1日に襲名した六代目三遊亭円楽さん(60)が21日、東京・新宿の末広亭の高座に上がり、32年ぶりに常設の寄席(定席)への出演を果たした。全国各地で行う襲名披露興行の一環で、口上の後、トリで登場して古典落語の「ずっこけ」を熱演、超満員の客席を沸かせた。
 円楽さんは昨年10月に亡くなった師匠の五代目円楽さんらと1978年に落語協会を脱退して以来、定席に出られなくなっていたが、今回、落語芸術協会(桂歌丸会長)の協力で東京の寄席での披露興行が実現した。末広亭には30日まで、その後4月20日まで浅草演芸ホール、国立演芸場、池袋演芸場にも順次出演する。 

<雑記帳>議会委員会室を児童らに開放 千葉・鎌ケ谷(毎日新聞)
沖縄の民間ドクターヘリに寄付金 群馬県の菓子メーカー(産経新聞)
青森沖の刺し網漁で転落?父子捜索打ち切り(読売新聞)
<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)
<坂田賞>毎日新聞の点字報道に(毎日新聞)
AD