さらばVF1000R 

テーマ:

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?


平成18年4月

VF1000Rと出会った。



そして、平成19年11月

新たな分野の開拓のためにお嫁入りすることとなった。



お嫁入り??

奴は、女だったのか?


1000ccのビックな奴。

最後の走りを楽しみ、車庫へ納める。



時代遅れのモンスターは、

色褪せることはない。



約2年

このバイクに乗れて良かった。



少し寂しくなりながら、

アクセルを回しエンジンをきる。




「お前は最初からわしにビビリ

 最後まで下手くそだったな!」



VF1000Rの言葉が聞こえたような気がした。




最後のVF






本日も良い走りを!

AD

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



友人にオフロードに興味がある人たちが居た。

今回、いきなり草レースに参加することになった。



員弁にある、ヤマハのレース場



前日からの雨に、さらに当日は小雨。



コースはマディで、オフロードレース初戦の私にはレベルが高すぎた。




しかも、実に7年ぶりくらいのオフロードバイク。



今回は、公道で走れるようなナンバーの付いたバイクではなく、

レーサーと呼ばれる、レースをするためのバイク。


YZ125というバイクで参加することになった。


2ストロークエンジンで、実に癖がある。



ある程度の回転を保たないと、パワーが全く出ない。



バイク


青いバイクがYZ125

黄色がRM250(←仲間の別のチームがこれで参加)


午前中は、別のランクのチームがレースをしていた。


それを見学する。




スタート


スタートするも、路面はマディな為に

まっすぐ走るのにも技術がいる。




坂

しかし、次々とライダーは楽しそうに走る。




午後からは、私たちの出番だ!



3人チームで参加している。

私は、3番目。


順番を待つ。


これはやばいと言う話を聞きながら、

私の出番となった。



オフロードバイクにもなれていなくて

かつ、本格的な草レース。


走れるわけもなく、1周することなく終わってしまった。



ナインカウントだよ!

このままでは終われない!

私のオフ人生がここから始まった。


職場の人が、安く譲ってくれると言うので、

即飛びついた!


ナインカウントだよ!


本日も良い走りを!



AD

ツーリング犬

テーマ:

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



今年は昨年以上に暑く寝苦しい夜が続いている。


太陽があがってしまうと、私のバイクは熱が抜けないために

太陽が無い時間帯を走ることになる。



太陽のある時間帯は、自動車になる。



ある時、自動車で走っていると

軽快に走るバイクを発見した。


自動車のマナーが良い為にバイクはわが道を走ることが出来る。

本当に感謝したい。



彼は、最近私が欲しいと思っているオフロードのバイクを操る。


後姿に、彼の生き様をみる。


ん?





ん?




ん?




ん?




背中に荷物をしょっている。



私も背中にバックをかけることがあるが、

それとは様子が違う。


何じゃ?動いているぞ?




ぉぉおおおおおおお




犬やん!


犬様じゃありませんか!



しかも、サングラスしてるではないか!




そんなのありか!


それでいて、良い走りをするんですよ。

犬も!


周りの車を

「わしの走りどう?」

と、いう感じで見るの。



今まで、色々な楽しみ方をしている人を見てきたが、

ここまで本格的なのは初めてであった。



だからバイクは面白い!



本日も、良い走りを!

AD

冷却水交換

テーマ:

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



今年もじめじめとした梅雨の時期が来た。


最近、VF1000Rこと、デビルの事をかまえていない。

一つ一つ、何かを整備してゆこうと思った。



そう言えば、このマシン水冷なんだ!

たまには冷却水でも点検してみようかと思った。




iya



うひゃ~~~ぁ!

リザーブタンクは、えらいことになっていた…。


これはやばいぞ!



早速、ケミカル用品を購入し

冷却水の交換をする。



まずは、冷却水を入れるキャップを探す。


むぅ。



どこだ?



ラジエターがここで…



なぜ無いんだ!




シートやらガソリンタンクを外すが

それらしい物が無い。




ぬぬぬぬぅぅぅ。



これでは、交換が出来ん!




ふと、ある場所が眼に入る。





キャップ


ここにあった。

写真では、キャップが見えているが、

実は、黒いフタが被せてあった。



その後、
ラジエターの洗浄剤を入れ30分程度走行する。



そして、中身を出す。


何年替えていないんだという位汚れた冷却水が出てくる。

整備手帳が無いため、手探りの整備は続く。

冷却水の分量を計る。

約2ニットルと判明した。


その後、クーラント強化剤を入れ、

純正より高性能な、高性能水温降下剤を入れる。




綺麗な冷却水


とても綺麗な蛍光色の冷却水である。



これは期待できるぞ!


早速、走りに行くことにした。




去年は、この時期でさえ

熱くて走れなかった。

街中なんて、ファンを回さないと

オーバーヒートになる(回しても水温計はマックスの位置である)


60キロ程度で、様子を見つつ走る。

街中も走る。


なんだ??


冷却水でこんなに違うのか!



一切、強制的に回すファンを始動しなくても

水温が安定している。


これでは、オーバークールになる。


妙な心配をしつつ、冷却水の交換は終わった。




精鋭たち


今回のケミカル用品たち!



本日も良い走りを!

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



最近、オークションで、VF1000Rに合うミラーを探している。

その中で、こんな物を発見した。



モーターサイクリスト別冊

モーターサイクリスト別冊

実は、1984年の本。


特集は、ホンダ頂点モデル’78~’84



私のバイクが販売された時である。




特集を見ると、当時の熱き時代が戻る。

こいつ…。


文句なしの最速マシン。

最新鋭!

ロードバイクの究極の姿!


最高の賛美だ。



VF1000Rの隠された姿を見せつけられ、

この先も、こいつと共にしようと思い直した。



そして、新車コーナーの記事を見た。



2030000円


203万円


今の時代で、いくらなのかは不明だが、

恐ろしく高かったのは分かる。



「わし、凄いだろ!」

VF1000Rの声が聞こえた。



本日も、良い走りを!

バイク屋

テーマ:

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



バイク屋へ持って行き、しばらく経って電話がかかってきた。


「キャブレターに、直接ガソリンを入れると、エンジンは快調に回りますよ!

原因は、キャブレターにガソリンを送るためのモーターの故障です!」とのこと。



修理は2万程度。



早速お願いする。




しばらくし、また電話がかかる。

「ゆうじさん、すみません…

謝らなくてはならないことが…」


整備中に、転倒させてしまい

ミラー、カウル、ブレーキレバーが破損してしまったとのこと…。



まぁ、バイクが走らない事は無いので良いのだが、

古いバイクのために、部品が無い。


結局、あったのはブレーキレバーのみ。



バイクを引き取りに行き、

実際に、バイクを走らせる。



エンジンは絶好調だ!



車線変更しようと、右のミラーを見る。



道路が見える…



なんと、風圧に耐えきれず

ミラーが曲がってしまった。




ネットで調べたところ、VFR750Fのミラーが良いとのこと。


カウルも、自分でコツコツと直そうと思う。



色々と、あったが

このアクセルを捻れば、ストレスさえも心から剥がれる。


この加速。

この音。


やはり、バイクは良い!



本日も、良い走りを!

それから…

テーマ:

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



最近、エンジンをかけていなかったためか、

エンジンがかからなくなった。


前回は、プラグの清掃をした。

火花が実際に飛んでいるかは確認していなかったが、

以前、プラグを替えたらエンジンがかかったことを思い出し、

新品のプラグを購入し、はめてみる。



バッテリーも弱いために、車と直接つなぎセルを回す。



きゅんきゅんきゅんきゅん…


きゅんきゅんきゅんきゅきゅん!



いっこうにかかる感じがしない。




その後、キャブレターを分解清掃しようと思い、バラし始める。


以前、長時間、エンジンをかけずにいたとき、

キャブレターを分解清掃したら、1発でかかったことを思い出す。



しかし、以前はオフロード用のバイクで、

今のようにごちゃごちゃしていない。



キャブレターを分解する前に、もの凄くトルクのかかった部品があり、

わしの工具では、その部品を傷める可能性が出たために、分解を諦める。




結局、近くのバイク屋へ持って行くことになった…。




本日も良い走りを!

プラグ清掃

テーマ:

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



本日は、プラグの清掃をしました。


前回のバッテリー液の状態を見てもらえばわかるように、

私のバイクは、あまり手入れをしていない…。

(整備性が悪いのと、まともな工具がない為)



時間がある時に、一つ一つ整備をすることにした。



何をするにも、ガソリンタンクを外す必要がある。



整備の始まり


プラグを探す。


後ろ側は、非常に取りやすい位置にあった。



後ろ側

しかし、以前のバイク用のプラグレンチのサイズが合わない。

地味に焦りつつ、職場にある発電機用のプラグレンチを入れてみる。


なんと、サイズが合い

プラグを外すことが出来た。




プラグ


思っていたよりは、汚れていない。



後ろ側の2本の整備が終わり、前の2本の整備に入る。

(V型4気筒の為にプラグが4本ある)




前側

フレーム等が邪魔で、プラグレンチが入らない。



結局、前のプラグの整備が出来ず、

未だ、快音が聞けてはいない。

(早急に工具を購入予定)



本日もよい走りを!



代償

テーマ:

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



本日は、バッテリーの整備をしました。



バイク族には、冬の到来は厳しいものがある。




おかげで、最近はエンジンすら回していない。

当然、エンジンはかかるはずもなく、沈黙を決め込む。

さらに、バッテリーも沈黙してしまった。


最近かまってくれなかったからだ!

けっ!貴様など、四つ輪に納まれば良いんだ!と、言わんばかりだ。



久しぶりに、バイクカバーをはずす。



久々の奴



早速、バッテリーの位置を確認する。



バッテリーの位置

案外、取り外しのしやすい位置にあった。



充電でもしようかと、

バッテリーを確認すると!



バッテリー



半分以下になっとるやんけ!

いかに日常点検が出来ていないかがバレバレだ!



早速、充電をする。



充電器と!


たのむぞ!復活してくれと祈りつつ2時間待つ。




充電完了?


全回復は緑色の表示までいかないといけないのだが、

赤の途中で終了してしまった…。


なんてことだ!


これで、エンジンがかかるのか?



不安と期待を込めて、バイクにバッテリーを装着し、

セルを回す。



きゅるうるる!



軽快に回る。





回る。







回る。






回るのだが、エンジンがかからない。




予想していた結末に苦笑する。





プラグの清掃まで必要になってきた。


早急に行う予定である。




本日も良い走りを!


オイル交換

テーマ:

いらっしゃいまし!本日の走りはどうでしたか?



本日は、オイル交換へ行ってきました。



いつもは、自分で行うのだが、

オイルを抜くときのボルト(ドレンボルト)を交換したいので仕方なくバイク屋へ。

(古いバイクで、データが無くボルトが購入出来なかった)

(実際の物を確認すれば、どの規格なのか分かる)



オイル交換と同時にエンジンのフラッシングを行う。(エンジン洗浄のこと)

当然、オイルフィルターも交換となる。



作業場へ行き、バイクを置く。



緊張の面持ち



その後、必要なものを店内で購入。




帰って見ると




お立ち台



お立ち台に上がっている奴を発見!




おお!




どうだ!




このように整備環境の整った所で整備をしてもらうと、妙に嬉しくなる。





順調そうに見えた作業だが、案外苦戦していた。


オイルフィルターが構造上取りにくい位置にある。

オイルフィルターが大きすぎで、バイク屋に取り外す工具が無い。

ドレンボルトが、合わなくてオイルが滲み出す。



ふぅ~。



今回だけでも、自分でやらなくて良かったと思った。


整備用のカタログも、英語なのでわからない。

輸入しかないはずなので、そこらへんは仕方が無い。



1984年製の古いバイクなので、これからも定期的な整備はこまめにしようと思った。



今週の土曜日にツーリングへ行く予定だ!


その前に、まだチェーンの整備が残っている。

早急に行う必要がある。




本日も良い走りを!