あおぞら銀行(東京都千代田区)の元行員が担当の融資業務を通じて得た企業の未公表情報を基にインサイダー取引を行ったとして、東京地検特捜部は22日、証券取引法(現金融商品取引法)違反の疑いで、元行員の松原健容疑者(49)を逮捕し、豊島区内の松原容疑者の自宅を家宅捜索した。

 特捜部の調べなどによると、松原容疑者は平成18年12月ごろ、当時東証マザーズに上場していた融資先のアニメ制作会社が、資金調達のために第三者割当増資を行うとの情報を入手。翌19年1月19日の公表日までに証券会社を通じて、同社の135株を計約1100万円で買い付けた疑いが持たれている。公表後、株価が値上がりした際に売り抜け、数百万円の利益を得たとされる。

 元行員は17年から21年にかけて、融資審査を担当する審査第1部に所属。融資先企業の新株発行や株式公開買い付け(TOB)情報などを公表前に知り得る立場にあったという。アニメ制作会社株以外でも複数の銘柄を買い付け、数年間で不正利益の総額は1千万円以上に上るとみられている。

 証券取引等監視委員会が昨年6月、同行本店を強制調査。松原容疑者は今年に入って懲戒解雇されていた。

【関連記事】
【国際政治経済学入門】人民元切り上げ 主役は「インサイダー」
野副氏に対する法的措置も「検討している」 富士通が会見
インサイダー取引で税理士ら4人に課徴金 最高で1100万円
増資めぐるインサイダー取引で実質的経営者ら3人を逮捕 大阪地検
インサイダー認める 元プルデンシャル生命社員ら
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<子宮頸がん>早期予防 島根県邑南町、中学生女子のワクチン接種を全額補助(毎日新聞)
死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める-78歳女性強盗殺人・山口県警(時事通信)
明美ちゃん基金 ベトナム医療指導に適用(産経新聞)
火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
「正しい交渉のため圧力を」=拉致被害者家族ら呼び掛け-東京(時事通信)
AD