56)衝突

 

航空機船舶衝突スとは2物体間相對方位わらずに接近する状態をいう。

これを自動車適用すれば交差点めに接近2自動車がおいに相對方位変化こらなければ最後においに衝突することになるだろう。

相對方位変化がないというものは一見きがなさそうにえるからに

集中しなければ、接近する物体確認できなくなるので交差点通過するずトラフィックチェックをしなければならずまた、"ー死角地帯"言及したげて確認しなければならない。

AD

55)ピーラー死角

 

死角(BLIND SPOT)という運転者の視野を遮って肉眼や鏡と見ることができない部分をいう。

乗用車の後部席とトランクの隣の左・右部分を一般的に死角として肩越しに首を回して察するように要求しており、また最も重要な死角でもある。

しかし、前、横、後ろのガラスを連結する柱(ABC PILLER)に隠された部分すなわち、ピラーの死角地帯も運転中に留意しなければならない部分だ。

Aピラー(フロントガラスと隣のガラスを連結する柱)の場合、自動車が、交差点を通過中接近した自転車や歩行者を見ることができない場合があってたまに人事事故を出したりもする。

したがって、交差点を通過する直前に首を左右に動かして目の位置変化を誘導するトラフィックチェックをすることで、ピラーの死角を克服することができる。

その他にも下記のような死角が存在する。

*ボンネットに隠された運転席前方

*トランクに隠された後方

*ルームミラーやサイドミラー自体に隠された部分

 

AD

54)車線変更(II)

 

フリウエ一般道路わず、実線つまり続線にさえぎられているのか、あるいは交差点での車線変更交通違反する。

点線となったところでは合法的にレンチェンジが可能だが、下記条件下では、点線としても、車線変更自制するのが安全運役立つする。

1.道路しいカブ、

2.トンネル

3.ての減速中加速中

4.トラックや大型車のすぐいた空間

5.にあまりにくにっているのすぐろ。

 

AD

53)両足運転

 

両足をすべて使用してオトマチックしているをたまにるようになる。

一見すると、効果的だとえられもあるが、問題緊急状況で、たしてブレキだけをむことができるかというだが、両足全部踏んだと仮定すれば結果したのだ。

両足運転者数人観察してみた結果、アクセルから同時にブレキをむことになるために、つが同時まれる役割になって減速にもRPMまる現象観察したが、これは燃費減少とブレキの性能低下をもたらすことだ。

両足運転スティックしていた習慣なのでオトマチックする右足だけで十分可能だ。

52)、フル-スタプとロルリンスタプ

フル-スタプは車が完全に止まった状態をいい、スタプサインの前でこんな状態で停車しなければならない。
ところでブレーキは踏めたが、少しずつそろそろ動いている状態はロルリンスタプに停車しなかったものとして扱う。
普段にスムーズに停車していた習慣のために警官が取り締まり中であることを目撃しながらも、ロルリンスタプをして交通違反チケットを受けている運転者をよく見かける。
ブレーキを踏んで車体と体が前に少しの衝撃を感じながらタイヤがロックになるように停止する方法を身につけておいてこそ、上の運転者のように悔しいことがなさそうだ。