いやぁ、モヤモヤモヤモヤしてたところ最後の最後で最高の結果が待っていました。

 

とにかく横浜の濱口というまたも厄介なサウスポーになかなか得点できない、ルーキーなんだからプロを洗礼を浴びせてやらんかいと思うんですが、やはり左でいいチェンジアップを持ってる投手をカープは打ちあぐねる傾向がある。

 

ただ球数を多く投げさせたことで濱口は5イニングで降板でした、そこからはカープの押せ押せなんですが1点差に詰めるのがやっとの嫌な予感。

 

まあこの展開にしたのも祐輔が先に点を与えてしまうからなんですよね、結果6回3失点でクオリティースタートでも去年の最多勝投手としては物足りないピッチング。

 

ただ今最も信頼できる中継ぎ、薮田が2イニング無失点に抑えて相手に4点目を与えなかった、菊池のスーパープレーで8回裏の攻撃に勢いを持ってきたはずだったんですが8回裏同点にもできず。

 

こうなると9回表は中田廉、2死をあっさりとるもののルーキー佐野にレフトオーバーのツーベース、ここで1点追加されると試合が決まりかねなかったが1番桑原をレフトフライに抑え、もうあとは9回の攻撃に全てをかける。

 

横浜の抑えはパットン、本来山崎が抑えのはずですが山崎の不調で新外国人のパットンを抑えに回すという横浜も苦しい台所事情があるのでまだ何か起きそうな雰囲気はあった、というか何か起こるのがマツダスタジアム、しかも点差は1点だけ。

 

先頭バッターは新井、ここで新井が追い込まれながらしぶとくセンター前へ弾きかえす、そして今日いいとこがない誠也だけにここで送りバントさせるかなと思ったんですが、ベンチは決めてこいばりに打ての指示。

 

パットンはストレートは早いですが球種はストレートとスライダーぐらいですかね誠也にはストレートのみしか投げてきません山崎のストレートにまったくタイミングが合わず三振してたからか、しかし誠也がここで大きいの狙わずコンパクトにセンター返しでつなぐバッティング。

 

これで代走の上本がスコアリングポジションへ無死1、2塁ともうサヨナラの期待は高まるばかり、ここでちょっとよくわからないプレーがあったんですよ、バッターはエルドレッド。

 

初球のスライダーを引っ叩いた打球は左中間へ低いライナーで飛んでいく正直そのままスタンドへ入るサヨナラスリーランかと思ったんですが低めを打ったのでフェンス直撃、それでも上本は楽々ホームインで同点、しかし誠也がセカンドで止まっているんです。

 

左中間フェンス直撃の打球で1塁ランナー誠也がセカンドストップなんてありえないんですが、コージの解説によれば上本がセカンドのベース付近でタッチアップの体制に入っていたような感じですね。

 

上本の位置からでは打球の弾道が低いためセンターが捕る可能性あると判断してしまったようで、ただあれだけ鋭い打球なんですから上本はせめてサードに近い位置ぐらいまでいっていていいはず、抜けてからのスタートでも上本は還ってこれますが誠也は上本がサードを回った時点でサードへ向かわなくてはいけないので打球が速すぎて外野の返球も早かったため誠也はサードを狙えなかったということでしょうか。

 

映像がないのでよくわかりませんがコージはそんな感じで言ってました、誠也のボーンヘッドというよりは上本の判断が悪かったということか。

 

まあ引きずってもしょうがない、まだノーアウトだし完全な押せ押せ、パットンも9回を投げるということの難しさがあるみたいだしボールも荒れていました。

 

当然次の小窪が送りバント、ここ大事なバントでしたよ、ただセカンドランナーは誠也ですからピッチャー前バントでも大丈夫だろうと思ってました、外国人ピッチャーにそこまでの俊敏さないでしょうしね。

 

まあその通りピッチャー前バントで1死2、3塁とする小窪のいい仕事で準備万端最後ヒーローになるのは誰なのかとバッターは會澤翼。

 

セオリーでは満塁策でしょうが、押し出しが怖かったのかアツと勝負に出ます、もうパットンは開き直りですねストレートでねじ伏せにきます、ボール、空振り、空振りと合ってないようにも見えましたが同じようなとこに4球もストレートならばさすがにアツもなめんなよとばかりにセンター返し、これが抜けてサヨナラタイムリー。

 

実にプロ入り(生涯?)初のサヨナラヒットでなんとか勝利をもぎ取った、溜まっていたモヤモヤを一気に解放、試合内容はともかく結果は最高なのだから全てが救われた。

 

ヒーローはアツですが、結果3点で止めた薮田、中田。ファインプレーの菊池をはじめとする守備陣、チャンスメイクした新井、誠也と同点打のエルドレッド。

 

やはりみんなで勝ち取った勝利といえるでしょう、もちろん反省点も多い試合でしたがそれはキチンと反省してると思います、まあ相手の勝ちパターンを崩しての勝ちなんで大きな勝利です。

 

さて明日もサウスポー今永、こっちもサウスポー床田、サウスポー対決となりましたが今永が調子イマイチみたいなんで勝っておくなら今かな、でも今永カープ戦好投するからなぁ、まあ打線の奮起に期待します、床田も続けて好投できるか試金石の1戦です。

 

早くも上位と下位が分かれてきた、下位にいる横浜に取りこぼすわけにもいかない、明日も勝つ。

 

それでは。

 

 

ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます! 

AD

コメント(2)