オワリヤ楽器です。

 

ピアノのお稽古と、子供の育ちについて、

私の子供(幼稚園児)を例に書いてみます。

 

・あいさつをする

ピアノのレッスンでは、家族以外の「ピアノの先生」と会います。

オワリヤ楽器は個人指導です。

幼稚園では先生一人で、たくさんの生徒をみます。

 

幼稚園では、

小さな声であいさつしても、

クネクネしながらあいさつしても

過ぎてしまうかもしれませんが、

 

オワリヤ楽器のピアノ教室では

あいさつしないと 始まりません。

正しい姿勢で、しっかりとあいさつ。

 

基本ですが、なかなか最初からできる子供もいません。

 

私の子供も同じで、恥ずかしがり屋さんなため、

初めは、小さな声のあいさつでした。

お辞儀をすると、ヨロヨロと倒れてしまう。

 

最近、とてもハッキリとした声で、お辞儀も深く

レッスンの始まりに「お願いします」

レッスンの終わりに 「ありがとうございました」

と言えるようになりました。

 

子供にとって他の人にあいさつをすることは、ちょっと勇気が必要なのかもしれない。

外との関わりの一歩ですものね。

 

今はレッスンの時だけできます(笑)

でも、レッスンの時できるようになったのだから、他でも挨拶できるようになるはず。

 

子供が小さな体をクルンとまげて、

深々とお辞儀をして

大きな声であいさつができる。

 

私は、子供の成長を感じ、見ると感動しました。

先生は、そんなわが子をほめてくれました。

子供は、できた喜び(褒められたこと)が一つ自信になって

これは良いことなんだと知ったようです。

 

柳ケ瀬教室は1階が店舗ですので、

どの子も「お願いします」とお店に入ってきます。

帰る時は「ありがとうございました」です。

 

レッスン室に入る時はもちろん、お店に入ってくるときから、

小さな子もみんな挨拶してくれます。

 

「あいさつをする」

基本で、身につけたい大切なことです。

 

 

岐阜市・一宮市の子供ピアノ教室のご相談は オワリヤ楽器

http://gifu.owariya-gakki.com/index.html

岐阜市神田町3-5 TEL 058-265-2366

お試しレッスンやっています。

AD