成年後見人制度を悪用し、知的障害のある女性(56)の資産約7800万円を着服したとして、奈良地検は24日、業務上横領容疑で奈良市の衣料品販売会社元役員仲村美香容疑者(33)=業務上横領罪で起訴=を再逮捕した。地検によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、女性の成年後見人だった祖母(故人)と共謀し、2004年3月~07年4月の計35回にわたり、奈良県に住む女性の預金口座から約7800万円を引き出し、着服した疑い。
 地検によると、女性は仲村容疑者の父親(62)のいとこ。父親と祖母は03年6月から成年後見人を務め、同容疑者が女性の預金を管理していた。着服した金は衣料品販売会社の運転資金に充てていたという。 

【関連ニュース】
無登録でマンション管理=全国初、元業者を書類送検
手配の男、署訪れ逮捕=知らずに知人の面会に
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職
鯨肉窃盗、無罪を主張=グリーンピース2人初公判

複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で-第2回検討会(時事通信)
中国海南島で起きている異常事態 マンション価格3年で百倍以上(J-CASTニュース)
<衆院予算委>自民党が分科会欠席(毎日新聞)
27都府県、単独事業増加…国の補助事業削減で(読売新聞)
働く女性にとって関心のある習い事は「英語」(産経新聞)
AD