京都府舞鶴市の美術工芸業「舞鶴巧芸」が高さ80センチ、三層構造の金色オブジェを「天使のうんこ」のタイトルで展示している。「御利益があるかも」とうわさになり、店をのぞいてなでていく人も。

 不景気な世の中を笑いで元気づけようと、社長の田中光さん(60)と友人の稲岡博さん(60)が、別の作家がつくったオブジェに金ぱく150枚をはった。触れると金粉がつく。

 タイトルののぼりも作り、地元スーパーへの無料貸し出しも計画中。田中さんは「まさしく『運の固まり』。触って笑って不景気を吹き飛ばして」。【珍田礼一郎】

玉みそ 寒風に揺れる「すだれ」…岐阜・関(毎日新聞)
【風】写真入り警告表示、どう思う?(産経新聞)
18歳高校留学生、学生寮で20歳留学生刺す(読売新聞)
小沢氏続投「甘すぎる」、野党強く批判(読売新聞)
<ハイブリッド車>接近知らせる装置でガイドライン…国交省(毎日新聞)
AD