社民党の重野安正、国民新党の自見庄三郎両幹事長は12日午後、国会内で会談し、子ども手当法案の修正をめぐり公明党と協議した民主党から事前に十分な説明がなかったのは問題として、同党に抗議することを決めた。重野氏は「連立を組んでいる政党と先に議論し、合意を得てから他党に働き掛けるのが順序だ」と、民主党の対応を批判した。 

【関連ニュース】
民・公、際立つ接近=他の与党は警戒
国内案に地方組織反発=普天間移設
朝鮮学校除外に反対で一致=社民、国民新
普天間、月内に政府案=シュワブ陸上部軸に調整
シュワブ陸上案同意せず=社民幹事長

亡き親友、今でも夢に…目覚めて「もう、いねーんだな」 秋葉原殺傷(産経新聞)
「健康づくり提唱のつどい」4月に開催-日本栄養士会(医療介護CBニュース)
鳩山政権 09年度予算を検証へ 参院選へアピール?(毎日新聞)
救急救命士の業務拡大へ=ブドウ糖投与など3項目-厚労省検討会(時事通信)
トキ襲ったのは「テン」 天井付近から侵入か(産経新聞)
AD