本日は

 

 

なんとビックリマーク

 

 

5時スタートビックリマークビックリマーク

 

 

ま、いろいろありまするドクロ

 

 

昨日の帰りに買ったシムでセコセコ調整して

 

 

何回組みなおしたか記憶にないくらいやって

 

 

 

 

とりあえずできた

 

 

参考になるデータがないから完全に自分の味付けです

 

 

ま、こうじゃなきゃダメだろってトコに決めたつもりですグッド!

 

 

で、組む音譜

 

 

そこそこ手間取って仮組みまで完了したら

 

 

深呼吸してキーを捻る音譜

 

 

あれ?

 

 

かからない叫び

 

 

すぐに配線してないの思い出すひらめき電球 (バカ丸出し)

 

 

配線つなぐあせる

 

 

キーを捻る

 

 

掛かった音譜

 

 

けど、なんだか機嫌が悪い・・・・・なぜ?ガーン

 

 

この瞬間から夕方の5時ごろまで

 

 

ひたすらハマるドクロドクロドクロ

 

 

アレコレいじるけど

 

 

一向に調子が出ない

 

 

もう一回デスビバラすか?あせるあせるあせる

 

 

こういう時は自分の仕事を疑うのがセオリー

 

 

だけど・・・・・それなりにちゃんと組めたつもりだし

 

 

根拠のない自信あり

 

 

結局、ついでに交換したデスビの配線が悪さしてました叫び叫び叫び

 

 

って事で無事に試運転ラブラブ

 

 

どれどれ

 

 

すいてる道を選んで

 

 

1速でスタート

 

 

即全開ビックリマーク

 

 

あっという間に吹けきりビックリマークビックリマーク

 

 

2速にチェンジグッド!

 

 

ブースとが立ち上がったとたんタコメーターが速度アップ叫び

 

 

ブーストのオーバーシュート見たかったのでスピードメーターは見てなくて

 

 

2速ですぐに吹け気ってスピードメーターちら見したら・・・・・150近いドクロ叫びドクロ叫び

 

 

なんて事してたら交差点が近づきアクセルオフガーン

 

 

これの繰り返し・・・・・あせる

 

 

ん~とりあえずメーター読みで0.6くらいだからいいかな (本来のデータでは0.8近く)

 

 

以前は1キロ越えちゃってたからね

 

 

これで安心して全開に出来ると思われますチョキ (コレが大事ですね)

 

 

で、これ以上走ったら何かが起きそうなのでやめたあせる

 

 

後はお客さんに試運転してもらいます

 

 

って事で今回のメニューをざっくり

 

 

デスビが全バラオーバーホールね

 

 

上のブッシュが減って無くなってたので切削して新しくブッシュを製作

 

 

ガバナスプリングはワンオフで外注製作

 

 

ついでに配線、デスビキャップ、ローター、バキュームアクチュエーターも交換した

 

 

ダイヤフラムは反転式用なのかホースの接続が下向きだったためアルミパイプを使ってUターンさせて上に向けてあります

 

 

フューエルデスビのマウントインシュレーター全交換

 

 

リリーフバルブオーバーホール、同時にシリコン製のガスケットに交換

 

 

ウエストゲートオーバーホールと排気側のパイプを製作

 

 

ま、こんな感じかな

 

 

とりあえず乗った感じ

 

 

アクセルのツキが良くなり乗りやすくなりました

 

 

同時に低速のトルク感が増しブーストの立ち上がりが鋭くなりましたね

 

 

待たなくてもギュイーンって言ったと思ったらドカーンと爆発的な加速を始めます

 

 

(最近のスマートなターボ車であありません)

 

 

ま、進角してなかったんだからあたりまえかな

 

 

コレが本来の加速感なんでしょうねチョキ

 

 

ちょっと見直しました合格

 

 

足回りがガチガチなので怖くてあまり踏めてませんが

 

 

やはりリアーエンジンだけあってハンドルを回した時の回頭性が抜群ですね

 

 

個人的にはターボが付いてないカレラの方が好みですかね

 

 

ターボは扱いきれませんわあせる

 

 

ザ、直線番長って感じかな

 

 

高速道路で走ると違うのかもしれませんが

 

 

自家用じゃないので無理ですハイ

 

 

 

 

なんとか終わってよかったラブラブ

 

 

というか、決まってよかった音譜

 

 

今年はこれで最後だね

 

 

それではパー

AD

途中経過色々

テーマ:

本日は朝一に病院にて採血ドクロ

 

 

結果を待ってられないのでそのまま出社

 

 

デスビの各部の採寸

 

 

じいちゃんが気を利かせて作ってくれていたカラーは少しルーズだったので取り外して

 

 

 

 

作り直しました

 

 

こんな単純な形状ですが

 

 

遊ばずにするする動くクリアランスはなかなかな難易度です

 

 

ちなみにノギスで測って製作してみたら・・・・・

 

 

やはりルーズになり

 

 

ダイヤルゲージで計測しなおしたら1/100ミリの太さ違いが発覚

 

 

もちろん作り直してピッタリに仕上げました

 

 

 

 

カラーが収まった図

 

 

次はローターシャフトの高さを測定

 

 

なんせ減ってしまって元の状態がわからないので

 

 

正解を探すのがゆるくないです

 

 

 

 

ガバナスプリングはワンオフで作ってもらいました

 

 

以前、ボグダンのドラグスプリングを製作してもらったトコです

 

 

さすが専門店音譜

 

 

ちなみに純正とは少しだけサイズ変更してあります

 

 

今度は勝手に外れない予定ですグッド!

 

 

で、内部の高さ調整するのにシムが必要なんですね~

 

 

そんなモン作ればいいや音譜

 

 

なんて思ってたんですが

 

 

ホームセンターに売ってるのにワザワザ作るのも・・・・・ねえ?

 

 

もうこんな時間だから明日買ってきます叫び

 

 

というか、パーフェクトの黒鉛塗装の仕上げでI氏が旋盤使ってるので

 

 

シム作れないし・・・・あせる

 

 

そういう事です

 

 

取り急ぎ2台仕上がる予定ですのでお楽しみに

 

 

あ、病院は16時に再度受付して18時過ぎまで待たされましたあせる

 

 

数値は少々上がり気味らしく (興味ないし)

 

 

薬を増やすなんて言われちゃいましたが汗

 

 

タダじゃやないんだよ先生!ヽ( )`ε´( )ノ

 

 

と言ったら、今まで通りになりました\(゜□゜)/

 

 

さて、本当に必要な量はどのくらいなんでしょう?┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

 

ま、「まじめに」薬を飲んで来月の数値みてからですね

 

 

 

 

グチャグチャ・・・・

 

 

それではパー

 

 

 

 

 

 

AD

リールの黒鉛塗装について

今日は雨降りな札幌

 

 

雨降りが多いね

 

 

ちょっと気になった事があるので記載しておきます

 

 

当社で行っている黒鉛塗装についてですが

 

 

当社で塗る黒鉛は 「色がおちます」

 

 

言い方がおかしいかな?

 

 

白い手袋をはめて触れば手袋が黒ずみます

 

 

なので使ってるとラインも黒くなると思われます

 

 

これはしょうがないと妥協しているわけではなく

 

 

こういう塗料を使ってるからなる現象です

 

 

普通に手に入る塗料ではこうなりません

 

 

そう、意図して色が落ちる塗料を使っているんです

 

 

ハーディを初め古いリールに塗装されている黒鉛塗料も同じく色がうつります

 

 

(持ってる人なら知ってますよね?)

 

 

この特性を持った塗料が欲しくて色々と探して手に入れた塗料を使って塗装しております

 

 

なるべく当時の状態に近づけたいと考えた末の結論ですので

 

 

ご了承願います

 

 

ちなみに

 

 

色が落ちない黒鉛塗装は今のところ出来ませんし

 

 

出来るようにする予定もありません

 

 

当時の雰囲気で楽しんで頂けるとよろしいかと思います

 

 

それではパー

AD