どうにも広島では凄い雨が降ってるようで、私の実家のある安佐南区も避難勧告が出ています。

 

幸いにもうちの実家は特に問題なく避難してるわけでもないみたいです、とりあえず一安心ですが、避難されてる方々には土砂災害の不安で眠れなかったりするかもしれません、私がここで何を書いても仕方ないのですが何の被害もないことを祈っております。

 

とまあ、こういったときにカープのことを書くのも何なんですが、いかんせんこのブログはカープのことを書くためにやっておりますのでご容赦ください。

 

さてカープは15試合を終えて11勝3敗1分けで単独首位、まあ去年も9勝6敗と悪くはないスタートでしたので今年は10連勝もありロケットスタートを切ったと言えるのではないでしょうか。

 

この11勝にジョンソンの勝ちはなし、それでも新人加藤、床田のプロ初勝利あり、ローテを掴み取った九里の2勝あり去年の15試合終わった時点と今年の15試合終わった時点の両方で勝ち投手となっているのは野村のみ。

 

まあローテーションピッチャー自体が去年とほぼ違うピッチャーばかりなのでそれも当たり前なのですが黒田は引退、ジョンソンは咽頭炎で離脱中、福井は2軍、と野村以外はいないわけなんですよね。

 

まあ去年の始まりはジョンソンを中5日で回すということをやっていましたし、先発に関して言えば横山や岡田のルーキーコンビをローテに組み込んで不安な船出ではあったんですよ。

 

それでもジョンソン、黒田、野村の3本柱(始まったばっかりのときは野村ではなく福井だったような気もするが)がしっかり試合を作ってくれたし他の若手ピッチャーも変わる変わる出てきては好投を繰り返したんですよね。

 

何と言っても(何度も言ってますが)ヘーゲンズの昇格で外国人ピッチャー3人体制にしてからがカープ中継投手陣の安定感がましたのです。

 

今年は最初から3人体制(最初はジョンソン、ジャクソン、ブレイシアだったが)でしたがジョンソンが開幕戦後に咽頭炎を発症、それ以降情報がなくいつから1軍にもどってくるのかわからない始末。

 

しかしながらジョンソン不在でもチームは10連勝、まあこの10連勝は相手チームが勝手に自滅してくれてるゲームがほとんどなんですがまあそれもカープが去年やった野球が生きていることもあると思うんですよ。

 

それはやはり足ですよね、足にスランプはないとよく言いますがカープの選手の常に先の塁を狙う走塁、いわゆる隙あらばが相手投手や野手を慌てさせているのも確かだと思うんです。

 

去年の優勝でやってきたことが間違いでないことが証明されたわけですから今年も続けてやっていけば自然と相手のミスを誘い、得点につながる。河田コーチの指導が活きているわけです。

 

打線は去年と同じく得点力はリーグダントツ、本塁打も盗塁も現時点ではリーグ1位なんですから(防御率もいつのまにかリーグ1位になってた)まあ首位にいるのも当たり前ですかね。

 

とにかく去年と同じく連敗をしない戦いですよね、明日は祐輔先発で横浜と今年初対決です、横浜の先発はドラ1の濱口サウスポー。

 

まあとにかく横浜は今永、石田とイキの良いサウスポーがいますからね、この濱口もどうなのか。ただ初対決で叩いておかないとまた横浜との試合はもつれる試合が多くなりそうなので地元ではしっかりと勝っておきたいところ。

 

ただ祐輔が去年横浜からだけ勝っていないんですよ、苦手意識がなければいいんですが(3−19で負けた試合とかあったな確か祐輔先発で)まあルーキー相手に引けをとったらいかんでしょ。

 

それに筒香が調子上がってきていないうちに叩いておかないとね、ただこういう眠ってる打者起こしちゃうのが結構カープだったりするんですよ、頼むからもう少し寝かせといてくれよ。

 

さて横浜の濱口はチェンジアップが決め球なのかな?前も言ったような気がするが左投手でチェンジアップの良い投手結構カープ打線打ちあぐねる傾向あるのでここら辺タクローにしっかり指示してもらいたいですね。

 

とにかくカード初戦勝って再びロケット再点火といきたいとこ、祐輔いい加減横浜から勝利といこう。

 

それでは。

 

 

ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます! 

 

AD