こどもの生きる力を育てる


----------------------------------------------------------

◆お知らせ

----------------------------------------------------------


・こどもヨガ講師養成講座 11月東京でスタート、全4日間です

・ 「育てにくい子の育児 」冊子毎日新聞で紹介されました


--------------------------------------------------------------
◆プログラムのご紹介
-------------------------------------------------


  ●親子のスキンシップを高め絆、を強くする「おやこヨガ

おやこヨガ講師養成講座 リンク

    講基礎講座 18時間 

    講認定講座 12時間 


      通信・通学の10月講座受講生募集中です

-----------------------------------------------------
  

 こどもヨガ ・・基礎運動能力とリラックスする方法を身に着けます

  こどもヨガ講師養成養成講座 リンク


    基礎講座 18時間 

    認定講座 12時間 



-----------------------------------------------------

 発達障害児の身体認知とリラクゼーション

 Development Support Yoga


現在、支援学校、発達クリニック、個人宅で出張指導をしています。







    



テーマ:

発達検査で5歳から可能なのがWISC

 

 

 

ここでは

 

 

言語理解指標、知覚推理指標、ワーキングメモリ指標、処理速度指標の大きく4つの指標が

あります

 

 

 

WISCではないですが、認知症の可能性を見るときにワーキングメモリ指標を見るために行う

下位検査と類似のものを行うことがあります

 

 

 

Development Support YOGAの指導では、ワーキングメモリの度合いを

把握することができます

 

 

 

チェック注意の持続

チェック聴覚的な情報を正確に取り込み、記憶する

 

 

 

特に、動きをパターン化しているので左右同じことをしているので、

「さっきどうやったっけ?」と聞くと、

答えられないお子さんがいます

 

 

 

ただいわれるがままにやっていたから、という可能性もありますが

注意の持続という面も加味するとワーキングメモリ度合いが把握できます

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

飛び出す可能性がある子
突然大声を出す可能性がある子

 

 

こういったお子さん、始業式・卒業式などの式典で
活動から排除されることがあります

 

学校側の論理では、安全確保ができるスタッフがいない
式典が中断してしまう可能性がある

 

 

そういった理由があるかもしれません

その子にとっては嬉しすぎて興奮しているかもしれません

クラスの仲間と一緒にいて仲間に「小さな声にしようね」と
いってもらうだけで、その場で一緒に参加することができるかも
しれません

 

 

夜の中は多種多様な人で構成されています

クラスみんなで支えたり、
地域のボランティアさんにも手を借りることで
地域で育つことができると思います

 

 

発達が気になるお子さんの身体認知ヨガ教室はこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

感覚統合って何?

感覚統合とは、環境から情報をまとめる力のことです

例えば、日常私たちは必要な音だけを聞き分けています
感覚統合ができていないと、周りに発生している音全部を
取り込んでしまい、頭の中が音の渦になってしまい
パニックになってしまいます

 

音・感覚・体の使い方、さまざまな面で統合を行ってから
自分で意識した体の動かし方を獲得していきます

ここにつまづきがある場合や感覚統合されないままに学童期を
迎えてしまった場合を引き継いでいるのが「身体認知」です

身体認知ができないと、
位置関係、意識した動かし方、意識した模倣ができません

 

 

小学校になって身体認知の面でつまづく主な場面は、

走る・鉄棒・縄跳び・水泳・跳び箱です

 

この5つは特に目立ちます

日常生活のシーンでは、「姿勢」です

 

 

身体認知ができないと、無理・無駄な体の使い方となり
疲れやすく集中できません

そのまま年齢だけを重ねてしまうと、思春期・青年期で
困難を生じます

発達が気になるお子さんをもつご家族、
お時間があれば感覚統合学会のセミナー受けられるとよいと
思います

 

学会ホームページ

 

 

チェック身体認知ヨガ教室 体験指導受付中

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD