子どもの心がすごく元気に育つ親の関わり方教室♪愛されおかん塾(西宮-生瀬)

辛くてしんどい子育てを、ママでいることが楽しい幸せ子育てへ
強さとあたたかさで、息子の成長にキュンキュンする愛されおかんワールドへあなたをお連れします。

ようこそ 愛されおかん塾へ


子どもの心が素敵に育つよう願うすべてのママへ


誰もが親のしろうとだけど子育ての頼れる道具があるんです。

力に頼らないおうちコトバで子育てが100倍楽しくなる愛されワールドキラキラへあなたをお連れします

   

クローバースケジュール こちら
クローバーただいま受講生を募集しています 親業一般講座】こちら




テーマ:
こんにちは、浦入智子です。

FullSizeRender.jpg



小学生のママさんから
こんなご質問をいただきました。



子どもが落ち着かなくて困ります。
習い事をしていても、
ふざけていたり
先生の言うことをきかなかったり、
怒られてばかり。
私は、他の方に迷惑がかかるのではないかと
気が気ではありません。



お子さまの様子や態度が、
迷惑がかかりそうだと心配なんですね。



ここで、
子どもの様子が落ち着かない時、
どうしたらいいか

一緒に考えてみましょう



まず、
この子はどちらのタイプでしょう?


 じっとしていたくてもできない?
 単にふざけている?


私は、ここをよく見極めていました。


わざと、ふざけているのかどうか?


つまり、
困っているのは誰か?ということです。



ふざけたり、おちょけたり、
わざと、ふざけている子どもは、


きっと、
ちょっと注意したくらいでは
ふざけることを止めないでしょう。

しばらくすると、また始まるのではないですか?



なぜなら、
そうすることで
親の「関心」を得ているんです



「もう~」
「何やってんの?」
「ちゃんとしなさいよ~



こう言っても
あまり応えませんね



子どもにとっては
怒られることも
親の「関心」を得ることなんですね。



もしかしたら、
今までの育児で、
このように、ふざけることで、
親やおじいちゃん、おばあちゃんの「関心」を得てきた経験があるのかもしれません。



もっと小さい時は、
ふざけていても、
「あはは、、可愛いね」
「元気だわ~」
とか言って、肯定してはいませんでしたか?



すると、
子どもの側からすると、
今まで、肯定されていたことの繰り返しをしているだけかもしれないのです。



でも、


もう、小学生ですし
いつまでもこの状況では困りますね。



こんな時は、
キッパリ「わたしメッセージ」を出してください。


親業のわたしメッセージはとても強力です!
正確にコトバを組み立てると抜群の効果がありました~


親業のわたしメッセージはとてもユニークです。
「ふざける」と言うコトバを使わないほうがイイです。


なぜなら、
「ふざける」ってコトバ自身が、もう非難を表わしていますからね・・


もっと、あるがままに
具体的に行動を限定していきます。



あなたが、アッカンベーをすると、
がっくり、情けなくなるわ・・
だって、先生や他のお友達に何と思われるかと思うと恥ずかしくって、
行きたくなくなるほどだから。。。







ふざけている時、
あたふたと怒ってしまうと、
その行動は「強化」される場合があります。



ふざける → 構ってもらえる(関心)


になるのです。


なので、
一度、親業のわたしメッセージを出したら
わたしは、後はスルーしていました。


ふざける → (スルー)


スルーは子どもにとって強烈ですからね。
ちょっと可哀想かもしれませんが、
わたしメッセージを出す場合は、
お母さんもしっかりと覚悟をもって言い切りましょう!


すると、
「本当に怒っているんだな」、と
初めて伝わることもあります。


わたしメッセージを出されて
子どもが、
「そこまで怒っているなんて知らなかった、、」と言うケース
意外と多いんですよ



お母さんが本気で怒っていることに気づくと
なぜ怒っているかを考えはじめす。



わたしメッセージが正確に出されていると
ちゃんと伝わりますから、安心してくださいね。







子どもがふざけていたのは、
もしかしたら、親の「関心」が欲しかったのかもしれません。



なので、
また、ふざけたりして「関心」を得ようとしない様に、
先に「関心」を与えて満たしてあげます。



これは、静かにできた時や
ふざけなかった時に、
「関心」をあげてください。



それも、
とびっきり嬉しい「関心」である、
肯定のわたしメッセージ


「今日は先生の話をちゃんと聞けていたようだったから、お母さんもホッと安心したわ。」


とびっきりの、
お母さんの笑顔で!


ただし、
ほめ過ぎなくてもいいです。
だって、これくらい出来て当然だから



私は、あえて、
何も言わずに目だけで褒める
アイコンタクトを良くつかっていました。



「うんうん、見てるよ」
「あなたは周りに配慮できる子どもだよね」



目で loveloveを送るのです



これがね、
わたし的には、よく伝わった気がします。


ここは、わたしは重視したい



あとは
普通の生活の中でも
操作・コントロール的な言動をやめて、
親業のスキルをつかっていると、
だんだん、落ち着いてきますよ。


わざわざ「関心」を求める必要がなくなるくらい、
親が「ありのままの自分を受容してくれているんだ」と伝わりますからね。


日常でアッサリできてしまいますよ~







さて、
もしお子さんが、


じっとしていたくても、そうできない場合
(特性がある場合)


この場合は、
本人にプレッシャーがかかっているかもしれません。


すごく無理していないか?
イヤな気持ちをかかえていないか?


よく見極めて、
話を聞いてあげてください。


その上で、
違うクラスにするとか、
課題をスモールステップにするとか、
その習い事にムリがないか見直すとか


こちらも、
親業のスキルを用いてコミュニケーションをとれば、大丈夫。
こころの声を聞いてあげてください。



表面的な事柄に焦点を当ててしまうと
本当の問題が見えにくくなりますから、
注意してあげてくださいね。



色々と
心理的な解説を書きましたが、



どんな時も
親業の方式に当てはめて、
考えていくとOKです


とくに、
渦中にいると
イライラして冷静でなくなるので、
やっぱり、
親業的に考えるのがベストだと思いますよ。


クローバー



幼児期からツボを押さえて、
思春期から大きく差がつく



勝ち負けのない親子関係を
あなた自身が、
あなたの子どもとの間に作っていく講座


詳細はこちらです


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。