《育児セラピスト/認定心理士&カウンセラー/コンディショニングトレーナー》



が綴る楽しい子育ての知恵袋。

知らなきゃソンするお話がいっぱい。


子どもってかわいい!!

だけど・・・

疲れても、眠くても、ママの仕事は年中無休。


時には癒されたい~、のんびりしたい~


いつもがんばっているママを応援します!

賢い子育ての知恵を伝授します!

ほんのちょっとだけ知ってることが増えると毎日の育児がすごく楽しくなります。


子育てライフを楽しみましょう!



Studio Grace Mam


産後ママとベビー&キッズ専門

コンディショニングスタジオ


私たちは幸せになるためにこの世に生を受けました。

誰もが生まれながらに持っている無限大の可能性を引き出し、

明るい未来を創造するドリームサポートをします。


ママ・・・・「美」姿勢&「美」ボディ

ベビー・・カラダとココロの基礎づくり



赤ちゃんの動きやママの産後ダイエットに関するご相談を受付けています。

こちら からどうぞ!






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-02 22:24:01

赤ちゃんの発達あそびを考える

テーマ:発育発達

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 

 

 

赤ちゃんとどうやって遊んだらいいのか分からない。

新米ママからそんな声を聞くことが多くなりました。


ぐずったら抱っこ。

他には何をしたらいい?


あやして、機嫌よくなったらそれでいい。

というのはもったいないかも。



ママの働きかけが遊びになるのです。

できれば赤ちゃんの発達段階に応じて、発達を促してあげるといいですね。


赤ちゃんはママに遊んでもらえてうれしい。

ママは赤ちゃんの笑顔がうれしい。

そして、赤ちゃんの発達を促しながら、お互いの結びつきが強くなっている。




そんな発達あそびを考える講座を開催します。

子育て中の方は発達を知り、すぐに役立つ関わり方ができるようになります。

 

 

「赤ちゃんの発達あそびを考える」講座

詳細はこちらをご覧ください。

                  

http://cosmos-c-c.jimdo.com/子育てセミナー



 

Studio Grace Mam

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィットスタジオ


1.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅰ
      (ねんね~腹這いクラス)
 
・・ このような方にオススメ ・・
向き癖がある、頭の形が気になる、反り返る、うつ伏せを嫌がる、
あまり動かない、寝返りができない・しない、背這いなど
 
 
2.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅱ
      (四つ這い~たっちクラス)
 
・・このような方にオススメ・・
片方のみの寝返り、飛行機姿勢をしない、腹ばいで移動できない、
左右違う動きの腹ばい、はいはいができない、座ったまま移動する、
左右違う動きではいはい、猫背・開脚でおすわりなど



  今週のコラム

『岡山市立曽根小学校 教育講演会 「子どもの姿勢を考える」  』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-28 18:17:05

妊婦・子育て世代に冷たい社会の目

テーマ:ブログ


 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コン
 ディショニング&ダンスフィット


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 


子育ては「楽しみたい」けど「負担も大きい」ですね。

特に初めての子育てでは、近くに実家や知り合いがないと不安だらけ。

だからネットで情報を得るしかなくなります。


行政機関などの子育てひろばや児童館など、多くの子育てママたちが集う場も

様々な地域で増えてきました。


初めて会う人でも、ちょっとした会話から

「みんな同じことで悩んでいるんだ・・」とお互いの気持ちを知るだけでも

心が穏やかになります。


昔に比べて、おばあちゃん世代が手助けをできる環境にある方はかなり少なく、

母親がかなり頑張っているのが今の子育てではないでしょうか。

 

そんな状況になっているという時代の変化を知っているのか知らないのか、

かつて子育てをした世代の方々の共感が得られなくなっています。


例えば、公共の交通機関 で、明らかにお腹が大きい妊婦さんが乗っている場合。

席に座っている人の隣には自分の荷物が置いてある

妊婦さんが近くに立っているのは知っている。


誰が乗ってこようと、荷物で一人分の座席を埋めてしまうということに対して

どう考えるかが問われるのではないでしょうか。

お腹が大きい妊婦さんは揺れ動く中で立っているのもしんどいはず。


相手のことを思いやる気持ちをどこまで伝えられるかは、

自分のためでもあるのではないでしょうか。


子どもの声が「騒音」と言われる社会

自分が子どもの頃の環境とは大きく変わっています。

のびのびと走り回って、大声を出して遊べた昔とは大きく変化した現代の社会。


現代の子育て事情に寄り添い、見守り、支えられる大人が増えてほしいですね。

ひとりひとりがこれから先の日本を考え、

次世代を担う子どもたちの可能性の芽を大きく伸ばしてあげましょう。


Studio Grace Mam

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィットスタジオ


1.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅰ
      (ねんね~腹這いクラス)
 
・・ このような方にオススメ ・・
向き癖がある、頭の形が気になる、反り返る、うつ伏せを嫌がる、
あまり動かない、寝返りができない・しない、背這いなど
 
 
2.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅱ
      (四つ這い~たっちクラス)
 
・・このような方にオススメ・・
片方のみの寝返り、飛行機姿勢をしない、腹ばいで移動できない、
左右違う動きの腹ばい、はいはいができない、座ったまま移動する、
左右違う動きではいはい、猫背・開脚でおすわりなど



  今週のコラム

『高血圧予防のための生活習慣の見直し、まずできることは・・  』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-21 23:30:48

ビニールをなめる赤ちゃん

テーマ:発育発達

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 


赤ちゃんは何でも舐めます。

口に入れてほしくないものは、手の届かない所に置いておきます。

でも、身の回りにある日用品など、よく使うものは

「気づいたら持ってた  」なんていうこともあったり。

 

例えば、ボールペン。

持ってるだけなら、これから舐めるところだったかもしれないので

早めに気づいてよかったです。

すでに舐めていたなら、ちょっと焦りますね


他にも、歯が生えた赤ちゃんが舐めるビニール(袋)

上下の歯が生えていると、噛み切って飲み込む可能性もあります。

モグモグしているので、口を開けてみるとビニール片があったりして


「おっと、危ない 」と思いつつ、

「これ、お母さんの大事なものだからちょうだいね」とやんわりと声をかけて

手から離してもらいましょう。


急に「ダメ!!」と言われると、何が起こったのかわからない赤ちゃんは大泣き。

楽しく遊んでいたのに、大きな声を出されるし、手に持っていた物は取り上げられるし。

泣き止ませようとお母さんも大変ですね。


取り上げると、怒って泣くので、あとが面倒だからと見て見ぬふりはしないでくださいね。

舐めるだけでも、飲み込んだり、喉に刺さったりする可能性があるものは、

お母さんが予測をして、できれば目につかないようにしておくことが

大きな事故を避けることにもなります。


大人も子どもも、行動の先を読む、危険を予測するなどは、それまでの経験から

判断できるようになります。

失敗はあってもそれを経験として、次につなげ、同じことを繰り返さないよう

早めに行動できるようになりましょう。

 

 

Studio Grace Mam

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィットスタジオ


6月期講座のお申し込み受付中  

1.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅰ
      (ねんね~腹這いクラス)
 
2.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅱ

      (四つ這い~たっちクラス)
 


  今週のコラム

『5月17日は高血圧の日  岡山大学病院・日本高血圧学会 共催 市民公開講座 』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-07 16:35:53

子どものエスカレーター事故

テーマ:ブログ

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 

 

GWの連休が終わり、普段の生活に戻った方も多いでしょう。

小さいお子さんがいる家庭では、久しぶりに会ったおじいちゃんやおばあちゃんと遊んだり、

家族で出かけたりして、楽しい休日を過ごされたのでしょうね。

 

そんな楽しいGWですが、小さなお子さんの事故のニュースがありました。

あるお店のエスカレーターで手の指を挟まれてケガをしたというニュースです。

 

このような事故は起きてほしくはないものです。

子ども連れで出かけるとなると、家にいる以上に周りに気をつけるでしょうね。


それでも「ちょっと目を離した隙に・・」ということは誰もが経験しています。


そのときは「ちょっと」なのですが、

後から振り返ると「こうしておけばよかった」ということがいくつか出てきます。


「今回はケガをしなくてよかった」場合でも、

あと1秒遅かったら・・

あと数ミリずれていたら・・

ということもあるかも。


ヒヤッとした経験、本当はあってほしくないです。

何事もなかった経験をいかに次につなげるかを考えましょう。

 

目を離した隙ならば、「見える範囲」で「いつでも手を出せる距離」

手をつなぐことができるなら手をつないで。


エスカレーターでは、過去にもケガをした例があります。

乗る際にはいくつかの決まり事が当たり前になっていますね。


例えば、

黄色の線の中に足を入れない

手すりに乗らない

反対から乗らない

ステップの上に足全体を乗せる など


子どもにルールを教え、それを守れるようにすることも必要ですね。

小さいうちは必ず手をつないで乗るということもルールにしましょう。

 

また、エスカレーター以外の場面では、いざというときにダッシュできる体づくり。

子どもは大人が思う以上に素早いです。

幼児だからとあなどれないです。


普段から子どもと一緒に体を動かして遊ぶことで

子どもの動きの予測ができたり、

自分の体のコントロールが上手くできるようになります。

 


  今週のコラム

『浅口市 チャレンジ!ゆうゆう運動教室 』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-23 17:08:30

車のカギを舐めるのはOK?

テーマ:発育発達

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 

 

出かけた先で赤ちゃんがぐずった時、なんとかしてなだめようとします。

まずは抱っこかな。

理由がはっきりしていれば、その要求を満たしてあげればいいのですが、

抱っこしてもグズグズがおさまらない・・・


そんな時は「奥の手」とばかりに、

家では見せたり渡したりしないものを「今日だけね」と言って渡すと

グズグズスイッチがオフ!

しばらくこれで遊んでくれると、お母さんは良かった~と思います。

 

でも、よ~く考えてみませんか。

車のカギやキーホルダー、財布は赤ちゃんは喜んで遊びます。

これらは大人にとって大事なもの。

赤ちゃんのおもちゃではありません。


大人にとって大事なものとおもちゃの違いは赤ちゃんにはできません。

今まで見たことがない新しいものには興味津々。

「今だけね」と言われても、1度手にしたものは次もOKだと思う。


なのに、カバンの中にあるカギや財布を見つけて遊ぼうとしたら

「これは大事なものだからダメよ」と言われると、

赤ちゃんは混乱します。

 

今日はいいけど、明日はダメということは赤ちゃんには分かりません。

大人の都合で赤ちゃんを混乱させることは避けましょう。

赤ちゃんがぐずっても「大人にとって大事なもの」は安易に渡さないよう

行動や考え方を見直してみましょう。




Studio Grace Mam

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィットスタジオ


1.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅰ
      (ねんね~腹這いクラス)
 
・・ このような方にオススメ ・・
向き癖がある、頭の形が気になる、反り返る、うつ伏せを嫌がる、
あまり動かない、寝返りができない・しない、背這いなど

 
 
2.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅱ

      (四つ這い~たっちクラス)
 
・・このような方にオススメ・・
片方のみの寝返り、飛行機姿勢をしない、腹ばいで移動できない、
左右違う動きの腹ばい、はいはいができない、座ったまま移動する、
左右違う動きではいはい、猫背・開脚でおすわりなど

 


  今週のコラム

『仰向けで足を持たない、舐めない赤ちゃん 』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-16 17:05:18

「赤ちゃんの発達」勉強会

テーマ:発育発達

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 

 

初めての子育ては分からないことだらけ。

実家からは遠く離れ、旦那さんの転勤先には知り合いもいない。

誰かに尋ねることもできず、一人で悶々と悩むママは、

インターネットで情報を得るのが手っ取り早いですね。



このインターネットからの情報は、とても便利な反面、

たくさんありすぎて結局分からないままになることもあります。


例えば、「赤ちゃんが泣く」ことを検索すると、

「Aがいい」という考えと、「Aは良くない、Bがいい」という相反する2つがある。



「じゃあ、どうすればいいの?」



最後は自分です。

つまり、ママが自分の考えですることが一番なのです。

でも、やはりどうしたらいいかが分からない。


自分で考えるためには、「赤ちゃんが泣く」ことについて、

AもBもどういう意味があるのかを知っておくことではないでしょうか。



分からないから不安になる。

知識や意味を知って、自分の子育て観に合わせて判断する。


試行錯誤することも多々ありますが、情報に振り回されない子育て、

赤ちゃんの成長に合わせた子育てはひとりひとり違っていいのです。



赤ちゃんのからだの使い方とその意味を学ぶ勉強会です。

                                             
       

●● 「赤ちゃんの発達のケア」勉強会 ●●


~ 子どもの『運動能力』『学習意欲』は、1歳までの子育てがカギ!! ~

上手な関わり方やあそびによって、赤ちゃんの可能性を引き出すことができます。

生まれてから今までの育児を振り返り、これからしてあげたいこと、

してはいけなかったことを学びませんか。 


■ 日 時 : 平成27年4月28日(火) 14:15~15:15  

■ 会 場 : Studio Grace Mam
               
■ 参加費: 1,500円 (当日支払い) *お釣りのいらないようにお願いします

■ 定 員 : 10人  *定員になりましたら締切ますので、ご了承ください。

■ 締 切 : 平成27年4月21日(火)

■ 対 象 : 乳幼児の子育て中のママ 、妊娠中の方、孫育て世代の方

■ 申込先: こちらからお申込みください。
 
http://cosmos-c-c.jimdo.com/子育てセミナー


● お子さまと一緒にご参加いただけます。各自の責任でお連れください。



 

  今週のコラム

『向き癖があって、頭の形が変形しつつある赤ちゃん 』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-02 22:38:55

ベビーカーとスマホ

テーマ:ブログ

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 

 

ここ最近、急激に増加したスマートフォンの問題。

テレビのCMでもマナー向上の呼びかけがなされています。

また、赤ちゃんや幼児の子守りとしての使用にも警鐘が鳴らされ、

使う側の大人のモラルも問われています。

 

歩きながらスマートフォンを見ている人が目に付くのか、

増えているのかは分かりませんが、

あらゆるところで見かけるようになりました。


また、自転車に乗りながら(ペダルを踏んで移動しながら)

スマートフォンを見ている人もいます。

それも夜です。

「危ないな 」と感じたのが、横断歩道での歩きスマホ。

ベビーカーを押しながら、片手にスマートフォンを持って、

画面を見ながら横断歩道を渡るお母さん。


左折をする車が横断歩道の手前で止まっていますが、

もし、車が進入してきたら気づくのでしょうか。


子どもの頃に横断歩道の渡り方を習いましたね。

信号が青になっても、左右を確認して、車が来ていなかったら渡る。


手もとしか見ていないと、どこから、何が、近づいてくるかは

視界に入らないでしょう。


自分と子どもの安全を守ることを最優先に考えたら、

今、何をすることが大事なのでしょうか。


目配り、気配り、その時々でちょっと考えてみませんか。



 

Studio Grace Mam

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィットスタジオです。


1.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅰ
      (ねんね~腹這いクラス)
 
・・ このような方にオススメ ・・
向き癖がある、頭の形が気になる、反り返る、うつ伏せを嫌がる、
あまり動かない、寝返りができない・しない、背這いなど
 
 
2.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅱ
      (四つ這い~たっちクラス)
 
・・このような方にオススメ・・
片方のみの寝返り、飛行機姿勢をしない、腹ばいで移動できない、
左右違う動きの腹ばい、はいはいができない、座ったまま移動する、
左右違う動きではいはい、猫背・開脚でおすわりなど
 


  今週のコラム 

『抱っこ(横抱き)で反り返る赤ちゃんの抱き方 』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-26 18:59:19

赤ちゃんが自分でできることを増やしてあげる

テーマ:発育発達

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 

 

赤ちゃんは何もできない存在、ではありません。

もちろん、まだ寝返りができない赤ちゃんは、

自分で這って行きたいところに行くことはできませんから

できないことはあります。

 

でも、おもちゃを見せると興味深そうに見つめたり、

そのうちおもちゃに手を伸ばすようになってきます。

その時、おもちゃを持たせるように手の近くに持っていきますが、

その位置を考えたことはありますか。


赤ちゃんが精いっぱい腕を伸ばしても届かない位置で見せて、

「がんばれ~~」と言うだけでは、

赤ちゃんはおもちゃに手が届かないことが分かり諦めます。


反対に、赤ちゃんがおもちゃを見つめたら

すぐに「はい、どうぞ」と手に握らせるのは、

赤ちゃんが腕を伸ばして手を使うことなど、

心身の発達に必要なことを学ぶ機会を奪ってしまうかもしれません。


赤ちゃんに限らず、できないことが一足飛びにできることはなく、

徐々に、少しずつ、段階を踏んで、練習を積み重ねるから

上手くできるようになるのです。


その練習を手伝ってあげるために、赤ちゃんが今できていること、

その先のしたいという欲求や興味などをよく見て、

ほんの少し先へ進めるように関わってあげましょう。


大人の目線ではなく、赤ちゃんの目線に立って考えてみましょうね。




 2015年4月期講座の受付を開始しました

Studio Grace Mam

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィットスタジオ


1.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅰ
      (ねんね~腹這いクラス)
 
・・ このような方にオススメ ・・
向き癖がある、頭の形が気になる、反り返る、うつ伏せを嫌がる、
あまり動かない、寝返りができない・しない、背這いなど

 
 
2.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅱ

      (四つ這い~たっちクラス)
 
・・このような方にオススメ・・
片方のみの寝返り、飛行機姿勢をしない、腹ばいで移動できない、
左右違う動きの腹ばい、はいはいができない、座ったまま移動する、
左右違う動きではいはい、猫背・開脚でおすわりなど

 


  今週のコラム

『岡山市立大元公民館主催講座 「産後のからだ、リセット開始」 』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-21 13:50:42

腰痛を予防する抱っこ

テーマ:産後の美姿勢&ボディメイク

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 

 

赤ちゃんを抱っこする機会が多いお母さんは、

気づかないうちに腰を痛めるような抱き方をしています。


例えば、「お腹に乗せる」抱き方。

普通に立っているならば、お腹には乗りません。

両腕や肩が辛いから、少しでも負担を軽くしようと、

「お腹に乗せる」のでしょうね。

 

「お腹に乗せる」ためには、当然お腹を突き出す姿勢をします。

それは、腰をかなり反らした姿勢で、

大げさに言うと、背中を後ろにのけぞした状態になります。


想像してみてください、この姿勢。

たぶん、他の人がしているのを見ると

「腰が痛くなりそう・・」と思えるはず。

でも、自分ではそんな姿勢になっていることは全く気付いていないのです。


では、腰痛を予防するには?

この姿勢をしなければいいのです。


できる限りお腹を突き出さず、

肘を曲げて腕で支える(肩に力を入れるのは間違ったからだの使い方です)

 

そして一番大事なのは、お母さん自身がお腹を締めて抱っこすること。

肩こりや腰痛の予防・改善のためにも、お腹周りを引き締めるためにも

抱っこする前に身につけたいからだの使い方です。





 

Studio Grace Mam

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィットスタジオ


1.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅰ
      (ねんね~腹這いクラス)
 
・・ このような方にオススメ ・・
向き癖がある、頭の形が気になる、反り返る、うつ伏せを嫌がる、
あまり動かない、寝返りができない・しない、背這いなど

 
 
2.赤ちゃんの発達ケア&コンディショニング講座 Ⅱ
      (四つ這い~たっちクラス)
 
・・このような方にオススメ・・
片方のみの寝返り、飛行機姿勢をしない、腹ばいで移動できない、
左右違う動きの腹ばい、はいはいができない、座ったまま移動する、
左右違う動きではいはい、猫背・開脚でおすわりなど





  今週のコラム

『井原市立青野小学校 学校保健委員会  「親子でよい姿勢づくり運動」 』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-12 21:52:51

向き癖から始まる左右差がある動き

テーマ:発育発達

 Studio Grace Mam 
産後ママとベビー&キッズ専門 スタジオ

赤ちゃんの運動の偏りを改善し、脳の発達を促すケア&コンディショニング
親子の姿勢アクティブ・コンディショニング&ダンスフィット
 


お問い合わせ・お申し込みはこちらから

http://cosmos-c-c.jimdo.com/studio-grace-mam/

 

 


赤ちゃんを見ていると、左右差をもったまま月齢が進んでる事例がよくあります。

左右差というと、初めに気づくのは「向き癖」ではないでしょうか。



赤ちゃんは生まれてしばらくの間は、顔は右か左のいずれかに向いています。

ずっと同じ向きというわけではなく、反対にも向くことはできますので、

さっきは右だったけど、気づいたら左を向いていたということはあります。



でも、1日のうちほとんどが同じ向き。

反対に顔を向けようとするけど、ちょっと動かしただけで、すぐに戻る。

こうなるとやはり「左右差がある」ということになります。


 

できるだけ、右にも左にも首を動かして欲しいですね。

そのためには、赤ちゃんを寝かせている場所を変えてみましょう。

お母さんの気配を感じたり、物音や声がしたり、明るい方に向きやすいので

寝かせ方を変えてみるのはひとつの方法になります。



また、抱っこの仕方もよく考えてみましょう。

いつもの抱き方が、赤ちゃんのからだが傾く姿勢になっていないでしょうか。



それでも同じ方ばかり向く場合は、左右どちらにも首を動かせるように

赤ちゃんが上手くからだを使えるような働きかけが必要になります。



顔の向きはその後の寝返りや腹ばいなどにも影響を及ぼします。

からだの使い方が偏らないよう、向き癖の段階で左右差を調えてあげましょう。

 


 「向き癖」をはじめ、赤ちゃんのからだの使い方と
       その意味を学ぶ勉強会です

●● 「赤ちゃんの発達のケア」勉強会 ●●


~ 子どもの『運動能力』『学習意欲』は、1歳までの子育てがカギ!! ~

上手な関わり方やあそびによって、赤ちゃんの可能性を引き出すことができます。

生まれてから今までの育児を振り返り、これからしてあげたいこと、

してはいけなかったことを学びませんか。 


■ 日 時 : 平成27年3月24日(火) 14:15~15:15  

■ 会 場 : Studio Grace Mam
               
■ 参加費: 1,500円 (当日支払い) *お釣りのいらないようにお願いします

■ 定 員 : 10人  *定員になりましたら締切ますので、ご了承ください。

■ 締 切 : 平成27年3月17日(火)

■ 対 象 : 乳幼児の子育て中のママ 、妊娠中の方、孫育て世代の方

■ 申込先: こちらからお申込みください。
 
http://cosmos-c-c.jimdo.com/子育てセミナー


● お子さまと一緒にご参加いただけます。各自の責任でお連れください。 



  今週のコラム

『玉野市立大崎小学校 学校保健委員会講演 「正しい姿勢で集中力を高めよう!」 』


山陽新聞社 マイベストプロ
「体幹を調えて美しい姿勢に導くプロ」
Cosmos 福本 智恵子
http://mbp-okayama.com/cosmos/column/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。