鹿児島県阿久根市の竹原信一市長の親族が経営する会社が、2月に行われた公共工事の入札で、最低制限価格を1円上回る価格で入札していたことが20日、関係者への取材で分かった。
 関係者によると、2月26日に実施された「総合運動公園施設整備工事」の入札で、計9社が参加したが、竹原市長の妹が社長を務める会社が446万477円で落札した。最低制限価格は446万476円(税抜き)だった。
 ある市議は「最低制限価格は市長が決めるもので、疑念を持たれてもおかしくない」と批判した。
 竹原市長が社長を務めたこともあるとされるが、同市長は「取材には応じない」としている。 

一緒に死のうと?62歳母、娘の首絞め布団に火(読売新聞)
雑記帳 新種?肉食恐竜の全身骨格を復元(毎日新聞)
東大男子「性体験無し45%」 この数字「思った通り」なのか(J-CASTニュース)
小林議員陣営、北教組献金前に事務所費集め躍起(読売新聞)
<科学技術政策>東大など9大学長が提言(毎日新聞)
AD