
自分の強みや弱みを意識しています。


「これは結構できるけど、
 こっちは苦手」


「これは得意だけど、
 これは全然できない」




そうして強みと弱みをお互いに知り、
理解する環境が出来れば、
チームとして団結しやすくなります。




選手たちが活躍できる環境をつくる
- 奥寺康彦(元日本代表サッカー選手)



僕ら同様、
子供たち選手もついつい、
自分が出来ることは、
他の選手にも求めてしまいがちです。




その一方で、
他の選手ができて
自分が出来ないことを指摘されると
やる気を一気に落としてしまいます(笑)




「できること」と「できないこと」を
整理して、伝え合える環境をつくりましょう。




>>> 弱みを伝えられる環境になっていますか?





お知らせ

 
子どもたち選手の力を引き出す記事を
 お手元にお届けします。
 ご登録は下記からお願いします。ありがとうございます!
 
  パソコンの方は
こちら からどうぞ。 (携帯の方はこちら から)


クリックで応援お願いしますっ。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

【メルマガ】しつもんメンタルトレーニング

姓 ※ (例)藤代
名 ※(例)圭一
アドレス ※(例)fujishiro@shimt.jp