鳩山由紀夫首相は19日午前、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として検討している鹿児島県徳之島で開かれた反対集会について、「一つの民意と理解すべきだ。勉強させていただく」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

名古屋市議会 恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加へ 政府、転換に動揺(毎日新聞)
裁判員制度「合憲」 初判断「国民参加は許容」 東京高裁(産経新聞)
マンションから飛び降り?高1女子が死亡(読売新聞)
舛添新党改名で旗揚げ…自民党離党届提出(スポーツ報知)
AD