迢空賞に坂井修一氏(時事通信)

テーマ:
 第44回迢空賞(角川文化振興財団主催)は9日、坂井修一氏(51)の歌集「望楼の春」(角川書店)に決まった。賞金100万円。授賞式は6月18日、東京・丸の内の東京会館で。
 坂井氏は松山市生まれ、茨城県つくばみらい市在住。東大大学院情報理工学系研究科教授。「ジャックの種子」で寺山修司短歌賞、前作「アメリカ」で若山牧水賞などを受賞している。 

【関連ニュース】
大江健三郎賞に中村文則氏
大宅賞に上原、川口両氏
サントリー音楽賞に大野和士氏
詩歌文学館賞に有田忠郎さんら
木村伊兵衛写真賞に高木こずえさん

<石井十次賞>松山市の児童養護施設「愛媛慈恵会」に決まる(毎日新聞)
首相、平沼新党「連携しない」(産経新聞)
普天間機能、徳之島に移転を=関係閣僚に調整指示-鳩山首相(時事通信)
「弁護士バー」12日オープン (産経新聞)
JR福知山線脱線事故から5年 現場近くの菜の花畑に「命」の尊さくっきりと(産経新聞)
AD