みんな一書巡回展に先立ち、郵便局でのみんな一書展告知の展示が始まりました。
気仙沼、石巻、塩釜郵便局に分散して3,4枚の子供たちの作品を展示しています。
もしお近くにお出での際はご覧ください。

さっそく、塩釜の会員の方から、郵便局での展示の様子の写真送ってもらいましたので紹介します。


子供たちの思いが伝わる、あったか~い♡みんな一書展です♪



それから、気仙沼郵便局の職員の方からも写真が届きました。

被災地の郵便局も頑張っています。応援のクリックをどうぞ⇒人気ブログランキングへ

AD

磨墨

テーマ:

墨は何に使うのか?
磨墨して、文字を書くもの?昨日の教室で、
「先生、墨は黒しか無いの?」
の質問があったので、
手持ちの墨を引き出してきていろいろ見せたところ、
もう興味津津。

 チョコレート見たいとか、食べて見たいとか
いろんな声が・・・・わーい(嬉しい顔)

ということで、急遽、墨磨り体験教室が始まりました。指でOK

いつもおしゃべりで大騒ぎの子供たちも、
硯と墨を持たせたら、もくもくと磨り始めました。

墨は見たり、磨ったりするだけでも充分楽んでもらえることを実感
今日は、イオンモール富谷でワークショップ。

動画「KIZUNA」で使った墨を使って磨墨体験教室をやってみましょうかねあっかんべー

磨墨体験教室にどうぞ⇒人気ブログランキングへ

AD

震災をわすれないために

テーマ:

今日は、みんな一書巡回展の会場視察のため、
塩釜、松島、石巻と北上してきました。
今は震災というと3.11を思い出しますが、
重要なのは、その事象を忘れないことではなく、
そのとき感じた一体感や助け合いの精神をわすれないことなのでしょう。
復興が進めば、徐々に街姿は戻ります。
以前の情景を忘れるのはある意味いたしかたないかもしれません。
しかし、その時得た絆は忘れたくありません。そう再確認できた光景を2つ紹介します。

今は良く知られた書道ガールズの発端であるた三島高校書道部が
石巻に送った作品

しっかりとした筆致。とても高校生とは思えません。
しかしその技術を越えた活力溢れるメッセージ性に魅力を感じます。

それから、石巻駅前の観慶丸商店。
2階以上は使用不能となっていますが、一階は、
石巻の復興の願った雑貨、グッズ、作品を展示しています。

雰囲気ありますよね。
文化財として是非残して欲しいのですが、
何しろ修復にはかなりの資金だけでなく、特殊な技術が必要だそうです。
修復できる職人がいないみたい(すみません、良くわかっていません)。

明日 1/17は、阪神淡路大震災の日。
あの時の気持ちも忘れてはいけませんね

1/17 5:30ろうそくの灯しましょう⇒人気ブログランキングへ

AD