群馬県伊勢崎市の石材業、藤生(ふじう)一郎さん(53)方が全焼した火災で県警境署は6日、焼け跡から見つかった3人の遺体を藤生さん、妻啓子さん(53)、長男裕介さん(26)と確認した。一家4人全員に銃創があり、藤生さんが使っていたとみられる乗用車から遺書のような走り書きが見つかったことなどから藤生さんが拳銃を使って一家心中を図り火を放った後に自らの頭を撃ったとみてさらに調べる。

 県警によると、車から見つかった紙切れに「葬儀はしないでください 一郎」と走り書きがあった。藤生さんは経営する石材会社などで約1億円の負債を抱えていたことも分かった。藤生さん夫婦の遺体は1階寝室のベッド上で、裕介さんと5日に病院で死亡が確認された長女早織さん(24)は、それぞれ2階自室のベッドに横たわっていた。藤生さんは頭部に、残る3人は胸部に銃創があった。

 6日の現場検証では、火元とみられる夫婦の寝室から油分が検出された。拳銃もこの部屋から見つかった。建物には外部からの侵入の痕跡は確認されなかった。【塩田彩】

【関連ニュース】
無理心中:「介護に疲れた」80代夫婦死亡 新潟
女性死亡:62歳妻の首に絞められた跡、無理心中図る?
男女死亡:78歳妻を殺害後に自殺か…埼玉
無理心中:水頭症の長女を絞殺し父自殺か 愛知・小牧
無理心中:妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪

イルカ漁隠し撮り米映画、画像修整して公開へ(読売新聞)
リンゴやミカン、果物の押し売り被害増加(読売新聞)
火災 静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体(毎日新聞)
関西初H&M、若者2500人行列 心斎橋にオープン (産経新聞)
<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)
AD