装束で着飾った馬を行進させる「チャグチャグ馬コ(うまっこ)」がこのほど行われ、82頭の馬が子どもたちを乗せて岩手県滝沢村の神社から、およそ15キロ離れた盛岡市の八幡宮までをゆっくりと練り歩いた。
 田植えで疲れた馬を休ませ、馬の安全息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する伝統行事で、国の無形民俗文化財に指定されている。馬の装束は、江戸時代の参勤交代の際、南部藩が荷物を運ぶ馬に身に着けさせた「小荷駄装束」が原型で、「チャグチャグ」は、馬に着けられた鈴が行進のときに鳴らす音が語源という。
 青空の下、色とりどりの馬に乗った子どもたちは、笑顔で手を振っていた。 

<国会>民主、郵政法案先送り提案 会期延長巡り調整続く(毎日新聞)
ウアルカイシ容疑者 東京地検が不起訴処分(毎日新聞)
ポニョ鞆の浦の観光、7割増の計算ミス…実は1割(読売新聞)
<山陽・九州新幹線>「さくら」公開 N700系を基に開発(毎日新聞)
資源権益獲得と太陽光や風力などの導入拡大求める エネルギー白書(産経新聞)
AD
 菅直人新首相は8日午後、民主、国民新両党の連立による新内閣の顔ぶれを正式決定し、官房長官に就任する仙谷由人氏が首相官邸で閣僚名簿を発表した。

 同日夜の皇居での首相任命式、閣僚認証式を経て同日中に新内閣が正式に発足。菅氏は第94代、61人目の首相に就任する。

■菅内閣の顔触れ

首  相      菅  直人 63

総  務(再)   原口 一博 50

法  務(再)   千葉 景子 62

外  務(再)   岡田 克也 56

財  務      野田 佳彦 53

文部科学(再)   川端 達夫 65

厚生労働(再)   長妻  昭 49

農林水産      山田 正彦 68

経済産業(再)   直嶋 正行 64

国土交通(再)   前原 誠司 48

環  境(再)   小沢 鋭仁 56

防  衛(再)   北沢 俊美 72

官  房      仙谷 由人 64

国家公安・拉致問題(再)   中井  洽 67

金融・郵政(再)  亀井 静香 73

国家戦略      荒井  聡 64

行政刷新      蓮   舫 42

公務員制度改革   玄葉光一郎 46

敬称略。再は再任

【関連記事】
菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
「売られたケンカは買う」 早期選挙論も党内抗争の兆し
玄葉政調会長「私が閣議で承認をすることは党が賛成すること」
産経・FNN合同世論調査 新首相支持率57.3%
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

女子高生にわいせつ、アートコーポ会長が辞任(読売新聞)
暴力団会長、生活保護費を不正受給=466万円詐欺容疑で逮捕―大阪府警(時事通信)
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上(産経新聞)
【50億キロの旅路 「はやぶさ」帰還へ】(下)挑戦の数々ほとんど達成(産経新聞)
49歳男が女子大生偽りメール、100万詐欺(読売新聞)
 2010年度中に引退し姿を消すことが決まっている海上保安庁最後のYS11「ブルーイレブン」(LA701号機)が29日、最後の観閲式に臨んだ。小雨交じりの空に「ブルーイレブン」が姿を現すと、見学船上にいた招待客らは、さかんにシャッターを切って、最後の姿を追い続けた。

【写真特集】初飛行から、日本最東端の南鳥島での輸送まで YS11の貴重な写真満載

 YS11は政府主導で開発された戦後初の国産旅客機で1962年に試作機が初飛行。64年には東京五輪の聖火を国内各地に運び、戦後復興をアピールした。海保では69年3月に就役して以来、79年までに5機が導入された。

 老朽化により09年2月から解役がはじまり、09年12月には、冷戦期にやけどを負ったコンスタンチン君(当時3歳)を緊急搬送した千歳基地(北海道)のYS11「おじろ2号」が解役。最後まで残った羽田航空基地(東京)に所属する海保のYS11第1号機の「ブルーイレブン」も今年度中に引退することが決まっている。

 「ブルーイレブン」は69年3月20日の就役以来、これまでの飛行時間は2万3000時間以上。69年6月に救難信号を発したサンゴ収集船の捜索に出動して火災を起こしているのを発見したのを皮切りに、74年11月に東京湾で発生したLPGタンカー第10雄洋丸とパシフィック・アリスの衝突火災事故では行方不明者の捜索や状況調査をしたほか、97年2月に日本海で発生したナホトカ号の油流出事故でも浮流油調査を行い、機動防除隊や特殊救難隊などを運んだ。01年の北朝鮮の工作船事件では、沈没した工作船の残がいの捜索を行った。また、69年10月からは航空磁気測定装置を利用して火山噴火予知調査にも従事し、海難だけではなく災害や事件における調査や輸送業務などを幅広く担ってきた。

 訓練終了後、機体左側面に「ありがとうYS11」と書かれた「ブルーイレブン」が、前原誠司国土交通相や招待客の乗船する巡視船の船上を飛んで別れを惜しんだ。後継機にはカナダ・ボンバルディア社製DHC-8-315型機の配備が予定されている。観閲式は30日も開かれ、三日月大造政務官が観閲官を務める。【米田堅持】

【関連ニュース】
【昭和毎日】国産機YS11テスト飛行成功
【昭和毎日】昭和37年8月30日 国産1号機、飛ぶ
【写真特集】羽田で見られる飛行機を写真で
【写真特集】南鳥島:日本最東端の島 船舶用無線測位システム「ロランC」
今週の本棚・新刊:『翔べ!YS11 世界を飛んだ日本の翼』=横倉潤・著

<大地震>グラッときたら、まず避難 火の始末は揺れ収まってから 文科省が見直し報告書案(毎日新聞)
「男性切られた」と110番=被害者死亡、殺人未遂で男逮捕―大阪府警(時事通信)
<火災>名大工学部の実験室から出火、男子院生を搬送(毎日新聞)
<こち亀>麗子像「スタイル守る」 制作会社現場確認、補強など対策検討(毎日新聞)
シンドラーエレベーターのロープ破断 渋谷の歩道橋(産経新聞)