二重被爆者として初めて公式認定され、1月4日に胃がんのため93歳で死去した山口彊(つとむ)さん=長崎市=を「偲(しの)ぶ会」が13日、長崎市内で開かれた。遺族が主催し、友人や生前親交のあった中高生ら約100人が参加。遺影を前に思い出を語りながら、非核平和の誓いを新たにした。

 山口さんは、次男捷利(かつとし)さん(59歳で死去)の死をきっかけに、89歳から被爆証言を始めた。会ではその活動を収めたビデオを上映。昨年12月、山口さんの病室を訪ねた映画監督のジェームズ・キャメロン氏が「山口さんの思いを受け継がせてください」と話し、山口さんが「私の役目は今終わりました」と応える場面も映された。【阿部弘賢】

【関連ニュース】
イラン:国会議長が長崎報告「真のホロコースト」と米批判
しのぶ会:山口彊さん=3月13日、長崎原爆資料館
元長崎市長:本島等さん、野中元議員と反戦対談
長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
日米密約:報告書提出 非核三原則の法制化要望書、被爆者5団体が送付

新潮社側は争う姿勢 前衆院議員・船田氏の名誉毀損訴訟(産経新聞)
川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)
社民・福島氏、密約認定「画期的だ」(産経新聞)
<普天間>移設先「ゼロベースで」 鳩山首相、改めて強調(毎日新聞)
“贅沢”な公邸改修 平均予算179万円超(産経新聞)
AD